アイエムエスジャパンの中途採用事情~年収、就労環境、etc~

アイエムエスジャパンの中途採用事情

 

製薬企業をはじめとする、様々なヘルスケア関連企業に対して、開発戦略・経営戦略を構築する際に、重要となる医薬品情報、市場分析データの提供、及び、戦略コンサルティングサービスを提供している、マーケットリサーチ・コンサルティング会社、IMS Health。

 

1954年創業と、歴史が古い会社ですが、医療業界専門のマーケットインテリジェンス企業として、世界100カ国以上にクライアントを有しています。ビックデータを用いた分析力は他社の追随を許さず、業界内において、圧倒的なシェアを確立しています。

 

その日本法人にあたるのが、アイエムエスジャパン。1964年に設立後、国内初の「医薬品市場統計」を創刊するなど、日本においても先駆者的な存在です。

 

長年、積み上げた情報量をもとに、ヘルスケア企業に対して、業績向上につながる提案や解決策を提示するコンサルティングサービスを行っています。

 

日本国内全域の売上を町丁目レベルまで網羅するデータを所持するなど、その情報量は、日本の医療用医薬品市場のほぼ全てをカバーするまでに至る、圧倒的なものとなっています。

 

ヘルスケア業界におけるアイエムエスジャパンの企業支援には定評があり、安定した業績を上げている優良企業です。

 

このページでは、アイエムエスジャパンの中途採用求人の傾向、及び社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

アイエムエスジャパンの中途採用の求人傾向

中途採用に関しては、追加人員が必要になった時に、その都度、公式サイト内から募集をかける仕組みとなっています。営業マンやコンサルタント、データアナリスト、リサーチャーなどを募集する求人が中心となります。

 

中途に関しては、即戦力となるような経験豊富な優秀な人材を採用するという方針を採っているので、応募条件のハードルはかなり高いです。職種を問わず、該当業務に精通していること、実務経験を持ち合わせることが、必須条件となります。

 

また、求人ごとに、具体的なスキル、経験内容、経験年数が指定されています。このあたりは、個々に確認するようにしてください。(いずれにしても、医療業界における就労経験が求められるので、他業種からの転職は難しいです。)

 

また、アメリカ本社や、他国の支社と連携しながら仕事を進めることが多いため、ビジネスレベルの英語力が求められると考えてください。

 

求人情報の入手方法ですが、公式サイト内に、キャリア情報ページが開設されており、新規求人が発生した時には、そちらのページに募集要項が記載されることになるので、こまめにチェックするようにしてください。
https://www.ims-japan.co.jp/japanese/recruit/career/

 

また、アイエムエスジャパンは、中途に関しては、転職会社を通じて募集をかけることが多いので、転職会社に問い合わせるのも、オススメです。このページの最後に代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

社員の年収・給与制度について

アイエムエスジャパン の社員年収について、幾つか具体的な数字を挙げると、以下のようになります。

 

  • テクノロジー&サービス マネージャー 30代後半 中途3~5年 年収約950万円
  • コンサルタント 中途3~5年 年収1200万円
  • セールスマーケティング 中途3~5年 年収約700万円
  • 開発 35歳 中途3年 年収800万円
  • GRE7 50代 中途3年 年収1550~1750万円
  • 品質保証次長 43歳 中途2年 年収1000万円

 

基本給に前年の評価に対するインセンティブが支払われるという給与体系となっています。基本労働時間が7時間で設定されており、かつ、一般社員に対しては、残業代が全額支給となるため、結果として、他のコンサルティングファームと比較しても、年収は高めとなります。

 

一方、マネージャークラスになると、残業がつかなくなるため、他社と、ほぼ同等の水準となります。ただし、それでも、元々の給与水準が高いこともあり(マネージャーになれば、年収1000万が最低ラインになってきます)、社員の満足度は高いです。

 

なお、ベース給とインセンティブ給の割合は、職種にもよりますが、80:20程度になります。年収に占めるインセンティブの割合が決して低くないので、同じポジション、同年代の社員間でも、大きな年収差が生じることになります。

 

手当に関しては、外資ということもあり、ほぼゼロです。通勤手当が支給される程度であり、住宅手当や出張手当などはなしです。その代わり、会社負担で、団体生命保険とベネフィットステーションを利用出来るので、福利厚生については、充実していると言えます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績や、ポジション・年収などを加味して、給与額が決まることになりますが、交渉次第で大きく変わってきます。そのため、納得出来るまで、会社側と話し合うようにしてください。

 

中途半端に妥協すると、入社後、同じようなポジションの同僚との年収差にがく然とするなど、後々まで、後悔することになります。

 

こういった交渉が苦手ということであれば、転職会社に代行してもらうのが賢明です。彼らはプロなので、うまく話を進めてくれます。転職会社に依頼すれば、必ずうまくいくとは限りませんが、一個人が自分で交渉するよりは、成功する可能性が高いので、任せてしまってください。

 

アイエムエスジャパンの人事評価・昇給制度

人事評価に関しては、数値化した目標に対する達成度をもとに、直属の上司が査定する仕組みとなっていますが、査定結果に伴う昇給や昇進は、上司の主観によるものが大きく、こういった点については、不満を感じる社員もいるようです。

 

定期昇給は年1回あり、大きな増額は見込めないものの、実力があれば年齢を問わず、昇進・昇給を狙うことができます。

 

アイエムエスジャパンで、高評価を得るには、自身の成果向上に加えて、上司との関係性を良好に保つことが必須と考えてください。

 

成長環境について

アイエムエスジャパンは、会社として社員を育てるという意識に乏しい会社であり、キャリア開発を支援するような制度、教育制度などは殆どありません。(新卒者向けの研修が存在する程度なので、中途入社組には、関係がありません。)

 

この背景には、ある程度のキャリアを積んでから入社する人が大半であり、自分自身で必要なことを学ぶ姿勢が身に付いているので、会社として教育する必要がないという事情があります。

 

逆に言えば、自らを成長させていける人でなければ、アイエムエスジャパンに採用されることはないとも言えます。

 

ヘルスケア・医療業界における知見が社内に蓄積されており、これらのデータに、自由にアクセス出来るので、その気になれば、幾らでも必要な知識を得ることが出来ます。

 

そのなかには、他社では扱っていないような、アイエムエスジャパン独自のデータも存在するので、この業界でキャリアを築いていくのであれば、成長環境としては申し分なく、一度は働いておいて、損がない会社です。

 

(アイエムエスジャパンで数年間働いて、そこで培った経験・知識を活かして、製薬会社や医療機器メーカー、コンサルティング会社に、好条件で転職するという人が少なくないです。)

 

ワ―クライフバランスについて

アイエムエスジャパンは部署ごとに、多少の差がありますが、総じてワークライフバランスの良い会社です。フレックスタイム制で在宅勤務制度もあり、働き方の選択は、個人の自由に任されています。

 

有休の取得も容易であり、業務に支障がない範囲内であれば、ほぼ100%、希望通りに休むことが出来ます。有給とは別に、夏季長期休暇も用意されているので、年に数回、まとまった休みを取ることも可能です。

 

ただし、成果に対する責任追求の度合いは厳しく、自身の職務を果たしていなければ、際限なく働くことが要求されるため、ワークライフバランスを確保するには、自己管理能力が必須です。

 

また、コンサルタント・営業など、顧客との対応が密になる部署においては、長時間残業が日常化している、有休がなかなか消化出来ないといったケースもあります。

 

一方、そういった厳しい状況のなかでも、確実に成果を出しつつ、プライベートの時間を確保している人も少なくないので、自分次第で、どうにでもなると考えてください。(高年収を得ている人ほど、自分の時間を確保して、楽しんでいることが多いです。)

 

アイエムエスジャパンにおける女性の働きやすさについて

女性社員の比率が高いこともあり、女性にとっては働きやすい環境が整っている会社です。性別によって、業務内容に差がつくようなことはなく、人事評価も平等です。昇給・昇進のチャンスについても、男性と変わりがありません。管理職で活躍している女性も多いです。

 

その反面、仕事に対する責任度合いについても、男性と同一であり、女性だからといって成果・労働時間に対する追求が緩和されることはないので、その点は注意してください。特に、キャリアアップを目指すのであれば、相応の覚悟が必要です。

 

育児支援体制については、産休・育休が整備されており、取得率、及び、取得後の復帰率は高いです。フレックス勤務、在宅勤務が出来る会社なので、子供を持つ女性でも、働き続けられる環境となっています。(仕事と育児を両立させている社員も多いです。)

 

その一方で、子育てに対する理解が得られにくい部署があったり、女性特有の人間関係に苦労している部署もあるようです。気になる人は、自分が配属されることが想定される部署の傾向について、事前に把握しておくことをオススメします。

 

(転職会社に問い合わせれば、こういった社内事情については、すぐに教えてくれます。)

 

アイエムエスジャパンの転職先としての価値

これまで、アイエムエスジャパンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、給与面での待遇が良く、実力主義の会社なので、医療業界に強い関心があり、向上心がある人には、やり甲斐を感じられる職場と言えます。

 

仕事の進め方に関する自由度が高いということに魅力を感じる人も多いです。ただし、実力主義だけに、成果に対する要求度が厳しい企業でもあるので、プレッシャーに強い人でないと、心理的にかなり重荷になってしまい、落ち着いて働けないかもしれません。

 

自分が本当に、アイエムエスジャパンという会社に合うのかどうか、ジックリと見極めたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

下記に、アイエムエスジャパンの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社をリストアップしておきますが、転職すべきどうか、見極めが難しいということであれば、アドバイスを求めるのもアリです。彼らはプロなので、冷静に分析してくれます。

 

また、彼らは様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人について教えてもらうのもアリです。もしかしたら、アイエムエスジャパン以上に自分に合う企業が出てくるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ聞いてみてください。

 

<アイエムエスジャパンの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ