外資系企業で15年間働く妻の体験談その1:未経験で採用された理由

当サイト管理人の妻は20代後半の時に外資系企業に転職して、それ以来、ずっと外資で働いています。その間、転職したのは1回だけですが、転職の経緯がユニークなので彼女の体験談をまとめてみます。

 

外資企業の体験談

 

管理人も数年間だけですが、外資企業で働いていたことがあるので、私自身の体験談も、下記のページにまとめてあります。合わせて参考にして頂ければと思います。

 

  • 当サイト管理人の外資系企業体験談 その1:製薬メーカー
  • 当サイト管理人の外資系企業体験談 その2:自動車部品メーカー
  •  

    日系企業から外資企業への転職

    妻は大学卒業後、日系企業に就職しました。メディア関係の仕事で面白かったけど、激務で体が持たないということで、数年勤務した後、転職を考えるようになったそうです。

     

    その時、たまたま友人が外資の税理士法人で働いており、興味を持って同じような仕事を探していたら、これもたまたま外資の大手事務所で未経験者でも応募出来るエントリーレベルの案件があり、面接を受けたら採用されたというのが外資で働くことになったキッカケです。

     

    偶然の結果と言えますが、外資で未経験者が採用される案件が存在して、自分が職探しをしていた時に見つかったというのは、本当に幸運だったのではと思います。

     

    ちなみに、その仕事というのは、在日外国人の所得税申告をフォローするというかなり特殊な仕事です。

     

    外資企業の日本オフィスで働く外国人は、日本で所得税の申告をしなければいけませんが、外国人ですから当然、日本の税法や申告の手順には不慣れです。そのためサポート役が必要ということで、その事務所が請け負っていたそうなのですが、個人の申告ですから、それほど税務の知識が必要なわけではありません。

     

    (確定申告の経験がある人であれば分かると思いますが、素人でも何とかなるレベルです。)

     

    だから、未経験者でもOKというわけです。その反面、外国人のサポートなので、英語は出来なければダメということで、語学に堪能であることは求められます。彼女はアメリカ留学の経験があり、英語は話せたので、そこはクリアしていました。

     

    かつ、USCPAの勉強をしていて、多少なりとも会計や経理、税務といったことに予備知識があったので、そこがうまくマッチして採用されたというわけです。

     

    これが法人税務担当者の求人であれば、当然、税務のプロフェッショナルであることが求められるので、日本の税理士資格を持っていることが必須です。かつ、専門知識があれば通用する分野なので、語学はあまり重視されません。

     

    ですから、妻のような人間が採用されることは、まずなかったでしょう。かなりニッチな職種です。

     

    未経験者が外資に転職するときのコツ

    ちなみに妻いわく、未経験者が外資に転職する時の有効なやりかたが、このニッチを狙うというものだそうです。

     

    外資企業は同じ外資で働いていた経験がある人物を好んで採用するので、日系企業から外資への転職というのは、相当な実力がないと成功しません。ただし、こういったニッチな職種であれば、うまく滑り込める可能性が高くなるというわけです。

     

    ちなみに、管理人も外資企業に採用された時も、地方の田舎町なので英語が出来る人間がいなかったというのがその理由なので、これも一つのニッチです。

     

    自分を高く買ってもらえるようなところで勝負するということですね。未経験者の方には、一つのアイデアとして参考にして頂ければと思います。

     

    妻の体験談はまだまだ続きますが、長くなりそうなので、まずはここまでとさせて頂きます。

     

    妻は、この大手事務所で数年勤務した後、投資銀行に転職します。それが現在、勤めている会社なのですが、ここの転職プロセスもユニークで面白いので、参考になる部分が多いのではと思います。

    【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

    テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

     

    現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

     

    (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

     

    業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

     

    職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

    ビズリーチ

    なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

    外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

    外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

     

    コメントを残す

    このページの先頭へ