イーライリリーの中途採用事情と転職者の年収について

米国を本拠とする国際的な製薬会社、イーライリリー。世界で初めてインスリン製剤の実用化に成功したことで知られる企業ですが、大規模な研究開発設備を世界9ヶ国に所有しており、大手製薬会社の中でもトップクラスの研究開発型企業として、高い評価を得ています。

 

イーライリリーの中途採用事情と転職者の年収

 

その日本法人にあたるのが、日本イーライリリー株式会社です。1975年に神戸に設立されましたが、今では米国本社に次ぐ事業規模を持つまでに成長、グループ内でも重要な位置を占めています。

 

日本においては主に中枢神経領域、糖尿病・成長ホルモン領域、筋骨格領域、癌の領域において、医薬品事業を展開しており、こういった領域に経験・知見がある人材を積極的に採用しています。

 

イーライリリーの中途採用事情

日本イーライリリーでは、中途採用で積極的に人材を募集しています。応募職種は、研究開発、営業(MR)、広報、マーケティング、品質管理、情報技術などが中心となり、特に研究開発や品質管理において、中途採用求人が多数発生しています。

 

なお、研究開発については、臨床開発医師、メディカルリエゾン、メディカルプランナー、メディカルライティング、薬事担当、プロジェクトマネージャーといった職種の求人が中心です。課長、部長クラスのマネジメントレベルの求人も多いです。

 

ほぼ全ての職種に共通して、該当業務に関する実務経験者のみを募集しているので、異業種からの転職は、かなり難しいです。(広報、品質管理、情報技術などであれば、異業種からの転職にもチャンスがあります。)

 

また、語学スキルに対する要求度が高いのも、イーライリリーの特徴であり、営業以外の職種では最低TOEICスコア700以上が求められます。研究開発など一部の職種では、TOEIC800以上とハイレベルな英語力が必須となるケースも珍しくありません。

 

年収について

イーライリリーの社員年収ですが、代表的な例としては、以下のようになっています。

  • 20代後半 MR 年収600万~650万
  • 40歳 MR 年収1000万円
  • 34歳 MRマネージャー(係長クラス) 年収800万
  • 37歳 MRマネージャー(課長クラス) 年収1200万
  • 33歳 経営企画 年収900万円
  • 30歳 研究開発 年収680万円
  • 35歳 研究開発 年収700万円
  • 32歳 マーケティング 年収650万円
  • 40歳 営業部長 年収2000万

 

基本給はジョブグレードによって設定されており、そこに営業手当・営業日当といった各種手当が加算されます。給与は年俸制で、賞与は年3回(6月、12月、3月)です。このうち3月の賞与のみ業績連動賞与となっており、会社の業績と個人の成績により額が変動します。

 

外資製薬会社のなかでは、ほぼ業界標準、もしくは若干、上回る給与水準となっています。外資のなかでは、比較的福利厚生が充実しているので、それを加味すると、給与条件は良好と考えて間違いありません。

 

イーライリリーの就業環境、ワークライフバランスについて

ワークライフバランスの調整しやすさについては、評価する声がとても多いです。プロジェクトが立て込んでいるなど、繁忙期には、多少の残業が発生しますが、恒常的なものではありません。

 

社風として、残業を奨励する(残業時間が多い社員を評価する)風土ではないので、自分の裁量で、スケジュールを調整することが出来ます。有給休暇の取得についても寛容であり、長期休暇を取る社員が数多く存在します。

 

イーライリリーの福利厚生について

イーライリリーは、福利厚生の代行サービス『福利厚生倶楽部』に加入しており、社員であれば、自由にサービスを利用することが出来ますし、非課税の住宅手当、年30,000円までの宿泊・旅行費補助といった制度も用意されています。

 

また、MRに対しては、1日3000円を上限とした日当(出張手当)、及び、営業手当が支給されています。

 

その他、イーライリリーへの中途入社を考えている人が知っておくべきこと

イーライリリーは、大手製薬会社の中でも、特に働きやすいという声が多い企業です。社員のワークライフバランス調整を重視しているため、柔軟なワークスタイルを認めており、出産後も退職せずに勤務を続けている女性社員が数多く存在します。

 

また、同業他社と比較すると研究開発への投資額が圧倒的に大きく、独自の強みとなっています。特に研究職としての採用を希望する場合、世界でも有数の恵まれた環境を持つイーライリリーは魅力的な企業であると言えます。

 

転職エージェント活用のススメ

イーライリリーへの転職を目指す場合には、公式サイトの採用ページにあるエントリーフォームから直接申し込むか、もしくは転職エージェントを経由して応募することになります。いずれの方法で応募したとしても、同じように扱われるので、大差ないのですが、転職成功の確率を少しでも高めたいのであれば、転職エージェント経由で申し込むことをオススメします。

 

エージェントは転職支援のプロフェッショナルであり、イーライリリーの社内事情・イーライリリーが求める人物像を正確に把握しているので、履歴書のまとめ方や面接時の受け答え方など、採用審査を通過するためのアドバイスを受けることが出来ます。

 

イーライリリーは社風に合うかどうかという点を非常に重視している会社なので、ビジネスマンとして実力があるからというだけでは、採用されるとは限りません。それだけに、事前にイーライリリーのビジョンやコンセプト、事業方針などについて、把握しておくことが重要です。

 

そういった意味で、社内の実情に詳しい転職エージェントからアドバイスを受けられるというのは、大きなメリットとなります。(表には出てこない会社の本音を聞くことが出来ます。)

 

また、エージェントは年収などの条件交渉を代行してくれるので、自分で直接応募するよりも、好条件で転職出来る可能性が高くなります。

 

下記でも触れていますが、JACリクルートメントリクルートエージェントビズリーチといったエージェントであれば、外資企業の求人に強いので、アドバイザーとして頼りになる存在です。また、マイケル・ペイジヘイズ・インターナショナルは外資系企業専門のエージェントなので、こちらもオススメです。

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ