【要英語力】薬剤師の求人情報に強い転職エージェント5選

薬剤師の求人において、英語が話せる人材に対するニーズが増加傾向にあります。外国人が多い地域の薬局、海外企業と協力して臨床試験を進めることが多いCRO企業などが中心です。

 

英語が求められる薬剤師の求人

 

転職エージェントに相談すれば、語学力が求められる求人を教えてもらえるので、一度相談してみてください。下記のエージェントであれば、業界大手で報酬している求人数が多いので確実です。

 

 

この3社で、日本全体の薬剤師求人をほぼカバーしています。いずれかのエージェントに相談して、希望に合う求人がなかった場合にも、別のエージェントに相談すれば、まず就職先候補がみつかるはずです。

 

プラス、外資系CRO企業や医薬品メーカーを狙うのであれば、下記のエージェントにも相談してみてください。

 

 

どちらも外資系企業の求人に強い転職エージェントなので、情報量が豊富です。マネージャークラスの案件も豊富です。

 

薬剤師に求められる語学力は?

 

他の業種と比較しても、薬剤師に求められる語学力は高めと考えてください。

 

調剤薬局の場合、外国人相手に服薬指導をしなければいけないので、流ちょうにコミュニケーションを取れるだけの会話力が必須です。

 

CRO企業でも、臨床試験に関して外国人と意思疎通を図りながら進めることになるので、ネイティブクラスの英語力が必須です。

 

医療というシビアな世界であるだけに、『言葉が分からないから』では通用しません。日本語と同じように業務をこなせるだけのレベルにあることが絶対条件です。

 

薬剤師の英語の学び方

 

薬剤師にとって必要な英語というのは、二つのカテゴリーに分かれます。一つは一般的な英語、もう一つは医療用語です。

 

一般英語については、いくらでも参考書や教材、スクールがあるので、勉強するのに困ることはないはずです。一方、医療用語に関しては、なかなか学ぶ場がないのですが、アマゾンで検索すれば、専門書が数冊出てくるので、こういったものを利用して知識を増やしていくことになります。

 

尚、医療英語を学ぶコースを設けている薬学部が増えているので、大学在学中のうちに学んでおくことが出来れば理想的です。英語の勉強というのは時間がかかるものなので、働き始めてからだと、なかなか取り組むことが出来ないものです。

 

時間的余裕が取れやすい学生のうちに勉強しておくことをオススメします。

英語が得意な看護師を募集する求人を扱う転職会社ベスト3

ビジネスレベルの英語力を有する看護師を募集する求人案件を扱っている代表的な転職会社をリストアップしています。医療機関、民間企業、双方の求人をカバーしているので、選択肢は豊富です。

 

  • ナースではたらこ

    ナースではたらこ 看護師専門の転職会社のなかでは、最大手となるエージェント。英語が出来る看護師を募集する求人の保有数についてもダントツで多いので、仕事を探す時には、真っ先に問い合わせるべき存在です。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、看護師向けの求人も押さえています。

  • ナースJJ

    ナースJJ

    看護師専門の転職会社。ナースではたらこと比較すると、英語関連の求人は限られていますが、転職祝い金がもらえるので、もし、ナースではたらこで満足出来る仕事が見つかった場合には、こちらから応募したほうがお得です。

コメントを残す

このページの先頭へ