オーストリア大使館の求人案件を探す時に、頼りになる3つの情報源

オーストリア大使館の求人情報

 

それほど、頻度が高いわけではありませんが、在日オーストリア大使館は、現地採用スタッフを募集する求人を出すことがあります。秘書や事務スタッフ、商務部スタッフなどを募集する求人が中心となります。

 

ちなみに、商務部スタッフの役割は、下記のようなものです。

 

  • オーストリア企業の日本進出支援
  • オーストリアからの日本市場への輸出促進支援
  • 販路拡大サポート
  • 見本市などのイベント開催
  • 日本の市場調査

 

一言でいえば、マーケティングですね。日本市場において、オーストリア企業が売上を拡大出来るように、サポートする仕事です。そのため、前職はメーカーや商社などで、営業・マーケティングの仕事に就いていたという人が多いです。

 

では、こういった求人情報を入手するには、どうすればいいのでしょうか。代表的な情報源を3つ紹介しますので、参考にしてください。

 

Japan Timesの求人広告

昔から、オーストリア大使館が人材を募集する時には、Japan Timesの求人広告を使用することが多いです。今では、Japan Times Jobsという専用サイトがあるので、こちらをチェックすれば大丈夫です。

 

Japan Times Jobs

 

ちなみに、Japan Times Jobsは、オーストリアだけでなく、世界各国の在日大使館が活用しているので、こまめにチェックすると、色々な国の求人が見つかります。

 

品川のハローワーク

大使館というのは、港区に集中していますが、こういった背景から、港区の求人を管轄する品川のハローワークには、在日大使館の求人情報が集まっています。過去には、オーストリア大使館の求人を取り扱っていた実績もあるので、こちらも要チェックです。

 

ちなみに、ハローワークでは、登録されている求人案件を、インターネット上で検索出来るサービスを提供しています。
ハローワークインターネットサービス

 

ただし、実際に使ってみると分かりますが、システムの仕様の問題で、大使館の求人をピンポイントで探すのは、かなり難しいです。そのため、仮に、サイトで検索して、求人が出てこなかったとしても、本当に求人がないとは言えないというのが、正直なところです。

 

(単純に、検索の仕方が悪くて、引っかからなかっただけという可能性もあります。)

 

ハローワークの窓口に足を運んで、スタッフの人に相談したほうが確実なので、品川まで行ける人は品川に、もし、自宅が品川から遠くて難しいという人は、最寄りのハローワークに行ってみてください。

 

(全国の事務所がネットワークを結んでいるので、どこのハローワークでも、登録求人を確認することが出来ます。ただし、品川以外のハローワークだと、大使館の求人に慣れておらず、担当者に伝えてもピンとこない可能性があるので、出来れば、品川事務所で確認したほうがいいです。)

 

リクルートエージェント

大手人材サービス会社、リクルートグループに所属する、リクルートエージェントという転職会社は、大使館、政府観光局といった政府機関の求人案件を扱っています。

 

オーストリア大使館の求人の取り扱い実績について、確認することは出来なかったのですが、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ドイツなど、世界各国の大使館の求人情報を押さえているので、オーストリア大使館の求人についても、カバーしている可能性が十分にあります。

 

そのため、一度は問い合わせておいて、損はない会社です。また、リクルートエージェントの長所として、求職者登録(会員登録)をしておけば、自分が指定した条件に合う求人が、新規で発生した時に、メールなどで連絡してもらうことが出来ます。

 

登録後は、自分で求人情報を探す必要はなく、リクルートから連絡が来るのを待つだけでいいので、手間が省けて便利です。ぜひ、こういった機能を、うまく活用してください。

 

代替の選択肢について考えておく

ここまで、オーストリア大使館の求人情報の探し方について、お伝えしてきましたが、元々、募集数自体が限られているので、こんなふうに探したとしても、いつ見つかるか分かりません。(1年間探したけど、ダメだったという結果も、十分にあり得ます。)

 

可能性がゼロというわけではないので、最初から諦める必要はありませんが、同時に、求人が見つからなかった時の、代替の選択肢についても、考えておくことをオススメします。

 

それは、違う国の大使館で働く、もしくは、オーストリアと関連性がある民間企業で働くということです。前者については、先ほども触れたように、在日大使館のなかには、頻繁に求人をかけているところがあります。

 

日本と関わりが強い先進国の大使館が中心ですが、国にこだわらなければ、トータルで、それなりの数の求人が見つかるので、国を限定せずに、転職先を探すというのは、有効な方法です。

 

また、それ以上に現実的なのが、後者であり、オーストリアに事業拠点を持つ日系企業は100社以上ありますし、オーストリアの企業と取引関係にある会社となると、さらに、その数倍に達します。(自動車・輸送機器、機械、電気機器といった分野のメーカーが中心です。)

 

こういった企業に勤務することで、オーストリアと密接にかかわる形で、仕事に取り組める可能性があります。もしかしたら、ウィーンやグラーツ、リンツなどに赴任するチャンスを得られるかもしれません。

 

上記で取り上げたリクルートエージェントであれば、各国大使館、及び、日系企業の求人情報も確保しているので、興味がある人は、オーストリア大使館の求人と併せて、確認してみてください。

 

また、民間企業の求人を探すのであれば、JACリクルートメントビズリーチマイナビエージェントといった転職会社も役立ちます。(いずれも、日系グローバル企業からの求人の取り扱いに力を入れています。)

 

このように、少し、間口を広げれば、チャンスは広がるので、ぜひ、色々な可能性を模索してみてください。満足出来る仕事が見つかることを、お祈りしています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ