イギリス駐在員候補を募集する求人案件に強い転職会社8選

イギリス駐在の求人案件というのは、数としては少ないのが実情です。現地駐在員を募集する企業は多いのですが、勤務地別でみると、アジアの案件が圧倒的に多くなっています。欧米への駐在というのは、それほど多くはないため、求人情報を探すのは大変かもしれません。

 

イギリス駐在の求人

 

ただし、そうはいっても、常時、一定数の求人が発生しているのも事実なので、諦めずに可能性を探ってみましょう。下記のエージェントであれば、イギリス駐在の転職案件を扱っているので、相談に乗ってもらえるはずです。

 

特にリクルートエージェントは海外駐在員の転職案件に力を入れているため、求人情報が豊富です。このページにリストアップした他エージェントが保有している情報全てを合わせても、リクルートエージェント1社に勝てないかもしれません。

 

それくらい、情報量が多いので、ぜひ一度は話を聞いてみてください。(リクルート以外では、JAC、ビズリーチといったところが、比較的情報量が多いので、このあたりは2番手、3番手ということになります。)

 

 

JACリクルートメント

海外勤務案件の取り扱いを得意とする、日系グローバル企業、外資系企業専門の転職会社。アジア・太平洋地域における求人をメインとしつつ、イギリス駐在となる求人案件も、常時10~20件確保しているので、重要な情報源となります。

 

現地に事業拠点を構える日系メーカー(自動車・輸送機器、化学、機械、消費財等)、総合商社、金融機関(メガバンク、リージョナルバンク)、リース会社、コンサルティング会社、会計事務所などからの求人が中心となります。

 

募集職種については、海外営業、海外事業企画、経理財務、リスク管理、法務、システムコンサルタント、リスクコンサルタントといったところが、主なものとなります。

 

いずれも、該当業務に精通した即戦力の人材が求められているため、経験豊富な人でないと、応募しても採用されるチャンスはゼロに等しいでしょう。

 

求人によっては、海外駐在経験、イギリスでのビジネス経験が求められることもあり、ハードルは高いです。

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。海外絡みの転職案件を積極的に取り扱っているエージェントでもあり、世界各国の現地駐在員の募集案件を多数、保有しています。

 

イギリス駐在の求人案件だと、海外営業、もしくは現地子会社の工場への技術支援、スタッフ教育といった職種の募集が中心となっています。また、数は少ないのですが、子会社の経理スタッフとして赴任するといった案件、現地法人のマネジメントを行う管理職の募集案件も出ています。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

ビズリーチ

年収1000万円レベルのハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、及びマネジメント職の求人案件を多数保有しています。

 

海外勤務案件の取り扱いにも力を入れており、イギリス駐在員候補を募集する求人についても、常時30件近く確保しています。その大半は、マネージャークラスの求人となり、イギリス子会社の社長候補としての採用となる求人も出ています。

 

また、ビズリーチは海外税務に精通した会計士、金融システムの設計・開発に精通したシステムエンジニア、イギリスの商法に精通した弁護士等、高い専門知識を持つ人材を募集する求人も扱っています。

 

いずれも、年収1000万円を超える案件となっており、なかには1500万、2000万といった案件も含まれるので、キャリアアップ志向が強い人は、ぜひ問い合わせてみてください。

 

DODA

日系グローバル企業の求人案件を多数、扱っている転職エージェント。海外駐在員の求人案件を多数、保有しています。地域別でみるとアジアの割合が多く、ヨーロッパの案件は少ないのですが、イギリス駐在の案件も扱っているので、要チェックです。

 

事業企画・統括、商品企画、商品開発といったポジションの案件が多くなっています。経理職の求人も出ています。

 

マイケルペイジ

外資系企業、日系グローバル企業の求人専門の転職エージェント。欧州海外事業開発を担当するマネージャー、ディレクターを募集する案件を保有しています。イギリス、ドイツ、フランス、ロシアといった国々へ駐在することを予定しているといった案件が多くなっています。

 

マイナビ転職

20代後半から30代前半の若手ビジネスマン向けの転職支援を行っているエージェント。数は少ないのですが、イギリス駐在が予定されている案件を保有しています。営業、ITエンジニア(アプリケーション開発、インフラ設計)といった職種の案件が中心です。

 

ヒューマントラスト

人材派遣会社ですが、正社員の求人案件も扱っており、そのなかで海外駐在員の募集案件が出てくることがあります。イギリスをはじめとするヨーロッパ駐在の求人も扱っていますが、数が少ないのが実情です。

 

ジョブズ@

海外の求人情報を集めたサイト。現地企業の人材募集案件なので、駐在員の求人ではありませんが、就労ビザ取得のサポートもしてくれるため、現地で働くチャンスではあります。ロンドンをはじめとするイギリス国内の求人案件が多数掲載されているので、念のためお伝えしておきます。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

日本国内に100社以上存在する転職エージェントのなかでも、特に海外駐在員の募集案件が多いエージェントをリストアップしてみました。入社後、即赴任となるケース、半年から1年程度、日本国内で働いた後、現地に派遣されるケース、双方の求人を扱っています。

 

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在員を募集する求人についても、多数保有しています。北米、アジア、中国といった日本人にとって関係性の深い地域だけでなく、アフリカ、中近東、ロシアなど、あらゆる地域の求人を押さえているのが、大きな特徴。

  • JACリクルートメント

    Doda

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職会社。海外駐在員の募集案件を常時、300件近く保有しています。特に、中国・東南アジアへの赴任が想定される求人の取り扱い数が多くなっています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。海外駐在案件の取り扱いにも、力を入れています。マネージャークラス、経営幹部クラス(拠点長候補、工場長候補)の求人、及び、国際弁護士、会計士など、専門性の高いプロフェッショナル職の求人が中心です。

コメントを残す

このページの先頭へ