未経験者が海外営業に転職するには?

下記のページでも触れていますが、未経験者でも応募可能な求人が多いのが海外営業という仕事です。

 

  • 未経験者でも応募可能な海外営業求人情報
  •  

    特に今は、海外に進出する企業が多いため、海外顧客向けの営業が出来る人間に対する需要は、どんどん高まっています。

     

    未経験者の海外営業への転職

     

    そのため、未経験者でも、何もしなくてもそのまま転職出来る可能性は少なくないのですが、少しでも確率を高めておきたいものです。

     

    このページでは、そのために取り組めることをリストアップしていますので、参考にしてください。

     

    専門知識を磨く

     

    半導体、電気部品、電子部品、機械、化学、医療といった業界だと、営業マンといえども、その業界に関連する技術的専門知識に精通している必要があります。逆にいえば、そういった知識を持っている人間は、評価が高くなります。

     

    もし、あなたがこういった業界で働いているのであれば、少しでも専門知識を身につけておくことです。同時に、転職活動をする時にも、同じ業界をターゲットにすることで、成功確率がアップします。

     

    営業スキルを磨く

     

    国内営業で結果を出せる人間は、海外営業でも通用します。あなたが営業マンであれば、今の職場で実績を残せるように、仕事を頑張ることが海外営業職への転職に成功するための最短ルートです。

     

    ただ、海外営業は法人向け営業となるので、エンドユーザー向けの営業経験だと、ちょっとミスマッチが生じます。エンドユーザー向けの営業経験が全く評価されないというわけではないのですが、出来れば法人営業の経験を積んでおきたいところです。

     

    国内営業であれば、募集案件数は豊富ですし、採用のハードルも低いので、法人営業が出来る会社に勤務するという選択肢もアリです。

     

    語学を磨く

     

    海外営業は当然、英語で行うことになるので、語学力を磨くことはプラスです。ただし、上記の専門知識、営業スキルと比較すれば、重要度は低いと考えてください。

     

    • 英語だけが出来る人間
    • 英語はあまり出来ないけど営業慣れしている人間

     

    両者を比較すれば、戦力になるのは後者です。それだけ仕事の実務能力というのは重要です。逆に高い実務能力を兼ね備えている人であれば、英語はそこそこ出来れば(TOEIC500ぐらい)、営業という仕事を十分にこなすことが出来ます。

     

    ですから、語学を武器にして、海外営業職に転職しようという考えは持たないことです。専門知識、営業経験、どちらか、もしくは両方を兼ね備えている人が、プラスαの要素として身につけてこそ、役立つのが語学です。

     

    20代のうちに転職活動を始める

     

    ここまでの話とは、ちょっと方向性が違いますが、未経験者の場合、若いうちに動くことがポイントです。若ければ若いほど将来を見越してのポテンシャル採用のチャンスが広くなるからです。

     

    出来れば20代、遅くても32歳ぐらいまでには動くべきです。30代になると中堅社員として、即戦力の人材であることが求められます。この年代の中途採用は、管理職候補の人間しか採用しないという方針の会社も多く、未経験者の採用枠は一気に狭まります。

     

    実務経験を積みあげること

     

    結論としては、年齢という要素を抜きにすれば、ビジネスマンとしてのスキルを磨くことが海外営業への転職に成功するポイントということになります。

     

    結局は日本で1人のビジネスマンとして通用する人間であれば、海外営業でも活躍出来るし、従って、企業も採用するという理屈です。

     

    海外という言葉に惑わされて、特別なものだと思わないことです。逆に過度に『海外』ということを意識している人を企業は敬遠します。

     

    海外営業といえども、国内の取引先企業とのやりとりが発生することも多く、海外だけを担当するといったケースは減ってきているからです。

     

    国内だろうと海外だろうと、状況に応じて必要な相手と交渉して話をまとめることが出来る。現在、求められている海外営業マン像というのは、こういったものになります。

     

    繰り返しになりますが、まずは日本において結果を出すこと。それが海外営業への転職につながります。

    【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

    テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

     

    現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

     

    (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

     

    業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

     

    職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

    ビズリーチ

    なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

    海外営業職の求人に強い転職支援会社ベスト3

    外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

     

    コメントを残す

    このページの先頭へ