毎年開催されているバイリンガル人材向けの転職フェア5選

東京、大阪を中心に、バイリンガル人材を対象とした転職フェア、キャリアフォーラムが幾つかありますので、リストアップしてみました。

 

バイリンガル向け転職フェア

 

企業の採用担当者と直接話をすることが出来たり、転職に関するアドバイスを受けることが出来るといったメリットがあります。バイリンガル人材の就職・転職市場の動向を知ることが出来る貴重な場となります。

 

人材紹介会社がブースを出しているので、接点を作っておけば、今後も自分の希望にあった仕事の求人情報を教えてもらうことも可能です。

 

6月から12月にかけて開催されることが多いので要チェックです。大半のキャリアフォーラムにおいて、大卒以上のバイリンガルであれば誰でも無料で参加可能です。少しでも興味があれば、足を運んでみることをオススメします。

 

Daijob Go Global Career Fair

グローバル企業、外資系企業に特化した求人情報サイト、Daijob.comが開催するキャリアフェア。様々な業種の企業が参加しますし、バイリンガルの転職支援に力を入れている人材紹介会社も参加するので、直接、生の情報を知る貴重な機会になります。

 

CFNキャリアフォーラム

日英バイリンガルを対象に1987年から開催されているグローバル企業とバイリンガル人材との出会いの場をプロデュースしているフォーラム。ボストン、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、東京、大阪で開催されています。

 

東京では夏と冬の年2回開催になっています。日本語と英語でビジネスを行える語学力を身につけている人であれば、誰でも参加出来ます。

 

マイナビ国際派就職EXPO

マイナビが主催しているキャリアフェア。日系・外資、それぞれ多数の企業が参加しています。日本国外の大学・大学院を卒業した人(卒業予定の人)、海外滞在経験が1年以上ある人、大卒以上で、2言語以上でビジネスレベルの語学力を持っている人が参加出来るフォーラムとなります。

 

DODA転職フェア

毎年、東京・名古屋・大阪で開催されている転職フェア。200社以上の企業が参加する日本最大級のフォーラム。人事担当者と1対1で話をすることが出来ます。DODAのキャリアコンサルタントが希望に合った企業を紹介してくれるマッチングガイドコーナーが人気です。

 

外国人留学生と日本人バイリンガルのためのジョブフェア

公益財団法人京都市国際交流協会と株式会社ジェイケイ・ブランディングが、毎年12月に開催している現役大学生を対象としたジョブフェア。

 

元々は外国人留学生向けに開催されていたものですが、最近はバイリンガルの日本人も対象となっています。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

語学を活かした仕事に強い転職支援会社ベスト3

外資系企業、グローバル企業の求人案件を豊富に抱えている転職エージェントなので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ