【勤務地:沖縄】英語が出来る看護師を募集する求人案件に強い転職会社5選

沖縄は米軍関係者をはじめとする外国人居住者が多いという土地柄を反映して、英語でコミュニケーションが取れる看護師を募集する求人が非常に多くなっています。看護師の求人で、語学力が問われる案件というのは、まだまだ少ないのですが、沖縄に関しては、だいぶ事情が違います。

 

沖縄の英語が得意な看護師求人

 

看護師としての勤務経験が少ない人でも、英語が出来るというだけで、高給取りになれる可能性もあります。また、看護師の経験を活かして、製薬会社やSMO企業に転職するといった選択肢もあり、沖縄にはメディカル企業が多いので、この系統の求人も豊富です。

 

全体的な傾向として、英語が出来る看護師というのは歓迎されているので、転職先を探し出すのは簡単と考えてください。具体的な探し方としては、下記の転職エージェントに相談することをオススメします。

 

看護のお仕事、ナースではたらこ、ジョブデポ看護師はタイトルを見れば分かるように、看護師専門の転職エージェントであり、看護師向けの求人案件を多数保有しています。

 

看護のお仕事は、看護師専門の転職会社のなかでは、最大手となるエージェント。英語が出来る看護師を募集する求人の保有数についてもダントツで多いので、仕事を探す時には、真っ先に問い合わせるべき存在です。12万円の転職祝い金が貰えるのも、大きな魅力です。

 

また、ナースではたらこは保有求人数が10万件近くになり、業界内でもNo.1の情報量を誇ります。

 

沖縄県内の総合病院、各種クリニック、美容外科等、様々な医療機関からの求人で、英語が出来る看護師の募集案件を扱っているので、転職活動を行う時には、最初にコンタクトしておくべきエージェントと言えます。

 

ジョブデポ看護師は、看護のお仕事やナースではたらこと比較すると、保有求人数が少なくなるのですが、それでも数万単位の求人を扱っていること、ジョブデポ経由で転職が決まった場合、最大40万円の祝い金をもらえるといった特典を考えると、こちらも問い合わせておいて、損がないエージェントです。

 

ただし、英語力を活かせる職場という条件で考えると、圧倒的に看護のお仕事やナースではたらこのほうが仕事を紹介してもらえる可能性が高いので、あくまでもサブ的に利用するというのが妥当です。

 

リクルートエージェントとDODAは、一般企業の求人を扱う総合エージェントであり、病院勤務となる看護師の求人案件は取り扱っていません。一方、製薬会社や医療機器メーカーなどの民間企業からの求人で、看護師の有資格者が募集されている案件を保有しています。

 

沖縄県内に事業拠点、研究拠点を構える企業からの求人で、英語が堪能な看護師を募集する求人案件を扱っていることもあるので、民間企業への転職を考えている人は要問い合わせです。特に、リクルートエージェントは語学が得意な人材の転職支援サービスに力をいれており、ビジネスレベルのスキル(TOEIC700以上)があれば、仕事を紹介してもらえる可能性が高いです。

 

転職エージェントはほかにも存在しますが、この5社をあたれば、現存する求人案件を一通り押さえることが出来ます。

 

給与水準が低い沖縄においては、看護師というのは収入レベルが高い職種であり、英語が出来るとなると、さらに優遇されます。貴重な仕事ですが、有効求人数は多いので、探せば何らかの仕事が見つかると思います。是非、可能性を模索してみてください。

 

2017年3月17日補足)英語を活かせる職場が増えている

最近の傾向としては、沖縄県内においては、英語を操れる看護師に対する需要の幅が広がっており、病院以外からの求人が、見受けられるようになっています。最近の事例では、恩納村にある大学から、学校内保健センターの保健師を募集する求人がありました。

 

海外からの留学生を積極的に受け入れている大学であり、キャンパス内の共通語が英語なので、英語で対応出来る看護師が必要ということでの求人です。(日本語が出来ない学生もいるので、英語対応というのは、かなり重要な位置づけとなっています。)

 

また、もう一つの事例としては、緩和ケアを担当する看護師を募集する求人がありました。一般病棟も併設している施設なのですが、日本に5カ所しかない、米国領事館指定検診施設に認定されているため、外国人患者も多数、来院します。

 

そのため、英語が出来る場合、緩和ケアと並行して、外国人患者の対応も任されるようになっているようです。

 

沖縄は、元々、英語対応の病院が多いエリアなので、英語が流ちょうに話せる看護師に対する需要には根強いものがありますが、訪日・在留外国人が急増していることもあり、その傾向は、ますます強くなっていますし、今後も続くでしょう。

 

英語を活かして働きたいと考えている人にとっては、望ましい状況と言えます。ぜひ、色々と可能性を模索してみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

英語が得意な看護師を募集する求人を扱う転職会社ベスト3

ビジネスレベルの英語力を有する看護師を募集する求人案件を扱っている代表的な転職会社をリストアップしています。医療機関、民間企業、双方の求人をカバーしているので、選択肢は豊富です。

 

  • 看護のお仕事

    看護のお仕事

    看護師専門の転職会社のなかでは、最大手となるエージェント。英語が出来る看護師を募集する求人の保有数についてもダントツで多いので、仕事を探す時には、真っ先に問い合わせるべき存在です。12万円の転職祝い金が貰えるのも、大きな魅力です。

  • ナースではたらこ

    ナースではたらこ こちらも看護師専門の転職会社としては、大手にあたる存在。保有求人数が非常に多く、英語力が必須となる求人案件の取り扱い実績もあるので、『看護のお仕事』同様、一度は問い合わせておきたいところです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、看護師向けの求人も押さえています。

コメントを残す

このページの先頭へ