現地スタッフを募集するサウジアラビア大使館の求人案件の探し方

サウジアラビア大使館の求人情報

 

このサイトでは、大使館からの求人情報の入手方法について、国別にお伝えしているのですが、正直なところ、サウジアラビア大使館となると、求人自体は少ないので、そもそも、情報を入手するのは、かなり難しいです。

 

当サイトでは、数ヶ月に1回、各国大使館・領事館の求人情報をチェックして、まとめるといった作業をしているのですが、その履歴をたどってみると、ここ最近でサウジアラビア大使館からの求人が見つかったのは、2014年の10月です。
https://goo.gl/49Fr7E

 

3年近く前の話になります。もちろん、当サイトが全ての求人を押さえられているとは断言出来ず、チェック漏れが生じている可能性もあるのですが、そう簡単には募集がかからないという事実には、変わりがありません。

 

恐らく、1年に1~2件の求人が出てくるかどうかでしょう。(現職のスタッフが、何らかの理由で辞めた時に、代替となる人材を募集するというケースが最も多いのではと思います。)

 

これが、アメリカやオーストラリア、イギリス、中国といった、組織規模の大きな在日大使館であれば、現地採用スタッフの数が多いので、求人枠もそれなりに存在するのですが、サウジアラビアとなると、枠自体がないので、やはり結論としては、難しいという話になります。

 

ただし、上記の例のように、ゼロというわけではないので、どうしても、サウジアラビア大使館で働きたいということであれば、こまめに求人情報をチェックしてみてください。

 

サウジアラビア大使館が募集をかける時には、Japan Timesの求人広告を利用するケースが多いので、ここが要チェックとなります。

 

また、在日大使館が求人を出す時には、ハローワークを利用するケースが多いです。サウジアラビア大使館の利用実績については、確認出来なかったのですが、可能性としては十分に考えられます。

 

サウジアラビア大使館の所在地は港区になるので、興味がある人は、港区を管轄する品川のハローワークに相談してみることをオススメします。(ちなみに、品川のハローワークには、様々な国の大使館からの求人が集まっているので、別の大使館の求人を紹介されるかもしれないです。)

 

補足)サウジアラビア大使館の新公式サイト

サウジアラビア大使館は、サイトのリニューアル作業を行っており、新サイトは既に公開されています。
http://embassies.mofa.gov.sa/sites/japan/EN/Pages/default.aspx

このサイトの下のほうに、careerという文言があり、こちらをクリックすると、下記のページにアクセスするようになっています。
http://jobs.mofa.gov.sa/Pages/default.aspx

アラビア語で書かれているので、サウジアラビア人向けに、転職情報をまとめているようなサイトなのだと思いますが、もしかしたら、在日大使館関連のことが書かれているかもしれません。

当サイト管理人はアラビア語が全く分からず、理解不能なので、正確なところはお伝え出来ないのですが、アラビア語が分かる人は、ぜひチェックしてみてください。

 

サウジアラビアと関係を持つ民間企業で働くという選択肢

ここまで、サウジアラビア大使館の求人情報の入手方法について、お伝えしてきましたが、元々、チャンスが少ないので、現実的には仕事に就くのは難しいと思います。そのため、代替となる選択肢についても、考えることをオススメします。

 

それが、サウジアラビアと関係を持つ民間企業に転職するという選択肢です。大手商社やゼネコン、メーカーなど、一部の大企業に限られるので、そう簡単に転職出来るわけではありません。よほどの武器がないと難しいです。

 

ただし、もし、アラビア語が出来たり、現地の慣習に精通しているなど、普通の人以上に、サウジアラビアに関する理解があれば、それは武器になる可能性があります。(中東は、日本人にとっては理解が浅い地域だけに、重宝される可能性は十分にあります。)

 

これも、あくまでも可能性なので、あまり期待し過ぎると、がっかりする結果に終わってしまうかもしれませんが、少なくても、サウジアラビア大使館で働く機会を得るよりは、現実的な話と言えることは間違いありません。

 

海外に進出している企業からの求人情報を扱っている転職会社に相談すれば、もしかしたら、求人を紹介してもらえるかもしれません。

 

下記に、相談先として頼りになる転職会社=海外進出企業の求人に強い転職会社をリストアップしておきますので、興味がある人は、一度連絡を取ってみてください。

 

 

※補足
大企業から中小・ベンチャーまで、中東やアフリカを、次世代の有力市場とみなして、参入を目指している企業は多いので、今後はサウジアラビア関連の求人が増えてくるかもしれないので、粘り強く探してみてください。

 

(最近の事例では、サウジアラビアでは、日本の100円ショップが人気で、新規参入を果たす企業が出てきます。)

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ