外資系企業の転職に必要な活動期間は?

いざ転職活動を始めようとする時、どれくらいの活動期間が必要なのか気になるという人は少なくないと思います。

 

ただし、この『活動期間はどれくらい?』という問いに対する明確な回答はありません。本人のスキルや経験、希望、転職市場の動向などによって、結果が全く変わってくるからです。

 

外資転職に必要な期間

 

高い実力を兼ね備えている人でも、何十社も面接してやっと転職先が決まるといったケースもあれば、業界が不況に陥っている厳しい状況のなかでも、はじめに申し込んだ会社がたまたま人材を急募しているところで、そのままスンナリ決まってしまったといった事例もあります。

 

ですから、やってみないと分からないというのが実情ですが、長期間に及んでもおかしくはないので、簡単に決まるとは思わないことです。

 

無職期間は避けたい

もし、あなたが今現在、どこかの企業で働いているのであれば、勤務を続けながら、地道に転職先を続けることです。自分の希望する会社をじっくり探す余裕があると思いますので、焦らず腰を据えて活動していきましょう。

 

問題は職に就いていないというケースです。どんな理由があれ、無職というのは雇用側から見た印象は決して良くありません。1〜2ヶ月ぐらいであればともかく、半年を超えるようなことになると、かなりのマイナスポイントになるのは確実です。

 

転職コンサルタントのなかには、自己研鑽のために海外を旅していたとか、資格を取得したことをアピールすることでマイナスの印象を防ぐことが出来ると言う人もいますが、正直なところ、これはウソとまでは言わないまでも、かなり甘めの言い方だと思います。

 

何もせずブラブラしていた人よりはマシかもしれませんが、その程度です。

 

海外を旅していた→遊んでいたんでしょ

資格を取得した→働きながら取得する人が多いよね

 

これが雇用側の本音だと思います。実際、今はMBAさえ働きながら取得する人が多い時代ですから、勉強のために仕事を辞めたというのは甘いと思われる可能性が大です。ですから、現在、働いている人は辞めないこと。辞めるのは転職先を決めてからです。

 

無職の人は、理想を追い求めずにどこでもいいから、雇ってくれるところで働くこと。外資が難しければ日系企業でもいいですし、正社員がダメだったら派遣社員でもOKです。働いていれば、その会社での実務経験をもとに、より良い職場に転職することも可能です。

 

転職活動は働きながら。

 

これが鉄則です。

 

外資に転職する際には、試用期間に要注意

 

採用が決まったとしても、最初に必ず試用期間が設けられることになります。日系企業の場合、試用期間は3ヶ月が平均ですが、外資の場合、6ヶ月で設定されるのが一般的です。これは日系企業と外資の試用期間に対する考え方の違いからくるものです。

 

日系企業の場合、試用期間中にチェックするのは勤務態度や上司や同僚との人間関係といったことになります。要は会社に馴染んでいるかどうかということです。極端に会社と合わないような人間でもない限り、そのまま本採用となります。

 

一方、外資の場合、試用期間でみるのは結果です。6ヶ月の間に目に見える結果を出せなければ、そのまま解雇ということになります。

 

そもそも外資は、四半期ごとに売上や利益を発表しますが、それにあわせて社員の売上への貢献度や成績もチェックします。

 

四半期というのは3ヶ月にあたります。いきなり、最初の3ヶ月で結果を出すのは厳しいけど、6ヶ月もあれば結果を出すのは当然というのが外資の考えです。

 

ですから、日系企業とは試用期間の重みが違います。この違いを理解せず、ノンビリしていると、解雇通知が届きます。最初から結果を出さなければ生き残れないということは、頭に入れておきましょう。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業の求人案件の取り扱い数が多い転職会社をリストアップしています。様々な業種・職種の求人をカバーしているので、詳細については、直接問い合わせてみてください。日系グローバル企業の求人にも強いです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ