【外資】Webマーケティング関連の求人に強い転職会社5選

Webマーケティングの仕事で、外資の求人となると、業務内容と求人元という観点で考えて、幾つのカテゴリーに分かれます。まず、業務内容に関しては、マーケティング戦略全体に関わる職種と、プロモーション担当として広告運用に専門的に関わる職種に分かれます。

 

外資のWebマーケティング求人

 

前者の場合、市場分析、業界トレンド動向調査、競合分析、アクセス分析、ユーザー特性・動向分析、顧客分析、CRMなどが主な担当業務となります。後者に関しては、Web広告(SNS・リスティング広告等)、SEO、ソーシャルメディア対策などの企画、実施、出稿・予算管理、検証などが主業務となります。

 

求人元というくくりで見ると、webマーケティングを自社で展開している企業、マーケティングコンサルティング会社、広告代理店、マーケティングに関するアドザイザリーを行っている制作会社などに分かれます。

 

いずれにしても、外資の場合、その分野のスペシャリストを求める傾向が強いので、経験・スキルについては高いレベルが要求されます。外国人と業務を遂行出来るだけのコミュニケーションスキル・語学力も必須となります。

 

海外市場向けのマーケティングを担当することになるケースもあり、その場合には海外マーケティングに関する知識・経験も要求されます。

 

かなりハードルが高くなりますが、それだけに給与水準も日系企業より高めです。年収1000万円オーバーも十分に望めます。やりがいのある環境が整っているので、是非チャレンジしてみてください。

 

下記に、外資企業からの求人で、Webマーケティング関連の案件に精通している転職エージェントをリストアップしていますので、詳細については直接確認してください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円レベルのハイクラス求人に特化している転職エージェント。管理職、専門職の求人案件を多数保有しています。

 

Webマーケターを募集する外資企業からの求人についても、多くの案件を保有しています。上記に分類した全ての案件をカバーしています。他エージェントと比較しても、保有数が多いので、一度は話を聞いておくべきエージェントと言えます。

 

元々、即戦力の人材を求める傾向が強い外資のなかでも、スキルの高い人材を求める企業が多く、高収入の案件ばかりなので、キャリアアップを狙っている人にオススメです。

 

リクルートエージェント

国内最大手転職エージェント。外資企業とのコネクションが強く、様々な業界の求人案件を幅広く扱っています。Webマーケティング関係の仕事だと、自社サイトを積極的に活用している企業からの求人を中心に、多数の案件を保有しています。

 

ショッピングサイトを運営している小売り・流通企業、アパレル企業、オンラインサービスを展開しているIT企業から、自社商品のPR・取引先拡大のためにWebサイトを活用しているメーカーまで、募集元の業種が多岐に渡っているのが特徴です。

 

特にメーカー系の求人は、他エージェントでは扱っているところが少ないので、こういった求人を探している人は要チェックです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ドリームシアター

IT業界、インターネット業界専門の転職エージェント。プロジェクトマネージャー・ITアーキテクト・DBAといった職種の求人に強いエージェントですが、マーケティング系の求人についても押さえています。

 

ネット広告の運用やウェブサイト制作を請け負う広告代理店からの求人が中心となっています。マーケティングに関するアドバイスを行う専任コンサルタントの募集案件もあれば、コンサルティング営業の募集案件も出ています。

 

英語だけでなく、中国語や韓国語などに対応出来る人材を募集する案件なども出ており、マーケティングといっても、業務内容の幅が広くなっています。

 

広告戦略

広告業界、Web業界専門の転職エージェント。Webマーケティング(ネット広告、ソーシャルメディア、SEO)のスペシャリストやWebデータ分析を行うデータアナリストを募集する案件を多数保有しています。

 

日系広告代理店・マーケティング会社からの求人が中心ですが、外資系の広告会社、コンサルティング会社からの求人が出ていることもあるので、要チェックです。

 

アージスジャパン

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。外資損保会社やアパレルブランド、コスメメーカーからの求人で、自社サイトを用いた顧客獲得、PRを担当するWebマーケターの募集案件を扱っています。

 

インターネット広告の運用・分析・収益管理といったプロモーションに特化した業務内容の案件もあれば、マーケティング戦略の立案・推進といった業務内容の案件もあります。後者の案件に関しては、マーケティングプロジェクトの実行管理を担うディレクターといったマネジメントレベルの求人も出ています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ