領事館の仕事内容

領事館

 

領事館に勤務する場合、外国人である日本人は、現地事務職員という形での採用となります。仕事の内容としては補助的なものが主となります。

 

秘書や現地の調査担当といったものです。また、何気なく採用枠が多いのが、運転手や調理師、守衛、清掃といった職種です。ただし、日本だったらなり手が多いこれらの職種でも、英語とその国の言葉が出来ることが採用の絶対条件となるため、ハードルは一気に高くなります。

 

そのため、採用されれば、それなりの報酬を手にすることが出来ます。言葉が出来る人であれば、チャレンジしても面白いと思います。

 

給料や勤務状況は、その国によって大きく違う

領事館で働くことを真剣に考えるとなると、給料や勤務時間、福利厚生がどういったものなのか気になってくると思いますが、答えとしてはバラバラです。

 

領事館勤務だと幾らとひとくくり出来るものではなく、その国の文化・習慣、財政状況によって、勤務状況は様々です。手厚く給料をもらえることもあれば、残業代などの手当は一切なしということもあります。

 

休日についてもたっぷりもらえることもあれば、祝日も含めて1週間のみなんてケースもあります。

 

これは実際に確かめてみないと分からないので、面接の時にキチンとチェックしましょう。外国の場合、こういった条件を細かく確かめるのが普通なので、いくら聞いても日本の会社と違って嫌がられることはありません。

 

少しでも気になることは質問しておきましょう。

 

ダメ元で『これぐらい給料が欲しい』と自分の希望を伝えるのもOKです。もしかしたら、スンナリ聞き入れてもらえるかもしれません。

 

領事館の仕事の忙しさを図るちょっとした裏技

領事館というのは、役所の出張窓口のようなものです。たとえば、在日アメリカ領事館であれば、日本に住んでいるアメリカ人に対して、パスポートの発給、出生婚姻死亡等の届、在外選挙といった業務を提供します。まさに市役所ですね。

 

そのため、日本に滞在している人が多ければ多いほど、仕事の量も多くなります。アメリカや中国、韓国といった領事館だと、昼休みもまともに取れなかったり、夜遅くまで残業することも少なくないようです。

 

逆に、滞在者数が少ない国の領事館であれば、仕事量も少なくリラックスして働けるようです。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

 

大使館・領事館の求人に強い転職支援会社ベスト3

語学を活かした仕事に関する求人情報が多い会社でもあるので、語学に堪能な人であればチャンスです。特にTOEIC700以上のスコアを持っている人に対する案件が増えています。

 

コメントを残す

このページの先頭へ