アッヴィ合同会社の中途採用事情~求人動向、年収、就労環境など~

アメリカの研究開発型バイオ医薬品企業、アッヴィ。抗うつ薬、抗ウイルス薬、モノクローナル抗体製剤など、抗体医薬品を主力としており、世界150ヶ国以上において、事業を展開している文字通りのグローバル企業です。

 

アッヴィ合同会社の中途採用事情

 

その日本法人にあたるのが、アッヴィ合同会社。 従業員数900名ほどの決して大きくはない会社ですが、2020年に売上1000億円突破という目標を掲げ、シェア拡大への取り組みを積極的に進めています。

 

そのため、社外から優秀な人材を登用することに対する意識が高く、様々な領域におけるプロフェッショナルを募集しています。(特に、研究開発、MRに、力を入れています。)

 

応募条件は、かなり厳しいので、ハードルは高いのですが、それだけに高収入が期待出来るので、転職を目指すだけの価値が十分にある会社と言えます。

 

このページでは、アッヴィ合同会社の中途採用求人の傾向、及び、年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 


アメリカ法人のアッヴィは、2013年にアボット・ラボラトリーズから、分社独立する形で誕生した企業です。これは日本でも同様であり、アボット・ラボラトリーズの日本法人である、アボットジャパンから分社したのが、アッヴィ合同会社です。

 

事業を開始してから、まだ数年ということもあり、社内体制は、まだまだ確立されていない部分があります。そのため、組織形態・人事評価制度については、今後、大きく変わる可能性があります。

 

このページでは、あくまでも、2016年末時点での内容をまとめたものとなるので、転職する際には、最新の状況について、確認するようにしてください。

 

アッヴィ合同会社の中途採用求人の傾向

冒頭でも触れたように、アッヴィ合同会社は、中途採用に積極的です。必要な人材を、その都度募集するという形になるので、具体的に募集がかかっている職種は、タイミングによって違ってくるのですが、おおむね、下記のような職種が対象となってきます。

 

  • 営業(MR)
  • 研究開発
  • 臨床開発(CRA)
  • 薬事申請
  • 法務
  • マーケティング
  • 広報
  • 経理財務(管理会計)
  • 調達購買
  • 物流(ロジスティクス、サプライチェーンマネジメント)

 

補足として、『研究開発』、『臨床開発』というのは、一言でまとめてしまっていますが、実際には、ポジションがかなり細かく分かれており、求人ごとに、必須とされる経験・スキル・知識の内容が、細かく指定されています。

 

また、『研究開発』、『臨床開発』以外の職種においても、即戦力の人材が募集されているため、該当業務に関する実務経験が必須となります。(求人にもよりますが、3~5年程度の経験は必須です。10年以上の経験が求められるケースもあります。)

 

さらに、どのポジションにおいても、アメリカ本社、海外支社も含めて、海外企業との協働の機会が多いため、ビジネスコミュニケーションに支障がないだけの英語力が要求されることになります。

 

なお、それぞれの職種において、マネージャークラスの求人も出ており、こちらの場合、上記の条件に加えて、マネジメントスキル・経験も要求されることになります。

 

求人情報の入手方法について

アッヴィ合同会社では、採用情報ページを開設しており、そこから、詳細について確認することが可能です。(気になる求人があれば、そのままサイト内から応募することも出来ます。)
http://www.abbvie.co.jp/careers/home.html

 

また、アッヴィ合同会社は、中途採用については、転職エージェント経由で、募集をかけることが多いのですが、こちらのほうが、情報源としては、より確実です。公式サイト内で、掲載されていない求人を、転職エージェントが扱っているケースがあるからです。

 

これは、公式サイトの採用情報ページが、アメリカ本国で開発されたシステムを和訳する形で使用していることが関係しているのかもしれませんが、一部に不備があるようです。

 

応募する時の手順がわかりにくく、手間がかかるということもあるので、最初からエージェントに問い合わせたほうが速いです。このページの最後に代表的なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

年収について

アッヴィ合同会社に勤務する社員の年収ですが、具体例を挙げると、下記の通りとなります。(賞与を含めた総額となります。)

 

  • 30歳 営業 年収700万円
  • 30歳 営業 年収750万円
  • 37歳 営業 年収850万円
  • 35歳 営業(マネージャー) 年収900万円
  • 34歳 研究開発 年収900万円
  • 26歳 CRA 年収600万円
  • 29歳 臨床開発 年収700万円

 

アッヴィ合同会社は年俸制となっており、基本給は高めに設定されていますが、福利厚生や手当は薄いので(住宅補助が出る程度)、こういったものをトータルで考えると、日系の製薬メーカーと比較して、ほぼ同じような水準というところです。

 

ただし、ボーナスは固定賞与とインセンティブから構成されていますが、圧倒的にインセンティブの割合が高いので、優秀な実績を出せば、年収増が期待出来ます。

 

同じ部署、職位の人間同士でも、100万単位で年収差が付くことも珍しくないので、ここは外資らしく、実力主義と考えてください。

 

昇給については、外資としては珍しく、全員一律で、年平均3%前後、アップするようになっています。もちろん、ポジションが上がれば、基本給が大幅にアップするので、定期昇給とは別に、年収増が期待出来ます。

 

アッヴィ合同会社の人事評価制度について

本社で採用されている評価制度が、アッヴィ合同会社でも、そのまま導入されています。行動評価と実績評価の2構成となり、複数の上司から構成される評価者会議のなかで、判断されることになるので、評価の偏りがなく、社員からも妥当という声があがっています。

 

教育制度・成長環境について

アッヴィ合同会社は、社員のキャリア開発に対する意識が高く、様々な教育プログラム、自己研鑽補助制度が用意されています。成長意欲が高い人に対しては、どんどん投資をしてくれる会社なので、自分次第でチャンスは幾らでも掴めます。

 

また、これは仕事の割り振りについても同様であり、自分から手を挙げる人には、色々なことにチャレンジさせてくれます。また、社内公募制度の活用が進んでおり、人事異動の要望についても、自分から会社側に働きかけることが可能です。

 

インターナショナルな会社なので、真にグローバルで活躍するために、必要なスキル・経験を積むことが出来ますし、周囲に優秀な人間が多いため、お互いに刺激しあって高めていける環境ともなっています。

 

ただし、これらは全て、本人の意向に任されており、会社側から働きかけることはないので、全て自発的に取り組むことが大前提となってきます。

 

ワークライフバランスについて

部署にもよりますが、基本的に仕事量が多い会社なので、長時間働いている人が多いのですが、週1回の在宅ワークや、営業であれば直行直帰のスタイルが認められているなど、働き方に対する裁量は大きく、スケジュール調整の自由度は高いです。

 

また、有給の取得については、本人の意向が通ることが基本となっており、比較的取りやすいです。まとめて消化して、長期休暇を取るといったことも可能です。(10連休ぐらいは、それほど珍しくありません。)

 

学会参加などで、土日出勤をした時には、代休が取得出来るようになっているなど、社員に対する配慮が手厚い会社です。

 

そういった意味では、悪くないのですが、一部の社員からは、仕事のプレッシャー・責任が強いため、精神的には、ワークライフバランスが取れているとは言えないという声もあります。

 

女性の働きやすさについて

アッヴィは女性社員が少ない会社ですが、男性と同様に活躍する機会が提供されているので、働きやすさという点では問題なしです。管理職にキャリアアップしている女性も(割合としては)、少なくありません。

 

子育て支援制度も充実しており、育休・産休、時短勤務制度などが、利用出来るようになっています。また、先ほども触れたように、在宅ワークが認められている会社なので、会議にも自宅から、テレコンで参加するなど、子供を持つ人が働き続けやすい体制が整っています。

 

また、産休を取る社員が出た場合には、コントラクトMRや契約社員・派遣社員を採用することで、人員の穴埋めをするなど、他のスタッフにしわ寄せがいかないような配慮もしている会社です。

 

アッヴィ合同会社の転職先としての価値

ここまで、アッヴィ合同会社の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、働きやすい会社と考えて間違いないでしょう。自由度が高く、自分ペースで働くことが出来ます。

 

もちろん、これは仕事に対する責任を果たしていることが前提の話であり、外資なので、成果に対するプレッシャーは高いものがあります。製薬会社という業種を考えても、仕事の責任には重みがあり、そのなかで、キチンと結果を出すだけのプロ意識が必要となってきます。

 

逆に言えば、それだけやり甲斐がある職場とも言えます。意欲的な社員に対する会社のサポートは十分なので、積極的に仕事に取り組む人であれば、充実感を持って働けると思います。

 

ただし、冒頭にも書きましたが、アッヴィ合同会社は若い企業なので、今後、組織改編など、環境が変わる可能性があります。そのため、転職を検討する時には、最新の動向について、少しでも情報を入手するようにしてください。

 

下記に、アッヴィ合同会社の中途採用求人の取り扱い頻度が高い転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは、アッヴィの社内事情に精通しているので、情報源としてオススメです。

 

また、彼らは、様々な企業の求人をカバーしているので、他社の求人について、問い合わせてみるのもアリです。転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件を満たす企業が、ほかに存在しないかどうか、チェックしてくれます。

 

もしかしたら、アッヴィ以上に、魅力的な企業が見つかるかもしれないので、興味がある人は、併せて聞いてみてください。

 

<アッヴィ合同会社の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ