外資信託銀行の求人案件に強い転職エージェント7選

外資投資信託銀行の求人は快調です。投資信託の設定本数がリーマンショック以降の最高数を更新しており、業務量が増えている企業が多いことから求人は増加傾向にあります。

 

外資信託銀行の転職案件

 

基本的に経験豊富な即戦力の人材が求められていますが、リーマンショック後、若手の採用を控えていた企業が多いため、外資でも将来を見越して、経験の少ない若手をポテンシャル採用するケースが増えています。(ただし日系信託銀行と比較すると、割合は少なくなります。)

 

様々なポジションで求人が出ているので、詳細は転職エージェントに直接、問い合わせてください。下記のエージェントであれば、外資金融機関の転職案件を得意としているので、最新の動向を教えてくれるはずです。

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手転職エージェント。外資信託銀行の求人案件を多数扱っています。

 

オペレーション(銀行預金口座管理、入出金処理、外国為替取引のConfirmation および決済
、顧客分別信託金管理 )、ディスクロージャー担当、内部監査、不動産証券化・流動化案件アレンジメント、不動産管理信託業務といった職種の転職案件が中心となります。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

年収1000万円以上のハイクラス求人の取り扱いに特化している転職エージェント。外資金融機関からの求人案件を多数、保有しています。

 

市場系管理(年間事業計画の立案と予算管理・投資運用商品企画・立案・導入、管理態勢構築のための社内折衝・データー分析とその結果に関する経営陣・日銀・金融庁向け報告書作成)、プライベートバンカー(富裕層個人顧客及び関連する法人顧客等への運用商品・サービスの販売、運用・金融に関する総合的なアドバイス)、法人営業、内部監査といったポジションの求人が中心となっています。

 

また、年収400~700万円といったレンジになりますが、役員秘書の募集案件も保有しています。未経験者が応募出来る案件もあります。

 

アンテロープ

金融機関、コンサルティングファーム専門の転職エージェント。外資信託銀行の求人案件も多数扱っています。運用企画、リスク管理、運用営業、システム企画といったポジションの求人が中心となります。

 

コトラ

こちらも金融業界、コンサルティング業界の求人専門の転職エージェント。外資信託銀行の求人だと、ファンド受託管理(信託経理処理、帳簿記帳、顧客・投資家への信託レポート作成、発信、資金決済)、プライベートバンカー(富裕層個人向け営業、融資管理、資産管理アドバイス)、不動産戦略アドバイザリー、機関投資家営業といった職種の転職案件が中心となります。

 

ウィルハーツ

金融業界専門の転職エージェント。外資信託銀行からの求人だと、バイアウトファイナンス、プロジェクトファイナンス、ストラクチャードファイナンス、不動産投資マネージメント、プライベートバンカーといった職種が中心となっています。

 

外資だけではなく、日系大手金融機関の案件も多数保有しています。

 

エリートネットワーク

20代、30代の若手ビジネスマンの転職支援に力を入れているエージェント。アクチュアリーコンサルタント、内部監査といったポジションで、外資信託銀行からの求人を扱っています。

 

キャリアVファイナンシャルサーチ

金融業界専門の転職エージェント。外資投資銀行の案件も多数扱っています。職種・ポジションは多岐に渡っていますが、他エージェントと比較すると若手採用枠の案件が多いのが特徴です。経験値が少ない人でも応募出来るので、異業種からの転職を考えている人にもチャンスがあります。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ