商社の求人に応募する時には、英語力は必要?~商社と語学力の関連性~

商社というと、英語が必要となる代表的な職種のように思われがちですが、実際のところはどうなのでしょうか。商社の求人に応募した時には、選考プロセスにおいて、語学力というのは、どれくらい重視されるのでしょうか。

 

商社の求人に応募する時には、英語力は必要?

 

気になる人は少なくないと思いますが、結論から言えば、新卒・中途、ともに語学スキルが採用条件として挙げられているケースは決して多くありません。語学が出来ない人でも採用される可能性は十分にあります。

 

ただし、これは語学力が不要ということを意味するわけではありません。そんなことはなく、むしろ、重要なスキルの一つなのですが、一般的に考えられている語学力とは、少し意味合いが違ってきます。

 

ここは、ちょっとややこしいので、詳しく説明していきます。

 

新卒に関しては、語学が出来なくても問題なし

商社の場合、新卒と中途で、かなり事情が異なってくるのですが、新卒の求人に応募する時には、英語は出来なくても大丈夫です。基本的に商社は、自社で社員を育てるという発想を持っているので、人物重視の採用となります。

 

そのため、英語が出来なくても、『英語は苦手ですが、御社に採用して頂いたら、勉強を始めて、1年以内に日常会話ぐらいは出来るようになっておきます』とやる気をPRすれば、十分通用します。

 

商社は激務なので、バイタリティと体力がある体育会系の人間が好まれます。そのため、熱い気持ちを前面に出して、積極的に自分を売り込めば、それで採用されると考えてください。

 

ただし・・・

 

商社は超が付く学歴社会です。新卒採用の場合、一流大学から順番に採用していくようなものです。特に大手総合商社だと、東大・京大・一橋、早稲田、慶応あたりで決まってしまうので、一流大学卒でない人だと、かなり苦労すると思ってください。

 

また、こういった高学歴の人だと、語学が出来る人は多いので、自然のなりゆきとして、採用者のなかに占める英語が得意という人の割合は高かったりします。

 

中途に関しては、実力主義

一方、中途に関しては、商社の場合、完全実力主義です。入社直後から、現役社員以上に活躍出来るような即戦力の人材でないと、まず採用しません。そのため、該当職種において、どのような実績を残しているのかというのが、採用基準となり、細かいスキルについては考慮されません。

 

たとえば、営業職の場合、外国企業との取引・折衝において、英語が必要となってきますが、だからといって、TOEICのスコアがどれくらいとか、英検を持っているといった資格が考慮されることはありません。

 

海外取引の実績がどれくらいあるのかというのが全ての基準となります。ですから、英語はそれほど出来ないけど、交渉は得意で、初歩的な英語を使って、どんどん大きな契約をまとめてきたといった人であれば、間違いなく採用されます。

 

実際に商社で働いている人には、こういったタイプが多いです。一般的に言われる語学力と、ビジネスの現場で必要とされる英語というのは、微妙に違っています。

 

ビジネスにおいては、業界用語に精通していて、数字のやりとりが出来れば、流ちょうな言葉を話せなくても、問題なかったりします。逆に、TOEICで満点を取るような人でも、専門用語が分からないと、全く話にならず、ビジネスについていくことが出来ません。

 

こういったことは会社側も熟知しているので、わざわざ、語学スキルがどうといったことは言いません。求人要項を見ると、応募条件として、TOEIC700といったスコアが提示されていることもありますが、こういった求人は少数派です。

 

むしろ、『英語を使用したビジネス経験があること』、『英語でのビジネス交渉経験があること』といった、より具体的な経験が、条件として提示されていることのほうが多いです。

 

英語力を重視する商社の求人を探す方法

商社と英語との関連性については、おおむね、こういった傾向となりますが、細かい点については、個々の求人ごとに違ってきます。同一企業、同一職種の求人であっても、タイミングによって、要求される語学スキルの度合いが異なるのは珍しいことではありません。

 

そういった意味では、商社からの中途採用案件で、英語力が高く評価される求人を見つけるのも、決して難しいことではありません。語学を武器に商社へ転職したいという人は、是非、こういった求人を探してみてください。

 

また、下記のエージェントであれば、総合商社・専門商社を問わず、商社からの求人情報を幅広く押さえているので、こういったエージェントに英語力が求められる求人が存在するかどうか、問い合わせるのもオススメです。

 

 


逆に英語が苦手な人は、語学スキルに対する要求度が低い求人を紹介してもらうことも可能です。自分の職歴・スキルに合った求人を探してもらえるのが、転職エージェントの利点なので、積極的に活用してみてください。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

商社の求人に強い転職支援会社ベスト3

いずれも、外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、商社からの求人についても得意としており、情報源として最適です。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。総合商社、及び、そのグループ会社からの、管理職・役員クラスの求人案件を多数保有しています。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。総合商社、専門商社、いずれの求人も押さえています。フランスなど、欧州資本の商社(流通企業)からの求人を扱っている頻度も高いです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。商社の求人についても、一通り押さえています。海外勤務を前提とした採用となる求人も多いです。

コメントを残す

このページの先頭へ