イスラエル大使館の求人情報を探し出すための2つの方法

イスラエル大使館から人材募集の求人がかかることは、殆どありません。絶対的な採用枠(職員数)が少ないうえに、稀に発生したとしても、人づてやコネで決まってしまうからです。

 

イスラエル大使館の求人

 

アメリカ大使館やイギリス大使館のように、サイト上で募集するといったことは、まずありません。

 

そのため、非常に難しい状況ですが、それでも敢えて求人情報を入手する方法を考えてみると、可能性があるのは次の二つです。

 

公式メディアをチェック

イスラエル大使館は公式サイトとFacebookページを所有しています。こういったメディアで採用情報が公開されるケースもありえるので、常日頃からチェックしておくことをオススメします。

●公式サイト
http://embassies.gov.il/tokyo/Pages/default.aspx

●Facebookページ
https://www.facebook.com/IsraelinJapan

 

特にFacebookは更新頻度が高く、アナウンスが投稿されています。『いいね!』を押してフォローしておけば、投稿があった時には自動的に自分のウォールに表示されるので、見逃すことがなくて便利です。

 

日頃からイスラエル大使館とのネットワークを作っておく

イスラエル大使館の場合、求人情報が表に出てこないケースが多いので、日頃から人的ネットワークを作っておくことです。大使館主催のイベントに参加して、大使館の職員と仲良くなっておく。

 

あるいはイスラエル人の在日コミュニティに参加して、つながりを作るといったことです。イスラエルは日本に在住している人の数が少ないので、一度コミュニティと接点を持てば、大使館との人的つながりを作るのも簡単です。

 

こういった場所で『イスラエル大使館で働いてみたい』と伝えておけば、どこかから声がかかる可能性もあります。

 

もちろん、ここまでの話はあくまでも可能性の話であり、絶対にそうなるということではありません。もしかしたら、大使館の仕事にはつながらないかもしれません。

 

でも何もやらないよりは、確実にイスラエル大使館の求人に近づきます。やるかやらないかはあなた次第となります。

 

他の選択肢を考える

現実問題として、イスラエル大使館の職員として働くというのは、かなり難しいです。仮に働けたとしても、それがいつになるか分かりません。

 

他の大使館も視野に入れる、イスラエルと取引がある日系企業に入社するなど、ほかの方法を考えることをオススメします。このほうが現実的です。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ