立川で英語を使う仕事を探すときに利用したいサイト4選

フルタイムの仕事ということで考えると、立川で英語を活かして働くことが出来る職場として代表的なものは外資の生命保険会社です。営業、経理、システムアナリスト、SEなど、様々な職種で語学スキルを持つ人材を募集する案件が出ています。

 

立川の英語求人

 

派遣社員としての雇用となるケースが大半ですが、なかには正社員登用を前提とした紹介予定派遣案件も出ているので、このあたりが狙い目となります。

 

それ以外だと、めぼしい仕事は殆どないというのが実情です。幼児英会話教室の講師や塾教師といった仕事はありますが、パートタイムのアルバイトとしての契約となるので、正社員の仕事を探している人には不向きです。

 

社員規模が数名の地元の小さな会社からの求人で、英語が活かせる仕事が出てくることもあるようですが、これもレアなケースです。

 

状況を考えると、英語という条件をつけると、立川で仕事をみつけるのはほぼ不可能と考えたほうがいいでしょう。近隣地域でも同じような状況です。府中、日野でメーカーからの求人が多少発生するといった程度です。

 

現実的には都内で職探しをするのが妥当です。都心であれば、好条件の仕事で溢れています。スキル・実績次第で、幾らでも給与はアップしますし、やりがいのある仕事が多いです。

 

仮に立川で仕事をみつけたとしても、条件面では都心の仕事より一歩劣ります。本当に実力がある人であれば、都心の会社に勤務したほうが間違いなくプラスになります。

 

下記に、都心で職探しをする時に力となってくれる転職エージェントをリストアップしていますので、ぜひ一度話を聞いてみてください。

 

  • 【東京】英語を使う仕事 正社員求人に強い転職サイト9選
  •  

    ここまでの話を前提として、それでも立川で職探しをするということであれば、情報源として役立ちそうなサイトを4つあげさせて頂きますので、参考にして頂ければと思います。

     

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系企業専門の転職エージェントなので、英語が得意な人材の転職支援実績が豊富です。立川市が勤務地となる求人についても、募集案件を扱っていることがあるので、要チェックです。

     

    数は少ないので、タイミングによっては、紹介してもらえる仕事は存在しないというケースもありますが、求人が出ている時には、たいてい好条件となっているので、ダメ元でチェックしておくことをオススメします。

     

    発生しているとすれば、下記のような求人が中心となります。

     

    外資系保険会社

    • 営業
    • 経理
    • システムアナリスト
    • SE

     

    なお、サイトをチェックして求人が出てこない場合には、求職者登録(会員登録)をすることで、非公開の求人を閲覧出来るようになりますが、ここで求人が見つかることもあるので、ぜひ登録してみてください。

     

    もしくは、登録後、直接問い合わせるというのもアリです。ただし、注意点としては、JACは実務経験者を募集する求人が大半なので、該当業務に関する実務経験が最低2~3年は必要と考えてください。

     

    リクナビ派遣

    派遣社員の求人情報サイトですが、紹介予定派遣の案件も掲載しています。冒頭でお伝えした外資保険会社の求人に関しても、案件が出るたびに、ほぼ確実に掲載されています。

     

    ハローワーク

    ハローワークにも、語学スキルが求められる求人案件が集まってきます。特に地元の小さな企業からの求人が多いのが特徴です。

     

    都心のような場所だと、民間の転職エージェントを活用する企業が多くなるので、情報量が圧倒的に多くなりますが、逆に会社規模が小さな会社が多い場所だと、ハローワークのほうが保有する情報量が上になります。

     

    立川でも、この傾向があるので、ハローワークを有効活用してください。インターネットから求人情報を検索することが出来ますが、一度は実際に足を運んでみることをオススメします。スタッフの人から現状や今後の可能性について貴重な話を聞ける可能性があります。

     

    リクルートエージェント

    8万件以上の求人数を誇る国内最大手転職エージェント。同業他社が扱っていない案件を数多く保有しています。もし、立川での仕事を紹介してくれるエージェントがいるとしたら、リクルートが最も可能性が高いと言えるので、ダメ元で問い合わせてみてください。

     

    ※補足
    リクルートエージェントは、元々、英語が得意な人の転職支援に力を入れていましたが、最近では、入社後、勉強して身につけることを条件に、今現在の英語力については不問とする採用方針を採る企業からの求人についても、取り扱うようになっています。

     

    そのなかには、海外出張や海外勤務の機会が想定される求人も含まれるので、興味がある人は、リクルートに相談してみてください。

     

    なお、20代・30代の人には、マイナビエージェントという転職会社もオススメです。リクルートとは、また違った系統の求人を確保しているので、両者をダブルで利用すると、多角的に情報を集められるので、よりチャンスが広がります。

     

    特に、第二新卒者の場合、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。一方、30代後半以降の経験豊富な人の場合、マイナビはそれほど良い求人を扱っているわけではないので、それほど期待は出来ないです。(他社のほうがオススメです。)

     

    【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

    テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

     

    現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

     

    (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

     

    業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

     

    職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

    ビズリーチ

    なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

    英語正社員の求人に強い転職支援会社ベスト3

    外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

     

    • JACリクルートメント

      JACリクルートメント

      外資系企業、日系グローバル企業専門の転職会社。ビジネスレベルの英語力を有することを前提条件とする求人案件を多数保有しているので、英語を活かして転職したい人は要チェック。

    • リクルートエージェント

      リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。英語が得意な人材の転職支援に力を入れており、TOEIC700以上のスコアを持つ人であれば、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大。他の会社が扱っていないユニークな案件が多くなっています。

    • ビズリーチ

      ビズリーチ

      年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資企業の求人も多数。金融、IT業界の求人に強い。

    コメントを残す

    このページの先頭へ