【外資企業】薬剤師向けの求人に強い転職エージェント7選

薬剤師の資格を持つ人が英語を使って働きたいという場合、勤務先候補は外資製薬企業が中心となりますが、外国人が多い街の薬局、外資企業をクライアントに持つ広告代理店、医薬品の原料を輸入する商社等、それ以外にも多岐に渡ります。

 

薬剤師の外資転職案件

 

全体的に人手不足なので、採用される確率はかなり高く、転職を考えている人にとってはチャンスと言えます。ただし、今後は薬剤師の数がどんどん増えていくため、転職市場が変化する可能性が大です。

 

そのため、今のうちに動くことが重要です。本気で考えているのであれば、薬剤師向けの求人案件を扱っている転職エージェントにコンタクトして、具体的にどんな求人が出ているのか確認してみてください。

 

下記に英語スキルが求められる案件に強いエージェントをリストアップしているので、参考にして頂ければと思います。特にビズリーチ、リクルートエージェント、m3の3社は取り扱い数が多く貴重な情報源と言えます。

 

ビズリーチ

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。外資系企業への転職支援を得意としており、業種を問わず、様々な企業からの求人案件を扱っています。メディカル業界が好調なこともあり、薬剤師の有資格者を募集する求人で、外資絡みの案件を多数保有しています。

 

業務内容が多岐に渡るのが特徴です。外資医薬品メーカーやCRO企業からの臨床開発モニター、プロジェクトマネージャー、MSL、マーケティングリサーチャーなど、薬剤師の転職先として、一般的なものも多いのですが、それ以外にも、珍しい仕事があります。

 

例えば、世界トップクラスの広告会社グループからの、医薬品ライティング業務、メディカルマーケター事業を展開する外資IT企業からの、営業企画業務、ビジネス開発業務といったものです。

 

また、外資医薬品メーカーからの求人で、日本国内市場における成功モデルを応用する形で、海外市場における新規事業創出を狙うプロジェクトのスタッフを募集するといったものもあります。(将来的には、海外勤務の可能性もあります。)

 

注意点としては、求人ごとに応募条件が大きく変わることです。薬剤師の資格があって、ビジネスレベルの英語力があれば良しとする求人もあれば、職歴を細かく指定する求人もあります。

 

そのため、詳細については、個々に確認して頂きたいのですが、いずれも年収1000万越えが珍しくないので、薬剤師の募集案件としては、外資からの求人としても、かなりの高スペックとなります。興味を持てるような案件があれば、ぜひチェックしてみてください。

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。英語が得意な人材を求める転職案件の取り扱いに力を入れており、様々な業種・職種の求人を保有しています。

 

薬剤師の有資格者を求める求人としては、CMC開発薬事、品質保証、メディカルライター、社内翻訳、臨床開発、データマネジメント、薬事申請といった職種が中心となります。

 

データマネジメントというのは、臨床試験によって集積された症例データについて、医学的観点からの統計解析を行い、関連法規に耐えうる電子データを作成する業務を指します。

 

これらの求人に加えて、臨床開発リーダー、薬事申請リーダー、安全性管理責任者といった管理職の転職案件も多数扱っています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

m3

薬剤師専門の求人情報サイトのなかでは、掲載案件数が日本で最も多い最大手サイト。英語スキルが求められる求人としては、下記のような案件が出ています。

 

  • 外資製薬メーカーからの学術資材の作製を請け負う制作代理店
  • 外国人患者が多いエリアの調剤薬局
  • 医療品の開発を行うベンチャー企業(研究開発、品質管理)
  • 医薬品の原料を輸入する専門商社のCMC開発薬事
  • 外資製薬企業の臨床開発サポート(英語での資料作成、海外担当者とのメールでの連絡)

 

薬剤師worker

外国人が多いエリアの薬局や病院からの転職案件で英語が出来る薬剤師を募集する求人が多数公開されています。大半の案件は東京首都圏になりますが、地方の案件も掲載されています。

 

リクナビ薬剤師

日本で三本の指に入る薬剤師求人情報サイトであり、10万件以上の求人案件を保有していますが、英語が必要となると仕事だと、数はかなり狭まります。

 

外資製薬メーカーからの学術調査、薬事申請、市販後調査、安全性管理といった職種の案件が中心となっています。

 

アズール

消費財業界の求人を得意としている転職エージェント。外資化粧品メーカー、健康食品メーカーからの製品安全管理の求人で、薬剤師の有資格者を募集する転職案件を扱っています。

 

クイック

技術者、エンジニアの転職支援を得意とする人材紹介会社。元々は建設業界における人材紹介に特化していましたが、事業領域を拡大して、今では医療業界の研究者転職支援にも力を入れています。

 

薬剤師の有資格者向け転職案件の場合、薬事申請、市販後の薬事対応、品質保証といった職種が中心となっています。外資メーカーからの案件だと上級レベルの英語力を身につけていることが採用条件となるケースが増えています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ