在神戸領事館の求人情報を探すには?

神戸にはドイツ、オランダ、韓国等、様々な国が領事館を置いていますが、これらの領事館において、現地スタッフとして働くのは極めて難しいと考えてください。

 

絶対的な求人数が少ないためです。ただし、可能性はゼロではないので、最初から諦める必要はありません。

 

下記のページに、領事館の求人情報の入手方法についてまとめてありますので、参考にしてみてください。

 

在大阪領事館の求人情報を得るための4つの方法

 

大阪と書いてありますが、神戸においてもやりかたは全く一緒です。そっくり、そのまま活用出来るので、参考にしてみてください。

 

民間業者の社員として、領事館に派遣されるというやりかた

 

上記の方法に追加して、もう一つ領事館で働くやりかたを思い出したので追記しておきます。

 

それは、民間業者のスタッフとして領事館に派遣されるというやりかたです。各国大使館・領事館では清掃や調理、警備といった業務を民間業者に一括で業務委託するケースが増えています。

 

神戸にある領事館も例外では無いらしく、神戸の警備会社や清掃会社でスタッフを募集しているところが数社ありました。日本の会社で雇用されることになるので、それほど外国語(英語)は要求されません。

 

リーダー役のスタッフだと、領事館スタッフと話をしなければいけない場面が出てくるため、語学堪能な人が求められますが、その下のスタッフに関しては語学力ゼロでも十分です。

 

職種は限られてきますが、領事館スタッフとして直接採用されるよりも可能性があります。

 

民間企業で働くという選択肢

 

ただし、こういった手段を全て加味したうえでも、領事館で働くというのは難しいというのが正直なところです。下手したら1年を通じても採用枠が発生するのが数人という可能性もあります。

 

それでいて、領事館のスタッフというのは人気がある仕事なので、一度求人が公募されれば、応募者が殺到します。そう簡単に仕事を得ることは出来ません。

 

それを考えると、その国とつながりがあるような民間企業で働くというほうが現実的です。

 

神戸は日本を代表する商業港であり、海外絡みの求人は豊富です。自分が納得出来る仕事を探し出すのは決して難しいことではありません。

 

転職エージェントに希望を伝えれば、あなたの要望に近い案件があるかどうか確認してくれます。もちろん、希望に合った案件があれば、企業に紹介してもらえます。

 

民間企業の求人は非常に幅広く、思ってもみなかったような求人もあります。ぜひ一度相談してみてください。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ