エヌエヌ生命保険の中途採用事情

 

約170年に及ぶ社歴を持つオランダの保険・金融サービス企業、NNグループの日本法人、エヌエヌ生命保険。1986年に日本初のヨーロッパ系保険会社として、中小企業経営者向けの事業保険をメインに営業を開始、以降、順調に業績を伸ばしています。

 

中小企業にターゲットを絞っているため、売上高自体は、同業他社と比較して、それほど目立つ数字ではありませんが(売上高ランキングでは、毎年、25位前後につけています)、事業者向け保険としては、シェアを確立しているので、事業の安定性は抜群です。

 

新卒・中途を問わず、求人需要が旺盛な会社でもあるので、転職のチャンスは豊富に存在します。このページでは、エヌエヌ生命保険の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・就労環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

エヌエヌ生命保険の中途採用求人の傾向

様々な職種を対象にして、中途採用求人が発生しています。代表的なものを挙げるとしても、下記のように、多種多彩です。また、これらの業務を統括するマネージャー候補の募集案件も、常時発生しています。

 

MR、商品企画開発、マーケティング、セールスツール作成、アクチュアリー、アナリスト、資産運用・リスク管理、ITエンジニア(セキュリティ、システムインテグテーション、Webアプリケーション)、人事、経営企画、事業企画、経理財務

 

いずれの職種においても、該当業務に関する経験・知識が豊富なプロフェッショナルが求められています。また、求人によっては、ビジネスレベルの英語力が必須となるなど、応募条件のハードルは高めです。

 

なお、業界経験の必要性については、求人ごとに異なるので、個々に確認するようにしてください。(同じ職種でも、保険業界や金融業界での就労経験が必須となる求人もあれば、前職の業種は一切不問という求人もあります。)

 

求人情報の入手方法について

エヌエヌ生命保険は、公式サイト内において、経験者採用情報ページを開設しており、そちらから、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
https://www.nnlife.co.jp/careers/midcareer

 

また、中途に関しては、転職会社経由でも、募集がかかっているので、転職会社に問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

転職会社は、様々な企業の求人案件を保有しているので、他社の求人とエヌエヌ生命保険の求人を比較してみたいという時には、便利です。(まとめて、複数の企業の求人を紹介してもらえるので、自分で調べる手間が省けます。)

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

エヌエス生命保険に勤務する社員の年収・給与制度について

エヌエヌ生命保険に勤務する社員の給与水準ですが、具体的な年収事例を幾つか挙げると、下記の通りとなります。

 

  • システム開発 30代 中途 750万円
  • エンジニア 30代 中途 800万円+業績賞与
  • 営業 30歳 中途 650万円~700万円
  • 管理部門 30代 中途 課長 900万円
  • 管理部門 30代 中途 部長 1200万円
  • 営業 30歳 中途 600万円
  • 内勤 30代 中途 アシスタントマネージャー 950万円
  • 管理部門 40歳 中途 1300万円
  • 営業 30歳 中途 700万円
  • 管理部門 28歳 中途 500万円
  • 代理店営業 40歳 中途 800万円~1,000万円

 

売上高で見ると、エヌエヌ生命保険は中堅クラスの保険会社ですが、外資系ということもあり、同業他社と比較しても、遜色がない給与水準となっています。

 

基本給と年2回の賞与から構成される給与体系となっていますが、エヌエヌ生命保険では、7段階からなるバンド制が導入されており、バンドに応じて基本給が算出されるようになっています。おおよその目安としては、6で500万円台、5で600万円台以上、4で1000万円前後が基準となります。

 

賞与の支給額については、個人の業績に連動する形で、1ヶ月~5ヶ月の幅で変動します。そのため、同じ年代・ポジションでも、年収ベースで300万円以上の差が生じるなど、外資らしい実力主義の給与体系となっています。

 

昇給に関しては、一定の年齢までは、毎年、一律で基本給が上がる仕組みとなっています。若い人ほど、昇給率が高く、たとえば、20代だと、特別な業績を出さなくても、毎年5%程度は、確実に上がります。

 

ただし、年齢が上がるとともに、昇給率は低くなり、中堅層になると、バンドが上がらない限り、給与増は見込めなくなります。

 

ちなみに、エヌエヌ生命保険は、課長職(バンド4以上)で年収1000万円オーバー、部長職で、最低1200万円はいきます。これは、外資系生保のなかでも、かなりの高水準となります。

 

仕事で実績を出す社員に対して、多くの見返りを出す会社なので、社員一人一人のモチベーションは高いです。

 

また、外資としては珍しく、住宅手当・扶養手当などの福利厚生も充実しており、残業代も全額支給となっているので、かなりの好待遇です。

 

ちなみに、これも外資らしい社風といえますが、エヌエヌ生命保険は、社員の管理に関しては、かなり緩いです。(仕事でパフォーマンスを出していれば、細かいことは気にしないという会社です。)

 

そのため、人によっては、毎日1.5時間から2時間かけて、ランチに行っていたりします。その分、実際の労働時間は少なくなるので、時給という視点で考えると、エヌエヌ生命保険の給与水準は、見た目の数字以上と言えます。

 

ただし、基本的に早く帰宅してほしいという会社の方針もあり、限られた時間の中で結果を出すことが必須になってきますし、結果が出なければ、厳しく追及されます。

 

会社員ではありますが、会社に依存せず、自分自身をしっかり管理して、結果を出すことが要求されると考えてください。自由さや給与の高さは、そのうえでの話となります。

 

エヌエヌ生命保険の評価制度について

人事評価は1から5の5段階査定となっており、その結果を踏まえて、バンドの昇進・降格が決まるようになっています。

 

1:無条件で、バンドが降格
2:降格の可能性アリ
3:現状維持
4:昇進の可能性アリ
5:昇進確実

 

基準としては、外資らしく非常に明確なものとなっていますが、問題は、人事評価における直属の上司の権限が非常に強いということです。上司の意向がそのまま反映されるので、上司との関係性がダイレクトに評価につながることになります。

 

ここも外資らしいといえばそうなのですが、こういった背景があるため、エヌエヌ生命保険で高評価を得るためには、日頃から上司とコミュニケーションを取って、関係性を円滑にしておくことが必須と考えてください。

 

ちなみに、上司によっては、日本的な義理人情タイプも多いため、そういった上司に付いた時には、努力や根性といった日本的な考え方も、重視する必要があります。要は、上司の考え方に合わせて、柔軟に働き方を変えることが重要ということです。

 

成長環境・キャリア開発について

エヌエヌ生命保険は、社内教育に力を入れている会社です。職種・ポジションにあわせて、様々なスキルアップ研修制度が用意されていますし、マネジメント職に対しては、エグゼクティブコーチングを受けられるになっているなど、かなり充実した体制となっています。

 

また、外国人講師を招いた語学研修も定期的に開催されています。元々、エヌエヌ生命保険は、日常業務においても、英語を使う機会が多いので、語学スキルを身につけるうえでは、このうえない環境です。

 

なお、これらの研修の受講については必須ではなく、本人の意志に任されています。自分から手を挙げる人が、意欲に応じて、自由に学べる環境と考えてください。

 

現場の仕事に関しても、エヌエヌ生命保険は個人の自主性を大切にする会社であり、基本的に個人の裁量で、物事を決められるようになっています。

 

前例がなくても「こういうチャレンジやアプローチをしたい」と提案をすれば、まず「やってみなさい」という返答が得られるので、チャレンジ精神が旺盛な人にとっては、やりがいをもって仕事に取り組める職場と言えます。

 

エヌエヌ生命保険のワーク・ライフ・バランス

エヌエヌ生命保険の就労環境は、おおむね良好です。一部、残業が常態化している部署もありますが、これは例外的であり、全社的に見れば、労働時間は短めです。

 

有給についても、申請通りに取得出来るケースが多いですし、有給とは別に、2週間前後の夏休みが毎年、取れるようになっています。

 

また、フレックス勤務も可能となっているので、自分で自由にスケジュールを管理したいという人にとっては、最良な環境です。

 

ちなみに、エヌエヌ生命保険では、短時間で、多くの仕事をこなす人が高く評価されるので、この会社で働き続けるには、時間管理、業務マネジメントのスキルは必須となります。

 

それだけに、仕事で高いパフォーマンスを出す人は、結果的に、自分の時間も取れて、プライベートも充実したものになるという好循環になっています。

 

女性の働きやすさについて

エヌエヌ生命保険は女性の社員比率が高いこともあり、女性だからといって、仕事の内容などで、差別されることはありません。女性であっても、責任ある仕事に就いて、働くことが出来ます。

 

昇進の機会についても平等であり、管理職に就いている女性も多いので、キャリア志向が強い人にも、十分にやり甲斐を持てる環境です。

 

また、エヌエヌ生命保険は育児支援体制がしっかりしており、産休・育休については、誰でも自由に取得出来るようになっていますし、復帰後には、時短勤務を選択して働くことが、可能となっています。

 

子供の病気などを理由した、突発的な休みの申請についても、寛容ですし、周囲もそれを認める雰囲気があるので、小さな子供を持つ人でも、ストレスなく働くことが出来るでしょう。

 

エヌエヌ生命保険の転職先としての価値

ここまで、エヌエヌ生命保険の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、保険会社としては、トップクラスの給与水準ですし、労働環境としても整備されていて、働きやすいので、この業界で、転職を目指すのであれば、文句なしにオススメ出来る会社です。

 

敢えて、マイナス点を挙げれば、結果に対する追求度が、かなり厳しい会社なので、強いプレッシャーのなかで働くことが苦手という人にとっては、合わないと思います。

 

また、上司との関係性がうまくいかないと、全てが回らなくなる会社でもあるので、対人コミュニケーションが苦手な人にとっても、厳しいでしょう。(ちなみに、エヌエヌ生命保険は、上司が外国人というケースが多い会社です。)

 

このあたりは、個人の特性・考え方次第ということになるので、自分の価値観と照らしあわせながら、エヌエヌ生命保険への転職を目指すかどうか、判断するようにしてください。

 

最後に、エヌエヌ生命保険の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷うようでしたら、ぜひ一度相談してみてください。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、ほかの保険会社や別業種の企業を紹介してもらって、それらの求人と比較してみるというのもオススメです。(他の求人と比較検討することで、はじめて分かることもたくさんあります。)

 

転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件を満たす求人案件を選んでくれるので、興味がある人は、ぜひ他社のことについても聞いてみてください。

 

<エヌエヌ生命保険の中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。