【和歌山】国際交流に関する仕事の求人情報を入手する方法

和歌山県内において、国際交流に関連する仕事を探すのは、なかなか大変です。こういった仕事は、数が限られているからです。ボランティアであれば、常時募集がかかっていますし、期間限定のイベント運営スタッフといったアルバイトであれば、それなりに出てきます。

 

和歌山県の国際交流関連の求人

 

ただし、長期的に継続して働けるような仕事というのは、あまり見つからないのが実情です。求人を探そうとしても、思うように見つからないという結果になってしまうでしょう。しかしながら、可能性がゼロというわけでないので、最初から諦める必要はありません。

 

このページでは、和歌山県内において発生している、国際交流関連の求人の傾向と、求人情報を入手するための方法について、まとめていますので、参考にしてください。

 

1:和歌山県国際交流協会 嘱託員

その地域に暮らす在日外国人と日本人の交流促進を目的として全国各地に設けられている組織として、国際交流協会という団体があります。地方自治体の外郭団体という位置づけなので、各都道府県、及び、主要都市に設置されています。

 

和歌山にも、『和歌山県国際交流協会』があり、国際理解推進活動や在日外国人の支援活動を行っています。不定期ではありますが、こういった国際交流活動の企画・運営を担当する職員を募集する求人が出ています。

 

1年更新の契約社員という位置づけになり、月給はおよそ20万円。本人の希望があれば、更新可能です。給与が安いので、長く続けるのは難しいかもしれませんが、国際交流に直接的に関与出来る貴重な仕事なので、興味がある人は、要チェックです。

 

国際交流協会が募集をかける時には、和歌山市のハローワーク経由になるので、ハローワークで求人が存在するかどうか、確認してみてください。ただし、募集がかかる頻度は、年に1~2回なので、そう簡単には見つからないと思います。こまめにチェックするようにしてください。

 

2:和歌山県国際交流員

和歌山県国際交流員というのは、和歌山県庁の文化国際課が行っている国際交流活動に関連する事務作業を担当する非常勤職員を指します。

 

具体的には、海外刊行物の翻訳、国際交流活動の企画・運営、外国からの訪問客対応・通訳、民間の国際交流団体の活動支援といった業務を担当することになり、不定期で募集がかかっています。

 

翻訳や通訳といった業務が絡むため、語学に精通している人材が募集されています。また、対象となる言語は英語だけでなく、韓国語や中国語、スペイン語、フランス語等、様々です。

 

必要に応じて募集をかけるというスタイルなので、いつ求人が出てくるか、全く分かりません。1年間、全く求人が無いということもあれば、いきなり大量募集(とはいっても、数名程度ですが)がかかることもあります。

 

こちらも、求人が存在していれば、ハローワークで見つけられるので、国際交流協会の求人と併せて、確認するようにしてください。窓口で『国際交流に関連する求人があるかどうか知りたい』と伝えれば、探してもらえるはずです。

 


ハローワークの求人は、公式サイト内から検索をかけることも出来ますが、全ての求人が検索に引っかかるとは限らないので、一度は窓口に足を運んでおいたほうがいいです。

 

3:大学国際交流センター事務員

和歌山県内にある大学のなかには、国際交流活動を積極的に推進しているところが少なからず存在しています。そういった大学では、国際交流課、もしくは国際交流センターといったものが設置されており、事務員を募集する求人が出ています。

 

募集人数は1名になるケースが多いのですが、比較的、頻繁に求人が出るので、国際交流協会や県の求人よりも、見つかる可能性が高いです。

 

業務内容としては、国際交流活動の企画・運営に加えて、留学生サポートというのが、主なものとなり、場合によっては、海外における、大学の広報活動を担当するといったケースもあります。

 

こちらも契約社員としての採用となるケースが一般的ですが、給与は、おおむね、和歌山県内における事務員の平均給与ぐらいにはなるので、国際交流協会や県よりも良く、そのため、長期的に働いている人が多いです。

 

和歌山で国際交流の仕事を探すのは難しい

和歌山において、国際交流の仕事に就ける可能性があるとしたら、上記の3つとなりますが、読んで頂ければ分かるように、かなり数が限られており、求人を探し出すのは困難です。

 

加えて、給与が低いので、学生が経験を積むためにアルバイトするとか、主婦やリタイアした人が、毎日を充実させるために働くといった意味づけであればいいのですが、普通の社会人が、定職にするのは厳しいというのが、正直なところです。

 

本業として働き続けることが出来るような仕事というのは、東京に集中しており、和歌山では難しいです。(関西だと、大阪や神戸、京都ということになりますが、これらの地域でも、仕事の数は、東京とは比べものにならないくらい、少ないです。この分野は東京一極集中です。)

 

そのため、可能性は模索しつつも、代替となるような選択肢について考えることをオススメします。それは、民間企業で働きながら、間接的に国際交流活動に従事するという選択肢です。

 

今では、地方の会社でも、海外市場に進出するのが当たり前になっており、和歌山でも、グローバルで事業を展開する会社が増えてきています。

 

こういった会社のなかには、現地の人達と密接にコミュニケーションを取りながら、事業を展開しているところもあり、日常の仕事をこなすことが、国際交流活動そのものになっていたりします。

 

また、より直接的に、企業ボランティアとして、国際協力・交流活動を行っている会社もあります。その会社の社員がボランティアスタッフとして、活動に従事することになるので、本業をこなしながら、ボランティア活動に取り組むといったことが可能になります。

 

さらに、これは和歌山では限られてきますが、JICAの国際協力プロジェクトに参加して、現地での事業を請け負っている企業もあり、こういった会社で働けば、仕事を通じて、民間団体では味わえないような活動に従事することが出来ます。

 

(建築、農業といった分野においては、過去に和歌山県の企業の参加実績があります。)

 

これらも、特殊な部類に入るので、求人を探すとしても、やはり限られたものにはなりますが、それでも、民間団体の求人とは比べものにならないぐらいの数になり、よほど現実味がある話なので、興味が出てきたという人は、是非こういった求人を探してみてください。

 

グローバルで活躍している日系企業への転職支援を得意とする転職エージェントに相談すれば、この手の求人が存在するかどうか教えてもらえますし、興味が持てるものがあれば、紹介してもらえるので、一度連絡を取ってみてください。

 

下記のエージェントであれば、紹介実績が豊富なので、相談先としてオススメです。

 

<グローバル企業の求人に強い転職エージェント>

 


エージェントごとに、保有する求人が微妙に違っており、どのエージェントから紹介してもらえるか分からないので、複数のエージェントに同時に連絡を取ってみてください。少し面倒ですが、このほうが、より確実です。

 

また、エージェントは一度、求職者登録(会員登録)をしておけば、その後は、希望条件に合う新規求人が発生するために、メールで通知してもらえるので、とりあえず登録しておいて、情報源として活用するというのもアリです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

語学に堪能な人材を募集する求人情報に強い転職会社。国際交流に関わる仕事の求人情報を持っていることもありますので、是非問い合わせてみてください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ