数が少ないノルウェー大使館の求人情報を入手するには?

ノルウェー大使館が、現地採用職員を募集する場合、公式サイト内の『イベント&カレンダー』カテゴリーにおいて、募集要項を告示することがありました。今後、新規求人が発生した時には、同じように告示される可能性が高いので、こまめに公式サイトをチェックすることをオススメします。
http://www.norway.or.jp/norwayandjapan/calendar/

 

ノルウェー大使館の求人情報

 

また、ノルウェー大使館では、Facebookページ、ツイッターアカウントを開設しており、最近は、ソーシャルメディアを積極的に活用しているので、どちらか(もしくは両方)を、必ずフォローしておくようにしてください。

 

なおツイッターについては、『NorwayinJapan』、『ErlingRimestad』の二つのアカウントがありますが、『NorwayinJapan』をフォローしておけば十分です。

 

こうやって、公式メディアを押さえておいて、あとは気長に待つというのが、最も基本的な探し方と言えます。

 

政府機関の求人を扱う転職エージェントに問い合わせてみる

民間の転職エージェントのなかには、各国大使館・領事館、政府観光局など、政府機関の求人を扱っているところもあります。

 

最も、豊富な実績を持つのが、リクルートエージェントであり、ここ数ヶ月でも、オーストラリア大使館の商務部やアメリカ大使館からの求人を扱っています。

 

ノルウェー大使館については、求人の発生頻度が少ないので、問い合わせたとしても、紹介してもらえる求人が無いという結果になる可能性が高いのですが、ダメ元で聞いてみる価値は十分あります。

 

また、リクルートエージェントに求職者登録(会員登録)をしておけば、今後、新規案件が発生した時に、メールで通知してもらうことが出来るので、情報源として活用することも出来ます。

 

また、同じように、品川のハローワークも、各国大使館の求人を扱っていることが多いので、こちらもチェックしてみてください。

 

ノルウェー大使館の求人がうまく見つからない時に、オススメの選択肢

最後に、これは補足ですが、ノルウェー大使館で働く機会というのは、極めて限られているので、時間をかけて探したとしても、うまく仕事に就けるかどうかは分かりません。(ダメだったという可能性のほうが高いと思います。)

 

そのため、代替の選択肢について考えることをオススメします。その一つは、違う国の政府機関で働くということです。一部の国においては、求人の発生頻度がかなり高くなっています。先ほども少し触れた、アメリカ、オーストラリアもそうですし、イギリス、韓国なども比較的多いです。

 

そのため、対象とする国を広げれば、大使館で働くチャンスを得ることは、十分に可能です。なかには、年収600万、1000万といった民間企業以上の給与がもらえる仕事もあるので、十分、本業として働けます。

 

また、もう一つの選択肢として、ノルウェーと関係性が深い民間企業で働くという考え方もあります。日系企業のなかには、ノルウェーの企業と取引関係にある会社が多数存在します。現地に事業拠点を設けている企業も、少なからず存在します。

 

こういった企業に勤務すれば、ノルウェーと密接に関係を持ちながら働くことが出来ます。(オスロに駐在して働くといったチャンスもあります。)

 

また、プスネス社(係船装置)、レロイ社(水産物)、ノルメカ社(災害救急用機材)など、日本に進出しているノルウェー企業も、少数ながら存在するので、こういった企業を狙うのもアリです。

 

これらの企業の求人を合計すれば、それなりの数になるので、十分、現実的な選択肢になり得ます。日系グローバル企業、外資系企業の求人に強い転職エージェントに相談すれば、ノルウェー関連の求人を紹介してもらえる可能性があるので、ぜひ一度連絡を取ってみてください。

 

<外資系企業、日系グローバル企業に強い転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ