チリ大使館の求人情報を探すときに、オススメの3つの情報源

チリ大使館の求人情報

 

チリ大使館は、公式サイトを運営していますが、現地スタッフを募集する時に、自サイトを利用することはなく、外部の媒体を活用するのが、これまでのパターンのようです。そのなかでも、有力な媒体となるのが、3つありますので、それぞれお伝えします。

 

ただし、チリ大使館は、募集自体を滅多にかけないので、これらの媒体を利用して、求人を探すとしても、そう簡単には見つからないということは、頭に入れておいてください。

 

1:セルバンテス文化センター

http://tokio.cervantes.es/jp/default.shtm

 

スペイン政府が、スペイン語・スペイン語文化の普及を目的として、世界各国に設立した文化機関ですが、東京の神田にもオフィスがあり、インターネットを通じて、日本人向けに様々な情報を発信しています。

 

その一つとして、スペイン語に関連する仕事の求人情報を紹介しているのですが、スペイン語圏の政府機関からの求人が掲載されていることがあります。過去にはチリ大使館の求人情報が掲載されたこともあり、チリ政府が現地スタッフを募集する時にも、活用しているようです。

 

チリ大使館の求人情報

 

実際に求人が出た時には、セルバンテス文化センターのFacebookページにおいても、告知がされるので、こちらをフォローしておくのが、一番楽かなと思います。
https://www.facebook.com/institutocervantestokio/

 

2:スペイン語で仕事
https://twitter.com/supeingokyujin

 

スペイン語関連の求人情報を集めて、ツイッター上で発信しているのが、『スペイン語で仕事』ですが、こちらでも、チリ大使館の求人案件が掲載されていたことがあります。

 

先ほど、過去のツイートを一通りチェックしてみたのですが、大使館求人の投稿で、確認出来た最も新しいものが2015年だったので、数としては、かなり少ないということになりますが・・・

 

チリ大使館の求人情報

 

チリ大使館の求人を押さえることが出来る貴重な情報源なので、こちらもフォローしておくことをオススメします。

 

3:ハローワーク

意外に思われる方もいるかもしれませんが、在日大使館の求人を探す時に、鉄板の媒体となるのが、品川のハローワークです。各国の大使館は、現地スタッフを募集する時に、ハローワークを利用することが多く、実は頻繁に求人が登場しています。

 

そして、大使館は港区内に集中しているため、港区を管轄する品川のハローワークに情報が集まってくるというわけです。

 

チリ以外も、アメリカ、イギリス、オーストラリア、フランス、ドイツなど、様々な大使館の求人が見つかるので、ぜひ、ハローワークに足を運んでチェックしてみてください。

 


ハローワークの求人は、インターネット上でも検索出来るのですが、全ての求人がネット上に掲載されているというわけではなさそうなので、窓口で確認したほうが、確実です。大使館の求人というのは、かなりレアなので、なおさらです。

 

4:在日チリ大使館公式サイト
http://chile.gob.cl/japon/en/

 

念のために、在日チリ大使館の公式サイトURLを記載しておきます。冒頭で触れたように、スタッフ募集の求人が出てくることは、まずないのですが、一応、確認しておいて損はないので、サイトの存在ぐらいは、頭に入れておいてください。

 

なお、サイトには、連絡先のメールアドレス、電話番号が載っているので、悠長に求人が出てくることを待ってはいられないという人は、直接問い合わせてみてもいいと思います。

 

チリ大使館の求人が見つからない時の代替案

ここまで、チリ大使館の求人情報を入手出来る可能性がある方法について、お伝えしてきましたが、そもそも、募集自体が1年に1回あるかどうかというレベルなので、大使館で働けるチャンスは、そうはないと考えてください。

 

そのため、チリ大使館の求人を探しつつも、代替となる選択肢についても考慮する必要があります。具体的には、もし、大使館という政府機関で働きたいというのであれば、チリ以外の国を当たってみることです。

 

アメリカのように、頻繁にスタッフを募集している大使館もあり、マーケティングや貿易促進、投資促進といった業務を担当する商務部スタッフの募集案件など、フルタイムで年収が700~800万円に到達するような、ハイレベルの案件もあります。

 

もちろん、大使館で働きたいと考える人が、最初に思い浮かべるであろう、事務・秘書・通訳といった求人も出ているので、国にこだわらなければ、希望通りの仕事に就ける可能性は、十分にあります。

 

逆に、チリという国にこだわりがあるのであれば、チリに進出している日系企業、もしくは、チリの会社と取引関係にあるような日系企業で働くというのが、有望な選択肢となります。

 

なかには、下記のように、サンチャゴで現地採用となるような仕事もあります。(現地採用となると、給与が低くなりがちなので、条件面を考えると、あまり魅力的な求人ではないのですが、現地に滞在出来る貴重なチャンスではあります。)

 

チリ大使館の求人情報

 

現在、チリに現地拠点を置く日系企業は、商社・メーカーを中心に約100社、拠点はないけれども、取引関係にある企業は、その数倍になります。

 

こういった企業に就職することで、チリと関わる形で、働ける可能性があり、これはチリ大使館で働く機会を探すよりは、よっぽど現実的な話となるので、ぜひ、こういったことも考えてみてください。

 

海外に進出している日系グローバル企業への転職支援を得意とする転職会社に問い合わせれば、こういった仕事で、求人が出ているか教えてくれるので、ぜひコンタクトしてみてください。下記の会社であれば、情報量が多いので、問い合わせ先として最適です。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ