大阪において国際交流の求人を探す時に利用すべき4つのサイト

大阪というのは、国際交流に関連する仕事を比較的みつけやすい地域です。国内有数の大都市ということもあり、大阪府、及び府内の市町村のなかで、積極的に国際交流活動を行っている自治体が多いですし、大学、NPO団体、財団法人からも求人が出ています。

 

大阪の国際交流関連の求人

 

また、インバウンド企業等、間接的に国際交流に関与するような事業を展開している民間企業からも、求人が多数発生しているので、こういったものも含めれば、トータルでは、かなりの数になります。

 

未経験者が応募出来る求人も少なくないので、今まで国際交流という仕事に携わった経験がないという人も、仕事探しをしてみてください。

 

なお、求人の探し方ですが、国際交流関連の求人をまとめて探せる方法が幾つかあるので、下記にまとめてみます。

 

方法1:リクルートエージェントに問い合わせてみる

民間の転職エージェントのなかで、最も保有求人数が多い国内No.1の転職エージェント。インターナショナルな仕事の取り扱いに力をいれているため、国際交流に関連する求人についても、常時扱っています。

  • リクルートエージェント
  •  

    大阪府内の案件だと、大学の留学センター職員、国際交流センター職員、留学生に対する日本語指導を行う教員、日本語指導法を教える教授などを募集する求人を保有しています。

     

    また、間接的に国際交流に関わる仕事として、下記のような求人を扱っています。

     

    • インバウンド専門旅行会社
      • ツアー企画立案、営業、広報・PR、マーケティング、ツアーコンダクター
    • 寿司学校運営会社
      • 営業、留学生受け入れ・サポート
    • 不動産会社
      • 外国人赴任者に対する物件紹介・仲介
    • ハイヤー会社
      • 外国人観光客、赴任者向けのハイヤードライバー

     

    こういった民間企業からの求人については、ほかにも様々な案件を扱っているので、興味がある人は、是非一度問い合わせてみてください。

     

    ※補足
    リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

     

    そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

     

    なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

     

    特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

     

    方法2:ハローワークに相談する

    大阪のハローワークには、国際交流に関連する公益財団法人からの正社員採用案件が集まっています。外国人技能実習生の受け入れ事業を行っている国際労務管理財団、大阪における国際交流促進事業、外国人留学生支援事業を展開する大阪府国際交流財団などです。

     

    また、大阪府内の自治体からの職員募集案件を扱っていることも多いので、こういった公的機関からの求人を探す時には、ハローワークには必ず相談しておきましょう。

  • ハローワーク
  •  

    方法3:ヒューマンリソシアをチェックする

    リソシアは大手人材派遣会社ですが、大学国際交流センターの事務員、国際交流NGO団体の事務スタッフといった求人も扱っています。フルタイム勤務・長期雇用の仕事も多いので、派遣社員の求人を探すのあれば、イチオシの媒体です。

  • ヒューマンリソシア
  •  

    方法4:PARTENERをチェックする

    国際協力分野におけるキャリア育成のための有益な情報をまとめて掲載しているJICAが運営するポータルサイト。求人情報ページが設けられており、国際協力・国際交流関連の求人案件が常時300件以上掲載されています。

     

    大阪府内のNGO団体からの求人を探す時には、まずPARTNERをチェックするようにしてください。ここで、求人情報を、ほぼ押さえることが出来ます。

  • PARTNER
  •  

    民間企業で海外業務に就くという選択肢

    上記のような方法で地道に探していけば、自分が希望する条件に合った求人が見つかるかもしれません。ただし、求人の絶対数が限られている分野なので、思うように見つからないという結果に陥ってしまう可能性もあります。

     

    その時には、一つの考え方として、民間企業で働くことも考慮してみてください。上記でお伝えしたリクルートエージェントが扱っているような仕事でなく、メーカーや商社で海外営業マンとして働くといったことです。

     

    国際交流というイメージとはマッチしないかもしれませんが、外国人・海外と日常的に接するという意味では、これも立派な国際交流です。途上国における農業経営、新規工場立ち上げによる雇用創出等、相手国の経済発展に直接関与することが出来る業務内容の案件もあるので、場合によっては、民間団体などで働くよりも、よっぽど国際交流をしていることになります。

     

    こんなふうに、うまくハマる求人がスンナリ見つかるとは断言出来ないのですが(そう簡単には見つからないのが実情ですが)、間口を広げることで、仕事探しに成功する確率が確実にアップします。そういった意味で、民間企業の求人にも目を向けてみることをオススメします。

     

    下記ページに、民間企業の求人を探す時に、問い合わせておくべき転職エージェントをリストアップしていますので、興味がある人はご覧になってください。

    【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

    テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

     

    現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

     

    (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

     

    業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

     

    職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

    ビズリーチ

    なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

    語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

    語学に堪能な人材を募集する求人情報に強い転職会社。国際交流に関わる仕事の求人情報を持っていることもありますので、是非問い合わせてみてください。

     

    コメントを残す

    このページの先頭へ