【香川県】数が少ない国際交流に関連する求人を探すには?

香川県内において、国際交流に関連する仕事に就きたい場合、どんなふうにして求人を探せばいいのか? ボランティアであればともかく、元々、国際交流というのは、それほど働き口がない仕事なので、こんな疑問を持つ人が少なくないと思いますが、答えは一つです。

 

香川県の国際交流関連の求人

 

それは・・・・

 

ハローワークを当たることです!

 

香川で求人を探す時には、これが唯一の選択肢と断言してもいいくらいです。

 

そもそもの話ですが、不定期であれ、香川県内において、それなりに求人を出している国際交流団体や公的機関というのは著しく限られています。ここ1年(2015年)でみても、香川県国際交流協会、高松市国際交流協会、それに日本国際交流事業協同組合ぐらいです。

 

ちなみに、日本国際交流事業協同組合というのは、アジアを中心として、発展途上国から技能習得のための実習生受け入れ事業を行っている団体です。埼玉に本部がある団体ですが、高松にもオフィスがあり、県内の企業に対して実習生を派遣しています。

 

日本国際交流事業協同組合からは、実習生の受け入れに伴う事務手続き、実習生からの生活相談対応を中心として、関連業務を全般的に担当するスタッフを募集する求人が発生することがあります。

 

アジアからの受け入れとなるので、英語よりも、その国の母国語(中国語、タイ語、スリランカ語等)が出来る人材が募集されるケースが多いです。

 

少し話がそれましたが、これらの求人は全てハローワークで募集されています。他の求人媒体で募集がかかることもありますが、ハローワークで募集をしないということは有り得ないので、ハローワークを押さえておけば、この手の求人が発生した場合には確実に見つかります。

 

そのため、香川県で国際交流関連の仕事を探すのであれば、ハローワークをチェックすべしということになります。もちろん、こういった求人は不定期で発生することになり、求人が見つからない時のほうが多いので、なかったからといって諦めるのではなく、定期的にチェックすることが重要です。

 

ハローワーク以外の媒体で、国際交流の求人が見つかるとすれば?

これで、おおよそ話が終わってしまうのですが、補足すると、もしかしたら、このサイトをチェックすれば、求人が見つかるかもしれないという媒体があります。可能性は低いのですが、チャンスが少ない香川においては、僅かな可能性も捨てるべきではないので、参考までにお伝えします。

 

JREC-INは日本全国の研究機関、教育機関からの求人情報をまとめて掲載しているデータベースです。教育機関というのは簡単にいえば大学になりますが、教授や教員、事務スタッフを募集する香川県内の大学からの求人案件も掲載されています。

 

そのなかで、国際交流センター事務員、国際交流活動が業務に含まれる形での教授・教員の募集案件といったものが出ていることもあります。

 

PARTNERSはJICAが運営する国際協力に関する情報ポータルサイトです。求人情報ページが開設されており、政府機関、役所からNGO・NPO団体、民間企業まで、国際交流に関連する事業を展開する団体からの求人が掲載されています。香川県内の団体からの求人が出てくる可能性もあるので、要チェックの媒体と言えます。

 

最後にリクルートエージェントは、民間の転職エージェントです。基本的に民間の事業会社の求人を扱っているのですが、政府機関、民間団体からの求人もカバーしており、東京であれば、各国大使館や政府観光局、国連関連機関からの求人を常時保有しています。

 

また、JICAの国際開発プロジェクトに参加している民間企業(商社、ゼネコン、メーカー等)からの求人で、JICAプロジェクトの担当者としての採用となる案件を扱っていることもあります。国際協力・国際交流関連の求人を探すときには、案外頼りになるエージェントなので、問い合わせてみて損はなしです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

民間企業で働くという選択肢

最後に、これは言うまでもないことかもしれませんが、こうやって求人を探したとしても、国際交流関連の仕事を香川県内で探し出すのは、非常に難しいです ・・・・というより、まず見つからないといったほうがいいぐらいです。

 

無給のボランティアや週数時間程度のパートであれば、まだ仕事があるかもしれませんが、フルタイムとなると、1年を通しても、数件出てくるかどうかです。しかも、給料が安いので、香川であっても、なかなか暮らしていくのは大変です。

 

将来性も無いに等しいので(働くことが出来たとしても、それが次の仕事につながるという確証がない)、職業の選択肢として考えるのは現実的ではないというのが正直なところです。

 

ですから、最初から諦める必要はないにしても、代替となる選択肢も真剣に考えることをオススメします。それが民間企業で働くという選択肢です。上記でも、少し触れましたが、国際協力・国際交流という分野に直接的に関わる企業というのは、それなりに存在します。

 

こういった企業から出ている求人数というのは、国際交流に関連する団体からの求人を大きく上回っています。

 

また、直接的に国際交流という分野に活動しているわけでないけど、企業としての営利活動が国際交流に近い内容になってくるといったケースもあります。実際、今でもアフリカ・中近東・ミクロネシアといった日本人にとっては馴染みが薄い地域においては、日本政府よりも民間企業のほうが、現地の人々・政府機関との密接な関係を築いており、実質的な外交活動を担っているといったケースがあります。

 

国際交流=NGO、公的機関という構図ではないということです。今や、民間企業にとって海外進出は普通のことですし、今後、進出ペースが加速することも間違いないので、有力な選択肢として考えてもいいと思います。

 

上記にあげたリクルートエージェントに加えて、JACリクルートメントビズリーチミドルの転職といったエージェントも、海外業務関連の求人に強いので、一度相談してみることをオススメします。もしかしたら、自分の理想に近い仕事がみつかるかもしれないですし、それは香川において、国際交流団体の仕事に就ける可能性よりも高いはずです。少し、視野を広くして考えるようしてください。

 

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

語学に堪能な人材を募集する求人情報に強い転職会社。国際交流に関わる仕事の求人情報を持っていることもありますので、是非問い合わせてみてください。

 

コメントを残す

このページの先頭へ