『未経験でも外資系企業に転職することは可能ですか?』

 

外資系企業につきまとうイメージには間違ったものが多いのですが、そのなかで最も悪影響を及ぼしているのが『即戦力採用』という言葉だと思います。

 

外資系企業の未経験者向け求人

 

  • 外資系企業は実力主義が徹底していて、よほどの実績がないと採用されない
  • 即戦力として活躍出来なければ、すぐに解雇されてしまう
  •  

    いざ働きたいと思っても、こんな不安が出て悩んでしまうという人は少なくありませんが、これはかなりの部分で誤解です。

     

    たしかに日系企業と比較すると、即戦力の人材を求める傾向は強いのですが、まったく社員の育成を行わないというわけではありません。

     

    こういったイメージがあるせいか、外資系企業への応募者数は絶対的に不足していますし、即戦力を求める弊害として、採用のミスマッチも多く発生しています。その結果、企業側の考えはだいぶ変わってきており、ポテンシャル重視の採用も増えてきています。

     

    実際、未経験者でも応募可能な求人案件は増加傾向にあるので、ぜひ転職エージェントに相談してみてください。

     

    未経験の意味合いによって、状況は変わってくる

     

    『未経験者でも大丈夫?』という質問にある未経験という言葉には、二つの意味合いがあります。

    それは、次の二つです。

     

    A:外資系企業で働いた経験がないという意味での未経験
    (日系企業での勤務経験しかない)

    B:その職種で働いたことがないという意味での未経験
    (別職種での勤務経験しかない)

     

    Aのケースであれば、全く問題ありません。日系企業でも外資でも仕事は仕事、やることは一緒です。外資の業務が、特別難易度が高いというわけではありません。日系企業で活躍していた人であれば、外資でも全く問題なしです。

     

    豊富な経験・スキルがあれば、他の社員よりも戦力になる可能性が大です。

     

    問題となってくるのはBのケースです。金融業界で働きたいけど、今まで勤務していたのは製造業。こんな人の場合、転職のハードルは高くなります。

     

    これは、外資系だからということではなく、日系企業でも一緒です。20代の若い人であれば、ともかく30代後半、40代となると、正直なところ厳しいかもしれません。

     

    こういった状態で突破口を見いだすのであれば、外資・日系とこだわらず、また職種にもこだわらず、まずは金融業界で働き口を見つけることです。そうやって業界での勤務経験を増やしていけば、そこからチャンスが広がります。

     

    業界未経験の人だと、最初から自分の希望に100%合った満額回答を目指すのではなく、その業界に入ることを優先してください。全てはそこからです。

     

    ちなみに、管理職としての経験があれば、業界知識がなくても採用のチャンスは増えます。特に上級管理職(部長以上)であれば、チャンスは一気に増えます。(もちろん、名ばかりの部長ではダメです。あくまでも役職に見合う成果を出してきた人に言えることです。)

     

    いずれにしても、未経験だからといって何もせずに諦めるのは時期尚早です。動けばチャンスがみつかるかもしれません。そして、チャンスというのは動かなければ、絶対に手に入りません。

     

    まずは、自分でもいけそうな求人案件がないのか、チェックしてみましょう。その時には、転職エージェントを利用することをお勧めします。彼らは転職業界のプロなので、状況に精通しています。

     

    自分の希望を伝えれば、それに見合う案件があるかどうか確認してくれますし、ダメならダメで、希望職種に就くためのアドバイスもしてくれます。自分にとって最適なキャリアプランを立てるという発想で利用すると役立つはずです。