イタリア語が必要とされる求人案件を保有する転職会社4選

イタリア語が必要とされる仕事というのは、決して数は多くないのですが、常時一定数の求人が発生しています。イタリアからワインや食品を輸入する商社、流通小売業者やアパレルメーカー、イタリアに進出している日系メーカーなどが主な求人元企業となります。

 

イタリア語が必要とされる求人案件

 

また、イタリア系自動車メーカーや家電メーカーの日本法人からの求人で、イタリア語が堪能な人材を募集する求人が出ていることもあります。

 

ただし、イタリア語に対する要求度は企業によって、かなり差があります。イタリア語スキルが必須とする求人もあれば、出来れば歓迎、出来なくても応募可といった求人もあります。求められるレベルについても、ビジネスレベルから簡単な読み書き程度の初級レベルまで、マチマチです。

 

また、英語やフランス語、ドイツ語等、他言語のスキルが要求されるケースも少なくありません。特に英語に関しては、ビジネスレベルが必須とされる求人の割合が高いので、英語をマスターしているかどうかで、仕事に就ける可能性が大きく変わってくると考えてください。

 

おおむね、こういった状況ですが、いずれにしても、イタリア語が求められる求人は確実に存在するので、是非可能性を模索してみてください。なお、勤務地別にみると、圧倒的に東京を中心とした大都市圏に集中しています。地方の人が仕事を探すのは、かなり難しいので、その点は要注意です。

 

下記にイタリア語が出来る人材を募集する求人案件の取り扱い実績が豊富な転職エージェントをリストアップしていますので、詳細については直接問い合わせてみてください。

 

ビズリーチ

ビズリーチは最後まで職務経歴書を記入しないと、求人案件を紹介してもらえません。登録作業は数分で済むので、最後までキチンと入力しておきましょう。僅か数分で有力な転職先がみつかるどうかが大きく違ってきます。特に現在の年収が750万円を超える人の場合、より好条件の求人を同時に複数紹介してもらえる可能性が大です。

 

高年収のハイクラス求人専門の転職エージェント。専門性の高いプロフェッショナル職、及びマネジメント職の求人案件を多数保有しています。海外勤務案件の取り扱いにも力をいれており、イタリアに進出している日系メーカーからの求人で、経営幹部(CEO、CFO)として現地に駐在する人材を募集する案件を保有しています。

 

イタリア語で事業運営を遂行することになるため、語学に精通していることが必須条件となっています。部長レベルの管理職経験があることを応募資格とする企業が大半です。

 

ハイクラス案件については、クライス&カンパニーというヘッドハンティング会社も、非常に取り扱い数が非常に多くなっています。

 

特に、20代後半から30代のキャリアアップ支援、40代エグゼクティブの転職支援を得意としているので、該当する人は、こちらもチェックしてみてください。
クライス&カンパニー

 

JACリクルートメント

日系グローバル企業、外資系企業の求人に強い人材紹介会社。イタリアに進出している日系メーカーや商社、日本に子会社を置くイタリア系メーカーからの求人で、ビジネスコミュニケーションに支障がないレベルで、イタリア語を操ることが出来る人材を募集する求人案件を扱っています。

 

職種としては海外営業、経営企画、経理財務、生産企画などが中心となります。イタリア語に加えて、英語力が求められる案件も多いです。

 

※補足
このところ、JACは現職者の転職支援に力を入れており、離職中の人の場合、よほどの経験・スキルがないと、有望な求人を紹介してもらうのは難しくなっています。

 

(経験・スキルの定義が難しいのですが、前職の給与が年収600万を超えるぐらいであれば、まず大丈夫です。)

 

この条件に当てはまらない人は、後にも触れているリクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。

 

(この年代のビジネスマンであれば、経歴不問で募集をかけている企業の求人を多数扱っており、そのなかには大手も含まれているので、なかなか悪くないです。)

 

 

リクルートエージェント

9万件以上の求人案件を保有する国内最大手転職エージェント。語学が得意な人材の転職支援に力をいれており、英語を中心に様々な言語に精通している人材を募集する求人案件を多数保有しています。

 

イタリア語関連の求人だと、イタリアから商品を輸入する商社や流通小売業者、オンラインショップ運営会社からの海外営業、調達購買(バイヤー)、イタリアに生産工場や営業拠点を持つ日系メーカー(自動車、機械、電機・電子、アパレル等)からの海外営業、生産管理・品質管理、生産企画といった職種の求人案件を扱っています。

 

イタリアに定期的に出張することや、現地に駐在することが想定される案件も少なくないので、海外勤務に興味がある人は、特に要チェックです。

 

このページでリストアップしている転職会社のなかでも、最も仕事を紹介してもらえる可能性が高いのがリクルートエージェントなので、イタリア語を活かして働く仕事を探す時には、一度はコンタクトしておくことをオススメします。

 

IT転職ナビ

IT業界、ゲーム業界専門の転職エージェント。オンラインゲームやソーシャルゲームの開発会社からの求人で、イタリア語に堪能な人材を募集する案件を扱っています。ゲームをイタリア語に翻訳するローカライズスタッフの募集案件となります。

 

実務経験は問われない求人が大半なので、イタリア語が出来れば採用される可能性が十分にあります。自宅勤務を可能とする企業もあるので、地方に住んでいる人にもチャンスがあります。翻訳経験者、及び、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語等、別言語も出来るバイリンガル、トリリンガルであれば、好条件で採用される可能性が高いので、興味がある人は是非、エージェントに問い合わせてみてください。

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ