アルケマ株式会社の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境について~

アルケマ株式会社の中途採用事情

 

品質・信頼性・安全性の高さから、世界各国の市場において、シェアを確立している、フランスを代表する化学・先端材料メーカー、アルケマ。1971年に設立されたエルフを前身として、吸収合併・分社化などを経て、2004年に現在の組織形態に落ち着きました。

 

売上高は約1兆円と、BASF、ダウといったメガケミカルと比較すると、規模は劣りますが、ここ数年は、売上・営業利益、ともに前年比10%以上の成長を維持するなど、好業績をおさめている優良メーカーです。

 

その日本法人にあたるのが、アルケマ株式会社。アルケマ100%出資による、完全子会社であり、日本市場におけるアルケマ製品の輸入・販売を一手に引き受けています。

 

また、京都にテクニカルセンターを設置していますが、日本人の強みである製品改良スキルを活かして、様々な新素材の用途開発、競争力のある新製品開発に成功しており、アルケマグループのなかでも、重要な開発拠点として位置づけられています。

 

日本市場における売上も好調であり、転職を目指すには良い会社です。このページでは、アルケマ株式会社の中途採用求人の傾向・求人情報の入手方法、及び、社員の年収、就労環境などについて、まとめていますので参考にしてください。

 

アルケマの中途採用求人の傾向

アルケマは、新卒に関しては、研究開発職に絞って募集をかけていますが、中途採用に関しては、対象となる職種は幅広くなっています。

 

研究開発、営業といったところがメインとなりますが、マーケティング、品質管理、経営企画、経理財務、人事、法務、広報、総務といった職種でも、募集がかかることがあります。

 

いずれの職種においても、経験豊かな即戦力の人材が求められているので、該当業務に関する実務経験・専門知識を有することが必須応募条件となっています。(経験年数は特に問われることなく、実力本位の採用となるので、経験が浅い人でも、採用されるチャンスは十分にあります。)

 

また、アルケマは社内公用語が英語となり、日本法人に関しても、海外からの駐在員が多いこと、頻繁に外国人が訪問していることから、英語によるコミュニケーションが日常的に行われています。そのため、英語でビジネスコミュニケーションが出来ることも、必須条件となってきます。

 

必ずしも、流ちょうに話せなければいけないということではないのですが、相手の話の内容を理解出来ること、自分の意志を伝えられるだけのスキルを持つことが要求されます。

 

特に、京都テクニカルセンターでは、海外からの研修生を指導する立場になることから、それ相応のスキルが求められています。

 

アルケマの求人情報を入手する方法

アルケマでは、公式サイト内に、中途採用の求人情報を検索出来るページが設けられていますが、フランス本社が作成したものであり、グループ全体の求人情報がまとめられているため、日本法人の求人を探し出すのに、苦労します。

 

また、こういった形で、海外本社が管理している企業に関して、よくあることなのですが、日本法人の求人が正確に反映されてはおらず、実際、募集がかかっているのに、サイトをチェックしても、求人が全く表示されないということが、頻繁に起きます。

 

日本法人は、中途採用で募集をかける場合、国内の転職エージェント経由で告知することが多いため、公式サイトをチェックしつつ、同時にエージェントに問い合わせることをオススメします。(外資系企業の求人に強いエージェントであれば、まずアルケマの案件を扱っています。)

 

このページの最後に、代表的なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。ただし、全般的に求人の発生頻度は限られているので、タイミングによっては、有効求人が見つからないということは、十分に考えられます。

 

その時には、転職エージェントに求職者登録(会員登録)をして、新規求人が出るのを待ってください。(一度登録しておけば、新規案件が発生した時に、メールなどで通知してもらえるので、自分で探す必要はなしです。)

 

アルケマにおける社員の年収水準・給与体系

アルケマでは年俸制が採用されており、12分割された給与が毎月支払われる形になります。職種によって、少し差はありますが、社員の平均年収は下記のような形になります。

 

  • 30歳 年収600万円
  • 40歳 年収700万円
  • 50歳 年収880万円

 

営業職だと、インセンティブがつくこともあり、上記の水準に100万円ぐらい上乗せした金額になるとイメージしてください。

 

ただし、アルケマは福利厚生がゼロです。福利厚生の分も基本給に含めるという発想の会社であるためです。残業代についても、みなし残業となるため、支給されません。(ただし、後述しますが、残業がほぼゼロの会社なので、いずれにしても残業代は発生しない状況です。)

 

退職金制度は用意されており、勤続20年で1000万程度の退職金が支給されるようになっていますが(個人差は、殆どなし。)、福利厚生に関しては、この程度に限られます。

 

こういったことを全て加味すると、アルケマは、外資としては年収水準が低いけれども、日系企業と比較すると、良い部類に入ると考えておけば、間違いないでしょう。

 

アルケマの就労環境について

アルケマの特徴を挙げるとすれば、総労働時間が少ないということです。先ほども触れたように、残業はゼロです。残業する=仕事が出来ないという発想の会社なので、残業をしていると、人事評価が下がります。

 

個人の裁量が大きな会社であり、自分で業務管理を行って、仕事の効率性をあげることが可能な環境なので、社員の大半が、的確に業務をスケジューリングして、定時時間内に仕事を終わらせています。

 

また、中途で入社した場合でも、周りがこういった発想の人間ばかりなので、自分も自然にそんな姿勢が身に付くことになり、結果として効率性の高い人材に成長することが出来ます。

 

一人一人が自分で考えて行動する人間ばかりなので、自主性・自発性が身に付く職場でもあります。(外国人ビジネスマンが多いというのも、大きいです。)

 

アルケマは休暇制度が充実している

アルケマでは、休日出勤もゼロなので、週休二日が確保されていますし、有給休暇の取得率も、全社員ほぼ100%です。2週間程度の連続休暇を取得する社員も多いです。(仕事の進捗に問題がない限り、このあたりは完全に自由です。)

 

フランスは、法律で社員に長期休暇を取らせることを義務づけている国なので、アルケマの制度設計も、そのようになっています。日本法人も、その影響を受けているため、まとまった休暇を取るのが当たり前という社風が根付いています。

 

キャリアアップを目指すには、アルケマは最適な環境

キャリアに関しては、日本法人は、アジアにおける中核的な存在として、アジア市場全体をカバーすることが期待されており、日本市場だけでなく、アジア市場全体を見据えて、業務に取り組むことになります。そのため、海外業務に挑戦したいと考えている人にとっては、格好の環境です。

 

仕事に必要な知識・スキルは自己責任で習得するのが当たり前という考えを持つ企業なので、教育制度については、あまり期待出来ませんが、本人の意向を踏まえて、様々な職種・ポジションを経験させる会社なので、仕事を通じて、多種多彩なスキルを磨くことが出来ます。

 

たとえば、開発者として入社したエンジニアが、営業やマーケティングの業務に携わるといったことが、頻繁に起こっています。

 

また、希望すれば、早い段階から、チームマネジメント、プロジェクトマネジメントにも携わることが出来るので、管理職・リーダー職へのキャリアアップを狙うにも、申し分のない環境です。

 

アルケマの転職先としての価値

ここまで、アルケマの就労環境について見てきましたが、典型的な外資です。一人一人が、独立したビジネスマンとして業務を遂行するプロフェッショナルが集まっている会社なので、自分で考えて、物事を進めていくことが好きな人にとっては、やり甲斐を感じる職場でしょう。

 

その一方で、こういったことが苦手な人にとっては、周りから手厚いフォローを受けられるようなことはないので、ストレスフルな職場になってしまうと思います。

 

そういった意味では、人を選ぶ会社とも言えるので、自分の特性を踏まえたうえで、アルケマへの転職を目指すのかどうか、判断するようにしてください。

 

下記に、アルケマの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェントをリストアップしていますが、彼らは社内事情に精通しているので、転職を目指すべきかどうか、判断に迷うようでしたら、相談してみてください。

 

客観的な視点で、冷静にアドバイスしてくれるので、参考になります。また、エージェントは様々な企業の求人情報を保有しているので、他社の求人を紹介してもらうのもアリです。転職先に希望する要件などを伝えれば、それらの条件に合致する求人を探してくれます。

 

アルケマ以上に魅力的な会社が出てくるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ調べてもらってみてください。

 

<外資系企業の求人に強い転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ