フランス駐在員の求人というのは、アジア・北米といった地域と比較すると少なくなりますが、メーカーやサービス企業を中心に、常時一定の求人が発生しています。

 

フランス駐在の求人

 

フランス駐在の求人案件を扱っている転職エージェントは少ないのですが、下記のエージェントであれば、取り扱い実績が豊富なので、問いあわせれば、今現在、募集がかかっている求人情報を教えてくれるはずです。

 

また、求人登録をしておけば、フランス駐在員の募集案件が出たときに、すぐに教えてもらえるので便利です。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

保有する転職案件の大半が年収1000万円以上となるハイクラス求人専門の転職エージェント。管理職の募集案件が多く、海外駐在の案件に関しても、海外拠点、関連子会社のマネジメントを担当する管理責任者の求人が中心となります。

 

フランス駐在の求人となると、ヨーロッパに海外拠点をおく日系機械メーカー、化学メーカー、商社からの転職案件が中心となってきます。

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

JACリクルートメント

外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。世界各国における駐在員募集案件を扱っており、フランスへの駐在を想定した採用となる求人案件についても、常時保有しています。

 

メーカー(自動車・輸送機器、電機・電子、化学、消費財)からの求人が中心となります。職種については、海外営業、経理財務、人事などが、主立ったものとなります。現地の業務を統括するマネージャーとしての採用となる求人も少なくありません。

 

また、消費財メーカーに関しては、現地に展開している店舗のオペレーション業務(VMD、プロモーション、商品発注・管理、人事・労務管理)、新規出店準備業務、事業拡大のための情報収集・分析業務を担当する人材を募集する求人も出ています。

 

応募条件については、該当業務に関する実務経験を有することが、必須要件となります。また、企業によっては、応募者に対して、語学力や海外勤務経験、フランス滞在経験を求めるケースもあります。

 

逆に、実務経験さえあれば、語学力や海外経験は一切不問とする企業もあり、このあたりは求人ごとに違いが大きいので、個々に確認するようにしてください。

 

リクルートエージェント

保有求人案件数が日本で最も多い国内最大手の転職エージェント。海外駐在員を募集する求人案件を多数扱っています。

 

フランスに駐在する人材を募集する求人だと、メーカー(化粧品、アパレル、一般消費財、医療機器・製薬、機械、自動車・輸送機器、化学等)からのR&Dスタッフ募集案件、現地従業員のマネジメントを兼ねた海外営業担当者(販売ルート開拓、マーケティング、製品企画等)募集案件が中心となります。

 

これらの業務を統括する、マネージャーポジションの転職案件もあります。(応募資格は厳しくなりますが、年収700~1000万円オーバーの高給与案件となるので、キャリアアップ志向が強い人は、要チェックです。)

 

なお、リクルートが扱う求人は、2つのタイプに分かれます。一つは入社直後から、駐在員としてフランスに赴任するというタイプ、もう一つは国内勤務を経て、フランス勤務に移行するというタイプです。

 

後者の場合、実務経験さえあれば、語学力や海外経験などは、それほど厳しく問われないケースが多いので、国内でしか働いたことがない人にオススメです。(ただし、英語についてはTOEIC700程度のスキルがあったほうが有利です。)

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

 

特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

 

パソナグローバル

アジア、北米地域の求人案件の取り扱いに力を入れている転職エージェント。数は少ないのですが、ヨーロッパ、中南米といった他地域の案件も保有しています。

 

フランス駐在の求人だと、現地に進出している日系食品メーカー、サービス企業(マッサージ、エステ等)からの店舗統括・管理責任者を募集する案件を扱っています。人員配置や教育指導、売り上げ管理、経理、販促・プロモーション管理といった業務が中心となります。

 

接客業になるため、ラグジュアリーホテルや航空会社、ハイブランドでの接客経験があることが必須となっています。

 

DODA

日系グローバル企業の求人案件に力を入れている転職エージェント。機械メーカー、電子部品メーカー等、製造企業からの求人でフランス駐在員を募集する案件が出ています。職種としては現地で市場開拓、既存顧客とのリレーション強化を行う海外営業・セールスプロモーションが中心となります。

 

営業系以外の職種としては、資材調達、購買、物流管理、在庫管理といったサプライチェーンマネジメントに関連するポジションの求人が発生しています。

 

エン転職コンサルタント

30代以降の中堅ビジネスマンの転職活動支援に力を入れているエージェント。ヨーロッパに拠点を置くメーカー、商社からの求人でフランス駐在員を募集する案件を扱っています。職種としては海外営業が多くなっています。