カナダ領事館・大使館の求人情報が得られる媒体ベスト3

カナダ領事館

 

カナダ大使館、領事館の求人情報を入手したければ、公式サイトの採用情報ページを定期的にチェックするようにしましょう。

http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/offices-bureaux/jobs-travaux.aspx?lang=jpn

 

あとはJapan Timesの求人広告欄、および、転職支援会社に登録しておいて、求人があったら教えてもらうことです。

 

ただし、カナダ大使館、領事館で現地採用での求人枠が発生することは、それほど多くはないようです。どうしてもカナダという国にこだわりがあるのでなければ、アメリカ、フランスといった他の欧米大使館、領事館をあたったほうが早いかもしれません。

 

英語・フランス語を活かすという意味では一緒ですし、上記の転職支援会社に登録しておけば、あわせて情報を伝えてもらうことが出来ます。

 

プチネタ:在カナダ日本大使館の求人

これはたまたまかもしれませんが、カナダにある日本大使館では、ちょこちょこ求人が発生するという話を耳にしました。本当かどうかは分かりませんが、複数の人から同事に聞いたため、参考までにお伝えしておきます。

 

バンクーバー、トロント、カルガリー、モントリオールと複数の都市に領事館があり、カナダに在住している日本人は少ないので、そういったことも背景にあるのかもしれません。

 

採用枠があったとしても、日本に住んでいる日本人が募集出来るかどうかは職種によって違うので、必ずしも有効な求人情報があるというわけではありませんが、気になる人は、在カナダの日本大使館・領事館のサイトをチェックしてみてください。

http://www.ca.emb-japan.go.jp/JapaneseSite/index_j.htm

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ