日本外務省の社会人採用情報(海外日本大使館・総領事館勤務)

日本の外務省から社会人採用の求人情報が届いたので、シェアさせて頂きます。採用後は、国家公務員採用一般試験(高卒者試験)に相当する職員として、外務省に入省、領事事務の担当官として、在外公館(大使館、領事館)に派遣されることになります。

 

日本外務省の社会人採用情報

 

期間限定の契約社員といったものではなく、常勤(正規)の国家公務員としての採用となります。

 

内容としては、海外における邦人の生命・財産保護、旅券発給・公文書証明・査証事務、海外渡航・海外移住関連事務といった業務に従事することになり、警備・医療・保険・サービス・旅行といった業界における実務経験を有する人材が求められています。

 

また、司法書士、行政書士といった士業経験者、カウンセラー、ケースワーカー、通訳などの経験者も募集されています。

 

応募資格について

応募資格としては、実務経験以外では、海外勤務に対応出来ること、外国語が出来ることが条件としてあげられています。外国語に対しては、英語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語、ポルトガル語、アラビア語などが対象となり、英語で言えば、TOEIC730以上、英検準1級レベルが要求されています。

 

応募期限・採用プロセスについて

応募期限は今年(2016年)の3月31日。履歴書、卒業証明書、戸籍謄本、実務経験・資格などを証明する書類を郵送することになります。卒業証明書、戸籍謄本については、応募期限後に提出することも可能です。

 

選考プロセスは、書類選考(第一次)、作文試験(第二次)、面接(第三次)の3段階となり、第三次においては、英会話能力の確認が行われることもあります。選考プロセスは4月から始まり、採用日は7月中旬以降が予定されています。

 

応募する場合には、必要書類を下記まで郵送してください。

<郵送先>
〒100-8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省領事局政策課領事体制強化室
注)郵送の際,封筒の表に「社会人経験者選考採用(領事)応募」と朱書し,必ず書留もしくは追跡可能な書類宅配等を利用すること

 

以上となりますが、詳細については、外務省公式サイト内の採用案内ページを参考にしてください。(履歴書のまとめ方についても、説明があります。)

 

 

応募締め切りが来週に迫っています。色々と用意しなければいけない書類があるため、準備に時間がかかる可能性があります。興味がある人は、急いで確認するようにしてください。

 


採用に関して、不明点などがある場合には、外務省の担当課に直接お問い合わせください。

<問い合わせ先>
〒100-8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
外務省領事局政策課(担当:新保,木村,鎌)
電話:03-3580-3311(内線5370,5366,4988)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ