在福岡領事館の求人情報を探す時に利用したい求人サイト一覧

福岡にある領事館の求人情報を探す場合には、各国大使館のサイトの採用情報ページをチェックするのが最も確実な方法です。ただし、採用情報を掲載している大使館は、ごく一部に限られます。

 

福岡の領事館求人

 

大使館以外だと、こちらのページでも書きましたが、大使館・領事館とつながりの強い団体のサイトの求人情報ページをチェックすることです。

 

この二つの情報ルート以外だと、民間の転職会社や求人サイトを利用することです。過去、在福岡の領事館が現地スタッフの募集案件を公開していたことがあります。

 

媒体は限られてしまうのですが、過去数年間において、掲載実績があるところをピックアップします。

 

 

あとは友達つながりといった口コミです。知りあいが領事館で働いていて、それで声をかけてもらってといった感じです。そんなつながりはないという人が大半だと思いますが、そういった人は領事館主催の国際交流イベントなどに参加して、スタッフの人と仲良くなれば、一つのつながりを作ることが出来ます。

 

こんなふうに地味に行動することが、情報入手につながります。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

民間企業で働くことも考えよう

 

以上のことを踏まえても、領事館で働く機会を得るのは極めて難しいでしょう。そもそも、求人自体が滅多にありません。世界各国の領事館を全部合わせても、現地採用スタッフの数は決して多くありません。

 

元々が狭いパイなわけですが、それでいて人気がある仕事なので、一度募集がかかれば、応募者が殺到します。求人倍率50倍なんていうのは普通、下手したら100人以上の応募者から一人を採用するといったケースもあります。

 

運もないと、そうそう働く機会を得ることは出来ません。

 

そこで発想を変える必要があるわけです。一つの選択肢として、自分がこだわりのある国に進出していたり、取引関係を持っている企業に務めるという考え方があります。

 

その国の母国語を話せるのであれば、現地駐在員という可能性もあります。もちろん、一般企業で理想通りの仕事に就くのも決して簡単ではありませんが、領事館で仕事を得ることと比較したら、遙かに現実的です。

 

ぜひ、こういったことも考えてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ