イタリア大使館・領事館の求人情報を入手出来るサイト3選

イタリア大使館の求人情報を得るには、まずは大使館の公式サイトです。 普通、在日大使館のサイトは日本語で書かれているのですが、イタリア大使館の場合、全てイタリア語です。

http://www.ambtokyo.esteri.it/Ambasciata_Tokyo

 

大使館の求人を探しているぐらいであれば、言葉の問題はないと思います。イタリア語に不安がある人は求人情報にアクセス出来ないということになるので、職探しをする人にとっては好ましい状況かなと思います。

 

もう一つ、チェックしておきたいサイトが、イタリア文化会館です。海外とイタリアの文化交流を促進することを目的とした公的機関ですが、このサイトのなかで、イタリアの公的機関、イタリア企業の求人情報が公開されており、大使館の採用情報が掲載されていることもあります。

 

イタリア大使館の求人

 

ちなみに、こちらのサイトは日本語です^^

 

もう一つ、オススメのサイトは国際交流サービス協会です。

http://www.ihcsa.or.jp/

 

こちらにも海外絡みの求人情報が掲載されており、たまに大使館関連の情報も出てきます。 下記のように在イタリア日本大使館の求人といったものもあります。

 

在イタリア日本大使館の求人

 

イタリア大使館の求人は少ない

ただし、全体的にみて求人数は少ないのが実情です。イタリアと関わる仕事がしたいのであれば、外資系企業やイタリアに進出している日系企業、イタリア企業と取引関係にある日系企業を当たったほうが、仕事を得る可能性が広がるのは事実です。

 

・・・というより、むしろ、これが現実的な選択肢です。 イタリア大使館で働く機会を得るというのは奇跡に近いので、最初から諦める必要はないにしても、同時に民間企業で自分が満足出来る職場がないかどうか探すことをオススメします。

 

インテリアや建築、食品といった業界であれば日本に進出イタリア資本の企業が少なからず存在しますし、イタリアに進出している日系企業だと、メーカー(自動車、鉄鋼、消費財、メディカル、工作機械)、商社、物流会社などが存在します。

 

イタリアを含めて、ヨーロッパに駐在する可能性がある会社も存在するので、こちらのほうが大使館よりも、よっぽどイタリアと密に接する形で働けるかもしれません。

 

リクルートエージェントJACリクルートメントビズリーチといった転職エージェントであれば、イタリアに進出している日系企業の求人の取り扱い数が多いので、関心がある人は、是非一度問い合わせてみてください。彼らは外資企業の求人案件の取り扱い数も多いので、イタリア企業の求人を探す時にも頼りになります。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

イタリア語だけでなく英語も話せるとGOOD

語学に関してですが、もちろんイタリア語が話せるのは必須ですが、プラス英語が出来るかどうかで、採用される確率が大きく変わってきます。

 

断然、英語が出来たほうが好印象です。日本に進出している以上、日本人以外の外国人と関わるケースも多いので、そうなるとコミュニケーションは英語ということになります。

 

日本で働く以上、イタリア語だけ出来るということでは、なかなか通用しない面があるようです。

 

コネが強力

最後に、公的機関でも民間企業でも、人づて・コネというのも採用ルートとしてはバカに出来ないようです。そのため、在日イタリア人のコミュニティと接点があると、チャンスは一気に高くなります。

 

ぜひ、イタリア人と接点が持つようにしてください。『どうすればいいのか、サッパリ分からない』という人は、語学スクールです。イタリア人講師と仲良くなって、イタリアの公的機関や企業で働きたいということを伝えれば、もしかしたら、そこから何かがつながるかもしれません。

 

在日イタリア人の数は少ないので、それだけにコミュニティは濃密です。こういったコミュニティに入ることが出来れば、大きな武器となるので本気で仕事が欲しい人は、チャレンジしてみましょう。

 

イタリア大使館、領事館連絡先情報

■東京大使館
港区三田2丁目5-4
TEL:03-3453-5291

 

■大阪総領事館
大阪府北区中之島3-2-4 朝日新聞ビル11階
TEL:06-4706-5820

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ