数少ない駐仙台領事館の求人情報を確実に入手する方法

仙台は東北地方、最大の都市ということもあり、韓国、ドイツ、フランス、ニュージーランド等、様々な国が領事館を置いています。ただ、その大半は名誉領事(領事業務を委託された個人で、大企業の経営者や地元の名士が任命されるケースが多い)なので、規模としては小さなオフィスが多いこともあり、求人は、なかなか出てこないというのが、実情です。

 

駐仙台領事館の求人情報

 

ゼロというわけではないのですが、各国領事館の求人を合算しても、年間を通して見つかるのは、10を下回るかもしれません。東京であれば、最低でも100ぐらいは出てきますし、大阪や福岡といった大都市圏でも、数十の求人は発生しているので、それらの地域と比較すると、極めて限られた数になっています。

 

また、北日本において、領事館が存在する都市というのは、仙台以外では札幌と新潟ぐらいであり、仙台で求人がないから、近隣地域で探すといったことも難しい状況です。

 

そうなると、地道に求人をウォッチして、募集がかかった時には確実に見つけることが重要となりますが、領事館の求人情報を入手するには、どうすればいいのでしょうか。確実な方法は、次の2つとなります。

 

各国大使館の採用情報ページを定期的にチェックする

先進国の大使館を中心に、在日滞在者が多い国の大使館だと、自サイト内において、積極的に求人をかけているケースが少なくありません。そういった国の場合、地方に設置された領事館の求人も一緒に公開しているので、各国大使館のサイトをこまめに確認するのが重要になります。

 

大使館・領事館の求人というのは不定期で発生するので、いつチェックすべきなのか迷うところですが、一度募集がかかった場合、最低3~4週間程度の告知期間が設けられるのは確実なので、1ヶ月に1回程度のスパンでチェックすれば、チェック漏れが発生することはありません。

 

領事館の求人情報を扱う転職支援会社から、アラートしてもらう

民間の転職エージェントのなかには、在日公館の求人を取り扱っているところもあります。代表的なエージェントとしては、リクルートエージェント、DODA、マイナビ転職があげられます。また、公的機関であるハローワークが、大使館・領事館の求人を扱っていることもあります。

 

民間のエージェントの場合、公式サイト上において会員登録(求職者登録)を行えば、希望する求人が発生した時に、メールで通知してくれるサービスを利用することが出来ます。今回の領事館求人のように、発生頻度が少ない案件を狙う時には、自分で探す手間が省けるので便利なサービスです。無料で使えるので、是非活用してみてください。

 

ハローワークについては、こういったサービスは存在しないのですが、求職者登録をすれば、全国各地のハローワークが所有する求人を一括検索出来るようになるので、一つの情報源として、頭に入れておいて損はありません。

 

民間のエージェントには、転職相談を行うのもオススメ

ここまで、仙台領事館の求人情報を入手する方法についてお伝えしてきましたが、仕事に就けるチャンスはあるのかと言えば、限りなく『No』と言わざるを得ないのが正直なところです。そもそも、求人自体が殆ど存在しないのですから、どうしようもありません。

 

最初から諦める必要はありませんが、同時に代替の選択肢を考えるのが無難です。そこで、オススメなのが、上記でも触れた民間の転職エージェントに相談することです。彼らは民間企業、政府機関、教育機関、各種団体等、様々な求人を取り扱っています。

 

こういった仕事をしたいという希望を伝えれば、その条件に合う仕事を紹介してもらえますし、そのなかには、自分が全く知らなかったようなタイプの仕事が含まれている可能性もあります。転職エージェントに相談することで、新たな選択肢が見つかることは、十分に考えられます。

 

代替となる選択肢が見つかった場合には、転職に成功するためのサポートを受けたり、給与などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。自分一人で動くよりも、好条件で転職出来るケースが多いので、こういった活用法も頭に入れておいてください。

 

先ほど取り上げたリクルートエージェントDODAマイナビ転職は、大使館・領事館の求人を扱っているだけに、話が通じやすく、相談先として最適です。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ