ハワイ駐在員の求人情報を探す方法は?

ハワイ駐在員の求人情報を探すのは、正直なところかなり大変です。求人の絶対数が少ないからです。

 

ハワイ駐在員の求人

 

ホテルや飲食店、旅行代理店といったサービス業を中心に、ハワイに進出している日系企業からのインターンシップや現地採用となる求人であれば、そこそこ数が出ていますが、駐在員となると狭き門です。現実的な選択肢ではないというのが率直なところです。

 

可能性があるとすれば、アメリカ駐在員の求人案件に強い転職エージェントに相談することです。すぐにハワイ駐在の案件が出てくる可能性は少ないのですが、求人登録をして地道に待っていれば、チャンスが出てくるかもしれません。

 

エージェントであれば、実際にどれくらいの頻度で求人が出てくるのかも把握しているので、詳しい状況を教えてくれるはずです。

 

下記のページにおいて、アメリカ駐在員の転職案件に強いエージェントをリストアップしていますので、参考にしてください。

 

アメリカ駐在員の求人案件に強い転職エージェント6選

 

ハワイ駐在は難しいので・・・

こんなふうに、ハワイ駐在員の求人を探すということは、ハワイという場所に愛着を持っておられる人だと思います。ハワイの雰囲気にハマる人は多く、管理人の友人でも年に数回ハワイに足を運ぶ人間がいるので、その気持ちは分かります。

 

ただし、働き場所として考えた場合には、やはり難しいというのは率直なところです。

 

アメリカ本土で働いてハワイに遊びに行くとか(カリフォルニアからなら5時間なので、日本より近いです。国内線で入国審査がないので楽です。)、東南アジアの駐在員を目指すとか(南国ということで、多少はハワイに近い感覚があります。)代替案を考えたほうがいいかもしれません。

 

正直、自分でも書いていて、代替案になるかどうかという感じですが・・・

 

本気でハワイ駐在を目指すのであれば、ハワイに進出している企業に日本で就職するのが一番近いかもしれません。数年はかかるかもしれませんが、恐らく一番現実的な選択肢です。

 

あまり有益な情報をお渡し出来ず申し訳ありませんが、何かしらのヒントになるものがあったのであれば嬉しく思います。ぜひ、ハワイに駐在するという夢を実現させてください!

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外駐在の求人に強い転職支援会社ベスト3

日本国内に100社以上存在する転職エージェントのなかでも、特に海外駐在員の募集案件が多いエージェントをリストアップしてみました。入社後、即赴任となるケース、半年から1年程度、日本国内で働いた後、現地に派遣されるケース、双方の求人を扱っています。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収1000万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。海外駐在案件の取り扱いにも、力を入れています。マネージャークラス、経営幹部クラス(拠点長候補、工場長候補)の求人、及び、国際弁護士、会計士など、専門性の高いプロフェッショナル職の求人が中心です。

  • JACリクルートメント

    Doda

    日系グローバル企業、外資系企業専門の転職会社。海外駐在員の募集案件を常時、300件近く保有しています。特に、中国・東南アジアへの赴任が想定される求人の取り扱い数が多くなっています。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。グローバルな仕事の取り扱いに力を入れており、海外駐在員を募集する求人についても、多数保有しています。北米、アジア、中国といった日本人にとって関係性の深い地域だけでなく、アフリカ、中近東、ロシアなど、あらゆる地域の求人を押さえているのが、大きな特徴。

コメントを残す

このページの先頭へ