ドイツ領事館・大使館の求人情報

ドイツ大使館・領事館では、公式サイトのほかTwitterでも求人募集をかけていることがあります。興味がある人は必ずフォローしておきましょう。

 

ドイツ領事館

 

また、転職支援サイトでも求人情報を入手することが出来ます。

 

ドイツ語関連求人情報

 

こちらは、2013年の始めにジョブセンスに掲載されていた求人情報です。技術営繕担当という、ちょっと変わった仕事です。

 

技術職で、かつドイツ語も操れる人間というのは、そういないので(この求人に応募があったのかどうか気になるところです)、もし条件に合う人がいたら、即採用なのではと思います。

 

リクルートエージェントリクナビNEXTDODAも領事館、大使館関連の求人に強いので、登録しておいて損はありません。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

友人・知人のツテも強い

あとは友人・知人関係のツテですね。日本にあるドイツ人のコミュニティは狭いので、ドイツ語を話せる日本人、ドイツ人との知り合いがいれば、情報が流れてくることは十分に考えられます。

 

語学スクールに通って、ドイツ人の先生と仲良くなるというのもアリです。

 

あるいは、日独協会のような二国間の交流促進を行っている団体が主催しているイベントなどに参加して、人脈を作るのもオススメです。 http://www.jdg.or.jp/

 

こういった場合には、領事館や大使館で働きたいという自分の希望を必ず伝えておくようにしてください。あなたの希望を知らなければ、誰もサポートしてくれません。どんどん口に出して言うことです。

 

日本に進出しているドイツ企業も有力な勤務先候補

もし、あなたがドイツ語を活かして働きたいと考えているのですが、日本にオフィスを構えているドイツ企業も勤務先候補となります。

 

英語や中国語と違って、ドイツ語を話せる日本人は少ないので、言葉が話せるというだけで就職のキッカケを掴める可能性があります。

 

先ほど触れた転職支援会社には、外資系企業の求人情報も集まるので、大使館・領事館の求人情報だけでなく、民間企業の募集状況についても確認しておいたほうがいいでしょう。思わぬ形で良い選択肢が出てくる可能性があります。

 

ドイツ大使館、領事館連絡先情報

■東京大使館
港区南麻布4-5-10
TEL:03-5791-7700

 

■大阪・神戸総領事館
大阪市北区大淀中1-1-88-3501
梅田スカイビル タワーイースト35F
TEL:06-6440-5070

 

■札幌名誉領事事務所
札幌市中央区北一条東4丁目8-1
サッポロファクトリーフロンティア館3F
サッポロビール(株)北海道本社
TEL:011-251-4174

 

■仙台名誉領事事務所
仙台市宮城野区榴岡4-1-1
株式会社ユアテック
TEL:022-296-2111

 

■名古屋名誉領事事務所
名古屋市東区東新町1番地
中部電力株式会社
TEL:052-951-8211

 

■福岡名誉領事事務所
福岡市博多区千代1-17-1
西部ガス株式会社
TEL:092-633-2239

 

■西原(沖縄)名誉領事事務所
中頭郡西原町字幸地586-15
TEL:098-945-7678

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ