【福岡】英文経理の求人案件に強い転職エージェント5選

福岡で英文経理の仕事を探すのは、かなり難しいです。求人数そのものが絶対的に少ないからです。派遣社員の案件すら、あまり数はありません。

 

一般経理事務の求人であれば、案件数は豊富です。未経験者でも応募可能な仕事も多いので、経理関係の仕事がしたいというのであれば、一般経理の仕事を探すのが現実的です。

 

また、英語を使って働きたいというのであれば、英文事務や貿易事務の案件であれば、福岡地域でも一定数の求人がありますので、こういった職種も選択肢として考慮してみてください。

 

福岡県の英文経理求人

 

一応、このページでは英文経理の求人案件を扱っている転職エージェント、派遣会社をリストアップしていますが、簡単に希望に合った仕事がみつかる可能性は低いかなというのが正直なところです。

 

リクナビ派遣

紹介予定派遣での紹介案件が多数、掲載されているサイト。福岡エリアだと、経理関係の仕事で未経験者でも応募可能な案件が少なくありません。ただ、英文経理の案件だと数が絞られてきます。一般経理の募集案件は豊富です。

 

リクルートエージェント

語学が必要となる職種の転職支援に力を入れており、抱えている案件数は日本でも有数なのですが、福岡の英文経理ということになると、殆ど数がないのが実情です。

 

※補足
リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

 

そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

 

 

エリートネットワーク

20代、30代の転職支援に力を入れている人材紹介会社。経理・財務の求人に強く、英文経理でも最初から正社員として採用される求人案件を抱えていますが、数は少なめです。

 

マイナビエージェント

こちらも20代、30代向けの転職案件に力を入れている転職エージェント。

 

ランスタッド

紹介予定派遣で英文経理の案件があり。ただし、こちらも福岡エリアとなると、数が少なくなります。

 

どうしても、英文経理の仕事がしたいのであれば・・・

 

英部経理という仕事以外で妥協するという選択肢は考えたくない人、どうしても、この仕事を追求したいという人は勤務地を変えることも考えたほうがいいでしょう。

 

東京・大阪であれば、いくらでも案件はあります。そういった意味で、全国規模で転職支援を行っている転職エージェントに相談してみるのもオススメです。

 

全国各地の状況について把握しているので、地域ごとの英文経理の求人動向を聞けば、丁寧に教えてくれるはずです。現地のオフィスを通じて、求人案件を探してもらうことも出来ます。

 

上記でお伝えした会社は、すべて全国規模なので、相談可能です。

 

それらにプラスして、東京・大阪であれば、経理・財務の転職支援に特化したエージェント、外資系企業の求人に特化したエージェントなども存在するので、こういったところに相談するのもアリです。

 

下記ページに、東京・大阪、各エリアで信頼出来るエージェントをリストアップしているので、合わせて参考にしてみてください。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

海外経理の求人に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ