フィリピン大使館・領事館の求人情報を得るには?

フィリピン大使館・領事館の求人情報を得るには、直接問い合わせる以外に手段はないかもしれません。

 

フィリピン大使館の求人

 

色々と調べてみましたが、フィリピン大使館の求人情報を得ることが出来るサイトはありませんでした。この系統の求人では鉄板の情報ソースであるJapan Timesでも、フィリピン大使館の求人広告が掲載されることはありません。

 

公式サイトのなかにも採用ページはないので、積極的に募集していることはないようです。
http://tokyo.philembassy.net/

 

各地の大使館・領事館に足を運んで、直接聞くぐらいのことをしないと、情報は入ってこないと思います。あまり役立たない話で申し訳ありませんが、これが実情です。

 

フィリピン大使館、領事館連絡先情報

 

■東京大使館

港区六本木5-15-5

電話:03-5562-1600

 

■大阪・神戸総領事館

大阪市中央区城見2-1-61 Twin21 MIDタワー24階

電話:06‐6910‐7881

 

■名古屋名誉総領事館

愛知県名古屋市中村区名駅4-9-8 豊田通商株式会社内

 

■札幌名誉領事館

札幌市西区八軒一条西一丁目1-26

電話:011-614-8090

 

■盛岡名誉領事館

岩手県盛岡市大通3-3-18 ホテル東日本 盛岡 5階

電話:019-625-2131

 

■那覇名誉領事館

宜野湾市新城2丁目35-1 アルジョンビル2階

電話:098‐892-5486

 

在フィリピン日本大使館の求人

 

これはオマケ情報ですが、フィリピンの日本大使館では、けっこう頻繁に現地採用の求人が発生しています。

 

在フィリピン日本大使館の求人

 

フィリピンでの就労資格をもっていて、タガログ語と英語、日本語が出来れば国籍問わず、誰でも応募することが出来るという案件が多いです。

 

日本人に住んでいる人は、縁がない話ではありますので、参考までにお伝えしておきます。

 

日系企業の社員として、フィリピンで働く

 

残念ながら、フィリピン大使館・領事館で働くというのは、現実的な選択肢ではありません。どうしても、フィリピンに関わる形で仕事がしたいということであれば、フィリピンと取引がある企業、フィリピンに進出している企業に就職することをオススメします。

 

現地に駐在員として派遣されることを前提とした求人も少なくありません。語学系の求人に強い転職エージェントであれば、様々な情報を持っているので、一度登録して話を聞いてみることをオススメします。

 

日本から派遣される形だと、給料も日本の水準で計算されます。日本並みの給料をもらないながら、フィリピンで暮らすとなると、かなり豪勢な暮らしが出来ます。

 

管理人の知り合いにも、SEとしてマニラに赴任している人間がいますが、日本にいる時よりも仕事は楽だし、贅沢が出来るということで、かなり満喫しています。

 

ちなみに、ちょっとしたテクニックですが、フィリピンは中小企業も数多く進出していますが、優秀な人材は大企業に流れてしまうので、常に人材不足です。現地語や英語が出来るとなったら、それだけでも優遇される可能性があり、案外穴場です。

 

勤務先を探す時には、ぜひ幅を広げて考えてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ