【外資】クリエイティブ系の求人案件に強い転職会社7選

クリエイティブ系の仕事に関しては、外資企業からも多数の求人が出ています。業種・職種には幅がありますが、最も多いのは広告・PR・マーケティング関連職。デジタルマーケティングやPR活動を手掛ける広告代理店から、マーケターやライター、広告プランナーといった職種の求人案件が発生しています。

 

外資のクリエイティブ職求人

 

次に多いのが、デザイン関係。広告を含む販促資料のデザインを手掛けるデザイナーや、自動車や家電、キャラクターグッズ、インテリア商品などのデザインを担当するプロダクトデザイナー、アパレル関係だと、商品デザイナーに加えて、VMDといった職種でも求人が出ています。広告代理店に加えて、デザイン会社やクリエイティブ系の制作会社、及びデザイン業務を内製化しているメーカーが主な求人元企業となります。

 

もう一つ多いのが、デジタルマーケティングやクリエイティブ領域全般に関するアドバイザリー業務を展開するコンサルティング会社。外資系のコンサルティングフォームだと、クライアントも外資企業になることが多く、外資の自由な雰囲気のなかで仕事に取り組むことが出来ます。

 

こういった状況ですが、求人数が本当に多いので、このページでは、あまり詳しいことは書ききれません。下記にクリエイティブ系の求人案件に強い転職エージェントをリストアップしていますので、詳細については、こういったエージェントに直接問い合わせるようにしてください。

 

なお、エージェントごとに取り扱う求人に違いが出てくるので、同時に複数のエージェントに連絡を取ることをオススメします。こうやって情報ソースを増やすことで、現在発生している求人情報を漏らすことなく入手することが出来ます。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職の求人案件を多数保有しています。外資企業からの求人で、クリエイティブ系の案件となると、広告・デジタルマーケティング・PR関係の職種が中心となります。コンサルティングファームや広告代理店から、様々な職種の求人が出ており、広告戦略立案のためのデータ分析を行うデータアナリストといった案件も出ています。

 

全体の業務を統括するプロジェクトマネージャー、プロデューサー、ディレクターといったマネジメント職の求人も多くなっています。また、こういった会社の経営企画や人事、財務経理といった管理部門の統括部長、執行役員を募集する求人も出ています。

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

 

JACリクルートメント

外資系企業の求人案件の取り扱いに長けている新興転職エージェント。大手エージェントと比較すると、数は少なくなりますが、クリエイティブ系の職種の求人案件も押さえています。広告プランナー、デザイナー、映像ディレクター、メディカルライター、コピーライター、編集ディレクター等、扱っている職種は幅広いので、求人が少ない職種の案件を探している時には、ぜひ相談してみてください。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。様々な業種・職種を幅広くカバーしており、クリエイティブ系の求人についても多数の案件を扱っているので、要チェックです。

 

外資・日系を問わず、メーカーや広告代理店からの求人が多くなっています。前者だとプロダクトデザイナー、後者だとデジタルマーケティングに関わるマーケター(広告戦略企画・立案)や広告映像制作を担当するディレクター、Webサイトの構築を手掛けるデザイナー&クリエイター、全体の業務を統括するプロデューサー、プロジェクトマネージャーといった職種が中心です。

 

プロダクトデザイナーの求人に関しては、商品企画や販促企画にも携わるといったプロダクトマーケティングの案件も出ています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

アージスジャパン

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。消費財業界を得意としており、外資ラグジュアリーブランド、ファッションブランドからの社内デザイナー募集案件を多数保有しています。また、クリエイティブ系ということでいえば、VMDの募集案件やマーケティング、広報といった職種の求人案件も扱っています。

 

アパレル関係でクリエイティブな仕事を探している人にはイチオシのエージェントです。また、同じように消費財業界の求人を得意としているエージェントでアズール&カンパニーという会社もありますが、こちらも外資ブランドの案件を多数保有しているので、アージスジャパン同様に活用出来ます。

 

マスメディアン

広告・広報・Web・マスメディア関係専門の人材紹介会社。クリエイティブ系の求人案件を多数保有しています。外資系だと、メーカーやPR会社、メディアエージェンシーからの人材募集案件を扱っています。

 

日本市場向け商品企画、製品販促企画&プロデュース、広報戦略企画立案&実行といったマーケティング系の職種が中心となりますが、アートディレクター・イラストレーター・テクニカルライターといった職種でも求人が発生しています。

 

広告転職エージェント

広告業界、Web業界専門の人材紹介会社。広告代理店、Web関連企業、PR会社、デザイン会社からの求人案件を多数保有しています。数は少なくなりますが、外資企業からの案件も扱っているので、要チェックです。

 

広告企画営業職の求人に加えて、コピーライター、アートディレクター、Webデザイナー&クリエイター、グラフィックデザイナーといったクリエイティブ色の強い職種の求人も出ています。

 

エン転職

30代、40代の中堅ビジネスマンの転職支援サービスに力を入れているエージェント。外資企業の求人案件の取り扱い数も多く、クリエイティブ系だと、広告代理店、制作会社、及びデジタルマーケティングを自社展開している一般企業(メーカー、ラグジュアリーブランド等)からの人材募集案件を保有しています。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ