ルーマニア語が出来る人材を募集する求人情報の探し方

このサイトでは、英語だけでなく、様々な言語を対象に、語学を活かして働けるような仕事に関する求人情報の探し方についてまとめていますが、ルーマニア語となると、なかなか大変です。言うまでもありませんが、絶対的な仕事の数が少ないからです。

 

ルーマニア語を活かす求人情報

 

かといって、求人がゼロというわけではありません。探せば、それなりの数の求人が見つかります。このページでは、ルーマニア語を操れる人材を募集する求人情報の探し方について、色々とまとめています。

 

なかには、もしかしたら、今の自分には現実的ではないという仕事もあるかもしれませんが、一つの選択肢ということで、お伝えしておきますので、参考にして頂ければと思います。

 

ルーマニアで働く(ビザサポートアリ)

まず、最も難しいように思えるかもしれませんが、十分に現実的な選択肢として、ルーマニアで働くという方法があります。

 

ルーマニアに現地拠点を置く日系企業が主な求人元となりますが、稀に日本語が出来る人材を募集する外国企業からも、求人が出ていることもあります。ちなみに、外国企業というのは、ルーマニア企業だけでなく、ドイツやアメリカの企業も含まれます。

 

いずれにしても、このケースにおいては、日本語、英語、ルーマニア語が出来ることを条件とする求人が多く、語学力に関する要求度が高いのが、特徴です。そのかわり、この条件を満たせば、年齢や国籍は不問とされることが多いので、誰にでもチャンスがあります。

 

ワーキングビザの取得に関して、サポートを受けられるので、ビザがないという人にも、チャンスがあります。唯一の欠点としては、現地採用扱いとなることです。条件面はルーマニア国内の基準に準ずることになるので、日本人からしてみると、給与は、かなり安くなります。

 

もちろん、十分、生活出来るだけの収入にはなりますが、条件面だけ見ると、それほどオイシクはないというのが、正直なところです。ただ、ルーマニア国内で働けるチャンスというのは、そうはないので、興味がある人は、ぜひ検討してみてください。

 

この手の求人については、下記のサイトで見つかりやすいです。ヨーロッパにおいて、転職支援サービスを行っている人材紹介会社です。東欧・中欧も得意としているようなので、ルーマニア国内の求人を探す時には、オススメの情報源です。
http://www.recruit-europe.eu/jp/index

 

日本国内で通訳して働く

日本国内で働く場合、最も、可能性が高いのが、ルーマニア語の通訳・翻訳です。翻訳会社・通訳会社に申し込むことになりますが、ルーマニア語が出来る人材を、常時募集している会社というのは、限られているので、そういった会社にコンタクトしてみてください。

 

最も、募集頻度が高く、雇用してもらえる可能性が高いのは、下記の2社です。
国際ビジネスサポート:http://www.iec-support.co.jp/staff/
ヒューマンサイエンス:http://www.science.co.jp/company/partner.html

 

また、語学系の求人に強い、転職エージェントでも、こういった求人を扱っていることがあります。最近の例では、豊洲にオフィスを持つIT企業が勤務先となる、短期通訳スタッフの募集案件がありました。

 

ルーマニア語を活かす求人情報

 

ちなみに、上記の求人は、リクルートエージェントという転職会社が扱っていたものです。語学力を有する人材の転職支援に長けているので、日本国内において、ルーマニア語関連の求人を探す時には、頼りになる存在です。

 

ルーマニア観光局で働く

阿佐ヶ谷にあるルーマニアの観光局では、日本人スタッフを募集する求人を出すことがあります。ウェブサイトやソフトウェアを作成する仕事、ルーマニアの商品を日本で紹介・販売する営業の仕事、事務作業や情報収集を担当する仕事などが、主なものとなります。

 

いずれも、言葉に関しては、日本語がメインになるので、ルーマニア語を活かして働くという趣旨からは、少し外れるかもしれませんが、勤務先がルーマニア観光局になるので、ルーマニア人スタッフとのコミュニケーションなど、ルーマニア語のスキルを必要とする機会はあります。

 

また、ルーマニア語が堪能ということを伝えれば、そのスキルを活かせるような仕事を、ゆくゆくは紹介してもらえるかもしれません。ルーマニア観光局という政府機関とつながりが持てるというのは、かなり大きいので、そういった意味でも、一つの選択肢として考えてみてください。

 

ルーマニアに進出している日系企業で働く

まだまだ数は少ないのですが、ルーマニアを欧州市場向け商品の製造拠点、もしくは、購買豊かな新しい市場と捉えて、現地に進出する日系企業が増えています。特に、2007年のEU加盟以来、その傾向が続いており、年々、投資額が増加傾向にあります。

 

メーカーや商社、エンジニアリング会社、エネルギー企業などが、主なものとなりますが、こういった企業から、ルーマニア語が出来る人材を募集する求人が出ていることがあります。

 

営業や製造技術、生産管理・品質管理といった仕事が中心なので、これらの業務に関する実務経験がないと、応募しても採用される可能性は低いのですが、少しでも就労経験があれば、語学を活かして転職出来る可能性があります。

 

種で求人が出ていることもあるので、もしかしたら、ルーマニア語が出来るということだけで、採用してもらえる可能性があります。

 

恐らく、このページでリストアップしている選択肢のなかでは、最も現実的なので、ぜひ、チャンスを模索してみてください。

 

この手の求人については、先ほど触れたリクルートエージェントもそうですが、JACリクルートメントマイナビエージェントといった転職会社でも扱っている可能性があるので、ぜひ問い合わせみてください。

 

ルーマニア語を活かして働けるような仕事の探し方については、以上となります。なかなか、限られたチャンスにはなってきますが、可能性はゼロではありません。真剣に探せば、必ず働く機会が見つかるので、色々と動いてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ