フランス政府観光局の求人情報を入手出来るサイトはどれ?

このページでは、フランス政府観光局の求人情報を得るための方法について解説しますが、その前に一つだけ確認事項です。

 

フランス政府観光局は2009年に観光開発機関オディット・フランスと統合され、フランス観光開発機構と名前が変わりました。政府観光局という機関は2014年現在においては存在していないので、そこは頭に入れておいてください。

 

では、フランス観光開発機構の求人情報を得るためには、どうすればいいのでしょうか?

 

最も確実なのは、フランス大使館公式サイトのなかにある人材募集ページを確認することです。
http://www.ambafrance-jp.org/-%E5%8B%9F%E9%9B%86%E6%83%85%E5%A0%B1-

 

フランス政府観光局

 

政府機関の求人情報が幅広く掲載されており、フランスの公的機関で働きたい人にとっては、第一にチェックすべきサイトとなります。

 

次に、フランス観光開発機構の公式サイト、Facebookページです。
http://jp.rendezvousenfrance.com/
https://www.facebook.com/franceiine

 

フランス観光開発機構

 

掲載頻度は少ないのですが、稀に採用情報が公開されることがあるので、こちらも要チェックです。

 

あとはJapan Timesの求人広告欄とネット上の求人サイトです。 下記のように開発機構の正社員が募集されていることもあります。

 

フランス観光開発機構の求人

 

随時、採用募集がかけられているわけではありませんが、リクルートエージェントやDODAといった転職サイトであれば、募集がかかった時にいち早く、その情報を入手出来る可能性が高いので、登録しておいて損はありません。

 

求人数は少ないのが実情

フランス観光開発機構の求人情報を入手するルートは幾つかありますが、採用数が絶対的に少ないのが実情であり、なかなか思うようにはいかないと思います。下手したら1年、2年、募集がかからないという可能性も十分にあり得ます。

 

そのため、民間企業で務めながらチャンスを待つという選択肢を検討する必要もあります。フランスと関わりのある仕事であれば、それは立派なキャリアとなるので、いざ求人が発生して応募したときに有利な立場になれます。

 

旅行・観光業界での経験があれば、尚良しです。

 

一番やってはいけないのは、適当にバイトをしながら求人を待つとか、語学学校に通ってフランス語を勉強しながら待つといったやりかたです。どこの国でもそうですが、政府観光局は即戦力を求める傾向が強いので、これまでの職務経験というのが、非常に重要になってきます。

 

いくらフランス語に堪能だったり、フランスのことに精通しているとしても、社会人としての経験が不足していたら、採用される可能性は低くなってしまいます。

 

仕事の能力を鍛えるには、実際に働くのが一番です。フランス観光開発機構に働くという目標から逆算して、どうするのが一番なのかということを考えて動くようにしましょう。

 

補足)政府機関の求人を扱う転職会社に相談してみる

最後に補足ですが、政府機関とのつながりが強い転職支援会社(人材紹介会社)に聞いてみるのもアリです。リクルートエージェントDODAといった大手エージェントであれば、各国大使館、政府観光局の求人の取り扱い実績があります。

 

残念ながら、フランス政府観光局の求人の取り扱い実績は確認出来なかったのですが、アメリカ、イギリス、台湾、タイなど、複数の観光局の求人をカバーしているので、フランス政府観光局の求人を紹介してもらえる可能性も十分にあります。ダメ元で問い合わせてみてください。

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

政府観光局の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、TOEIC700以上のスコアを持つ人であれば、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大。他の会社が扱っていないユニークな案件が多くなっています。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。ビジネスレベルの英語力を有することを前提条件とする求人案件を多数保有しているので、英語を活かして転職したい人は要チェック。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資企業の求人も多数。金融、IT業界の求人に強い。

コメントを残す

このページの先頭へ