イーピーエス株式会社の中途採用事情~社員年収、就労環境など~

イーピーエスの中途採用事情

 

国内最大手のCRO企業、EPSホールディングス株式会社の一員である、イーピーエス株式会社。EPSホールディングスは、CSO、CPO、SMOなどのアウトソーシング事業を幅広く展開していますが、そのなかで、CRO事業を統括しているのが、イーピーエスです。

 

1991年創業のCRO業界のパイオニアであり、社員数は約1700名、2016年9月末時点での売上高は、520億円に達しています。

 

従来の医薬品・医療機器開発に加え、現在は再生医療、オンコロジーやCNS領域など、多種多様なプロジェクトを手掛けるなど、積極的に事業を拡大しており、それに伴い、様々な人材を募集しています。

 

このページでは、イーピーエスの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

イーピーエスの中途採用求人の傾向

イーピーエスでは、中途採用希望者向けの専用サイトを用意しており、こちらのサイトから、募集がかかっている求人の一覧・詳細について、確認することが出来ます。
http://www.eps-recruit.jp/career/change/

 

募集が行われている職種については、比較的、募集頻度が高いものだけでも、医薬品・医療機器開発モニター、開発戦略プロジェクトマネージャー、開発薬事業務、データマネジメント、臨床統計解析、メディカルライティングなど、多岐に渡っています。

 

医療業界、医薬品業界における実務経験を豊富に有する、即戦力の人材が求められているため、採用のハードルは、全体的に高めです。

 

ただし、唯一の例外となるのが、医薬品モニターです。経験者採用が基本となりますが、未経験者枠も設けられており、実務経験がない人でも応募することが可能となります。(ただし、未経験といっても、医療関連業務での就労経験は必須となります。)

 

イーピーエスの社員の年収・給与制度について

イーピーエスに勤務する社員の年収例ですが、主な職種における具体例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 情報処理 20代後半 男性 年収 500万円
  • 臨床開発 27歳 男性 年収 450~550万円
  • 臨床開発 29歳 男性 年収 500万円
  • 臨床開発 30歳 女性 年収 350~500万円
  • 臨床開発 30歳 男性 主任 年収 500万円
  • 臨床開発 30歳 男性 課長補佐 年収 650~700万円
  • 統計解析 30歳 男性 主任 年収 500~600万円
  • 臨床開発 30代 男性 グループリーダー 年収 750~800万円
  • 管理 40代半ば 男性 年収 800万円

 

課長職で年収 900万円、部長職で 1000万円と、外資のCROよりは、低めの給与水準となりますが、国内の同業他社と比較すると、ほぼ同レベルと言える金額です。

 

賞与は年2回、トータルで2か月半程度支給されますが、近年は業績が賞与額に大きく影響するようになりました。また、賞与は、営業利益が確保された後に、社員に分配されるため、たとえ、最高益を達成しても、それが賞与に反映されるまでには、タイムラグがあります。

 

残業代については、基本的に全額支給となっていますが、モニターが仕事で外出する時には、みなし残業とされるようになりました。

 

そのため、定時に戻ることが難しいような、遠方の施設を担当することになった場合、実質的に、サービス残業を強いられることになり、改悪と感じている人が少ないです。

 

人事制度は、2016年に大きく改定され、等級と各等級における給与のレンジが、オープンになりました。等級が変わる、イコール昇格ということになりますが、等級ごとの給与レンジの幅が狭いため、昇給しない限りは、すぐに等級内の上限の給与に達してしまいます。

 

また、昇格基準は、現職の人でもクリア出来ないくらいの高いレベルで設定されているので、昇進を果たすのは、かなり困難です。従来の年功序列に近い形での昇進も望めなくなったので、改定されたことで、イーピーエスはキャリアアップが難しい会社になったと言えます。

 

なお、中途採用で入社する場合、面接の結果を受けて、入社後の等級が決まることになりますが、しっかり自分をアピールしないと、実力に合わない低いランクに設定されてしまう可能性があります。その場合、給与も低くなってしまうので、自分が納得出来るまで、交渉するようにしてください。

 

中途半端に妥協すると、後々、後悔することになるので、注意が必要です。こういった交渉が苦手ということであれば、転職会社に代行してもらうことをオススメします。彼らは転職のプロなので、うまく話を進めてくれます。

 

あくまでも、転職会社がイーピーエスの求人を扱っていることが前提の話となりますが(転職会社が交渉を代行するのは、自社で扱っている求人のみです)、大手の転職会社のなかには、取り扱い実績が豊富な会社が存在するので、こういった会社に依頼すれば、まず大丈夫です。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、興味がある人は、今現在、イーピーエスの求人を扱っているかどうか、問い合わせてみてください。(タイミングによって、求人を扱う転職会社が異なるので、複数の会社に同時に聞いてみたほうがいいです。)

 

イーピーエスの評価制度について

イーピーエスの評価制度ですが、2016年に人事評価が改定された影響で、実力主義の傾向が高まっています。

 

以前は上司との短い面談で評価が決まっていましたが、現在は行動評価がより細かく設定されるようになり、透明性が高まると同時に、頑張った分だけ、評価されるようになりました。ただし、注意点としては、評価を行うのは、直属の上司ではなく、所属部署の部門長となります。

 

日常業務においては、それほど接点がない上司が査定役となるため、日頃から、意識的にコミュニケーションを取って、自分をアピールしておくといったことも、高評価を得るためには、欠かせないと考えてください。

 

成長環境について

イーピーエスでは、入社後の初期研修がしっかりしているので、未経験者にとっては安心ですが、その後のキャリア育成に関する研修制度は皆無に等しいので、ある程度のキャリア・経験がある人の場合、社内教育という点については、何も期待しないほうがいいです。

 

仕事に必要な知識は、全て自分で学んで習得する必要があります。ただし、イーピーエスは、協会認定の資格取得を奨励しているので、この点では手厚いフォローを受けられます。

 

元々、イーピーエスは、CRO業界では最大手なので、業界内においては、イーピーエスで働いていたというのは、大きな武器になります。そういった意味では、CRO業界でキャリアを築いていくつもりであれば、イーピーエスで働くことは、確実にメリットになると考えてください。

 

イーピーエスにおけるワークライフバランスについて

ワークライフバランスの取りやすさは、アサインされたプロジェクトにより大きく変わります。毎日深夜残業を余儀なくされるプロジェクトがある一方で、仕事のボリュームが少なく、毎日、定時に帰宅出来るプロジェクトもあります。

 

(後者の場合、忙しいプロジェクトを手伝いつつ、終業時間を待つといったケースも多いです。)

 

ただし、休日出勤に関しては、プロジェクトにかかわらず、ほぼゼロです。学会等への参加などで、例外的に発生することもありますが、おおむね土日は休みを取れます。有休がとりやすいこともあり、休日はしっかり確保出来る状況です。

 

そのため、忙しいプロジェクトに割り当てられたとしても、オンとオフの切り替えはやりやすく、仕事のストレスを、うまく解消出来る環境にはあると考えて、間違いなしです。

 

女性の働きやすさについて

イーピーエスは、女性社員の比率が高い会社であることもあり、女性が働きやすい環境になっています。仕事の内容で男女差が生じることはないですし、人事評価、キャリアパスについても、男女平等です。

 

マネージャークラスに就いている女性社員も多く、その気になれば、自分の努力次第で、キャリアアップを目指すことが可能です。

 

産休・育休制度、時短勤務制度といった子育て支援制度も充実しているので、仕事と育児を両立させることも可能です。実際、子供を育てながら働いている社員は多いですし、近年では、月数回の在宅勤務制度も開始されるなど、ますます、環境が整備されています。

 

ただし、宿泊を伴う出張が必須となるような治験モニターなど、制度の利用が制限される仕事も存在するので、気になる人は事前に確認しておくことをオススメします。

 

また、昇進を目指すのであれば、優れた業績を出す必要があり、そのためにはハードワークが前提となるので、キャリアを目指そうとすると、家庭との両立は厳しい面があるということは、頭に入れておいたほうがいいです。(会社側としても、まだ、そこまでの配慮はしていません。)

 

イーピーエスの転職先としての価値

ここまで、イーピーエスの就労環境について、様々な角度からお伝えしてきましたが、業界最大手ということもあり、就労環境は良く、転職を目指すには良い会社です。業界内で認められている会社なので、今後もキャリアにもプラスになります。

 

もちろん、誰にとっても合う会社というのは存在しないので、自分の価値観と照らし合わせて、転職の判断を下すようにしてください。

 

下記に、イーピーエスの中途採用求人の取扱実績が豊富な転職会社をリストアップしていますが、彼らはイーピーエスの就労環境にも精通しているので、転職すべきかどうか、自分一人では判断がつかないという人は、アドバイスを求めるのもアリです。

 

客観的な視点で、冷静に分析してくれます。また、転職会社は様々な企業の求人情報を有しているので、他社のことについて聞いてみるのもオススメです。イーピーエス以上に、自分に合う企業が存在するかもしれないので、ぜひ一度、他社のことについても、話をしてみてください。

 

<イーピーエスの中途採用求人の取扱実績がある転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ