このページは飲食店業界の海外勤務案件を扱っている転職エージェントをリストアップしてみました。日本食は世界中で人気が出ているため、海外各地に出店する企業が増えており、年々求人数が増えています。

 

飲食店業界の海外勤務案件

 

ただし、全体的にみれば、まだまだこれからの分野でもあるので、求人案件を扱っているエージェントは限られてくるのが実情です。

 

今回は案件の保有数が多いエージェントを特に5社選んでいますが、調理経験がある人であれば、ファインドシェフエージェントが最もオススメです。案件数が多く、アフリカや中東といった他のエージェントがまず扱っていないような地域の求人も保有しています。

 

ただし、料理人・料理長の求人のみとなるので、日本での経験が豊富な人でないと活用するのは難しいでしょう。

 

未経験者や経験が浅い人が利用するのであれば、リクルートエージェントが最もオススメです。アジアに展開しているチェーン店からの店舗スタッフの募集案件が中心となっており、海外勤務に対応出来るのであれば、経験・スキルは問わないとする案件が多いので、やる気さえあれば採用される可能性が十分にあります。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

高年収のハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナルを募集する求人案件の取り扱いに特化しており、様々な業種における海外勤務案件を幅広く取り扱っています。

 

海外への進出に積極的な飲食店チェーンからの海外マーケティング業務(現地における新規店舗出店戦略、ローカル市場向け新メニュー企画開発、認知度向上のためのPR戦略)に従事する人材を募集する求人案件を扱っており、そのなかには、現地に赴任することが想定される案件も含まれています。

 

赴任先には主に東南アジア・東アジア・中国となるため、業種を問わず、これらの地域において働いてきた経験を有している人材が高く評価されており、異業種からの転職を考えている人にもチャンスがあると言えます。もちろん、飲食業界における勤務経験豊富な人は有利です。

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。海外勤務案件を多数保有しています。飲食業界における海外勤務案件に関しては、東南アジアや中国、北米において、店舗を展開している大手外食企業からの人材募集案件を保有しています。

 

現地での技術指導、KPI管理、QSC管理、パートナー企業との折衝・交渉、企画・プロモーションといった業務を担当するスーパーバイザーを募集する求人となり、飲食業界における店長・SV経験者であることが、応募条件となっています。

 

海外経験は不問、英語は初級程度でOKとされているので、実務経験さえ満たしていれば、誰でも応募可能です。年収は経験・実績を加味して算出されますが、平均500~800万と、なかなかの好条件となっています。

 

リクルートエージェント

8万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れているため、様々な業界の海外勤務案件を扱っています。

 

飲食店の求人に関しても、アジアに店舗を展開している飲食店チェーンを中心に、現地勤務が可能な人材を募集する転職案件を多数保有しています、居酒屋、和食、ラーメン屋、焼き肉レストラン等、ジャンルは様々です。

 

キッチンスタッフ、接客スタッフ、料理人といった一般スタッフから料理長、店長といった管理職まで、募集がかかっているポジションも様々です。数は少ないのですが、現地の店舗を複数管理する総マネージャー(エリアマネージャー)の募集案件が出ていることもあります。

 

海外勤務が可能であれば、業務経験は問わないとする求人も多いので、異業種からの転職を考えている人にとってはチャンスです。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

クックビズ

飲食店、食産業専門の求人情報サイト。飲食専門のコンサルティング会社が運営しており、転職支援サービスも提供されています。

 

クックビズには海外勤務の求人案件が常時掲載されています。海外に展開している飲食店チェーンからのキッチンスタッフ、調理スタッフ、店長候補の募集案件が中心です。勤務地としてはシンガポール、上海、ジャカルタといったアジア各国、及びハワイ・グアムといった地域が多くなっています。

 

海外勤務経験がない人間でも応募出来る求人が数多く出ています。

 

ファインドシェフエージェント

和食料理人の海外転職支援サービスを行っているエージェント。アジア、中東、北米、中南米、ヨーロッパ、アフリカ等、全世界を対象に料理人の求人案件を扱っています。

 

あくまでも調理経験があることが条件となっていますが、案件によっては1年程度の経験でも採用されるケースがあるので、業務経験がある人は要チェックです。

 

フードエージェント

フード業界専門の転職エージェント。国内飲食店からの求人が中心となりますが、シンガポールやホーチミンなど、アジア都市に出店している企業からの海外勤務案件が出ていることがあります。

 

海外勤務案件の場合、店長や料理長といった責任者として店舗を運営することが求められるマネージャークラスの求人の割合が多くなっています。

 

グルメキャリー

飲食店、レストラン専門の求人情報サイト。海外勤務の案件も掲載されています。全世界を対象にあらゆる地域の求人を扱っているのですが、まだまだ数は少なく、掲載数は常時10件前後となっています。

 

ただし、海外勤務の特集ページが設けられ、力を入れているので、今後掲載数が一気に増える可能性があります。