オスラムの中途採用事情~求人の傾向、年収、就労環境など~

LEDなどの光半導体、蛍光ランプ、白熱電球、ディスチャージヘッドランプなどの製造・販売事業を手掛けるドイツのランプメーカー、オスラム。大手グループ、シーメンスの一員であり、欧州以外では、北米・アジアに製造・販売拠点を持ち、事業を展開しています。

 

オスラムの中途採用事情

 

その日本法人にあたるのが、オスラム株式会社。横浜に本社を置き、主に、自動者向け製品の輸入・販売を手掛けています。

 

一般向け製品の販売については、関連会社のオスラム・メルコ、三菱電機オスラムが担当しており、オスラム株式会社は、自動車用品サプライヤーとして、特化している企業です。

 

このページでは、オスラム株式会社の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

オスラム株式会社の中途採用求人の傾向

日本法人は、輸入販売に特化しているため、中途採用に関しても、営業職の求人の募集頻度が圧倒的に高くなります。また、展示会におけるデモ・アテンド、クライアントに対する技術指導・導入サポートといった業務を担当するアプリケーションエンジニアの募集頻度も比較的、高いです。

 

この2職種以外では、財務経理、人事、総務、法務等、管理部門系の求人が、チラホラ出てくる程度です。

 

ただし、オスラム株式会社は、社員数100名ほどの小さな組織ということもあり、絶対的な求人数はそれほど多くないので、こまめに求人情報をチェックする必要があります。

 

なお、日本法人では、自社で直接、募集をかけるケースは少なく、転職エージェント経由となるので、外資系企業の求人に強いエージェント、メーカーの求人に強いエージェントに求職者登録(会員登録)をしておくのがベストです。

 

一度、登録しておけば、新規求人が発生するたびに、その都度、連絡をしてもらえるので、自分で探す手間が省けて便利です。このページの最後に、オスラムの中途採用求人の取扱実績があるエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

オスラムに勤務する社員の年収について

オスラムは、給与額が全体的に高めですが、外資としては珍しく、成果が全てではなく、入社した時のポジション、ランクが非常に重要になってきます。

 

営業職については、売上目標を達成した時に、破格のボーナスがもらえますが、かなりキツイ数字なので、達成する人は殆どいないというのが、実情です。(達成者がゼロという年が、珍しくありません。)

 

管理部門については、数字で成果を図ることが難しいこともあり、年功序列で給与が上がるシステムが採用されています。それに加えて、何か新しいことにチャレンジして、良い結果を残した時には、査定に反映されて、給与が上がる仕組みとなっています。

 

このように、職種によっても、具体的な年収は変わってくるのですが、一応の目安を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 一般職 年収600万円
  • 課長 年収900万円
  • 部長 年収1000~1200万円

 

オスラムの人事評価制度について

外資らしく、実力主義の会社であり、結果のみが評価の対象となってきます。日系企業にありがちな、上司が自分の気に入った社員のみを高く評価するといったようなことはなく、努力している人が、正当に評価される風土がある企業です。

 

その反面、結果主義が行きすぎることもあります。たとえば、近年の例では、東日本大震災での操業停止に伴う売上目標未達が、評価に直接的に影響を与えたといったことがあります。

 

あくまでも例外的なケースではありますが、こういったこともあるため、一部の社員からは、人間味がない評価制度という声も聞かれるのも事実です。

 

成長環境について

オスラムは社員教育に、それほど注力しているわけではないので、社内研修制度などについては、それほど期待出来ません。学びの機会を重視する人にとっては、物足りない企業だと思います。

 

むしろ、成長ということでいえば、オスラムはドイツ本社、海外支社と協働しながら、仕事を進めることが常態化しているので、海外ビジネスの経験が積めること、英語を使って仕事が出来ることなど、仕事をこなすこと自体が、自分の成長につながるという企業です。

 

OJTのように、仕事を通じて先輩や上司から教えてもらうといったことはないので、あくまでも、自分で必要な知識を学びながら、業務を遂行することになりますが、結果として、オスラムで働いたことが、自己の成長につながったという社員は多いです。

 

ワークライフバランスについて

オスラムは、一人一人の裁量が大きな会社なので、勤務スケジュールの調整は、しやすいです。有給休暇の取得率も高いです。

 

その一方、ドイツ本国のスケジュールで働くため、ゴールデンウィークやお盆、正月の休みはないので、家族と休みが合わないといったマイナス面があります。

 

また、部署にもよりますが、海外出張が頻繁に発生するので、ワークライフバランスを重視する人は、この点も頭に入れておいたほうがいいです。

 

女性の働きやすさについて

評価制度のところでも触れたように、オスラムは実力主義の会社なので、性差別はありません。女性も男性と同じように働くことが出来ますし、昇進・昇給の機会も、男女平等です。

 

その一方で、女性特有のライフイベントに対する配慮がされている会社でもあり、産休・育休の取得率が高く、復帰に関しても支障がないので、子供を育てながら、働き続けることが可能です。

 

オスラムの転職先としての価値

ここまで、オスラムの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、小さい組織ではありながら、働きやすい環境が整っている企業であり、転職を目指すには、良い会社と言えます。

 

ただし、中途採用で入る場合、先ほども触れましたが、入社時の給与やランクが、後々まで響いてくるので、面接の時に、どれだけ自分の要望を通せるのかというのが、重要になってきます。中途半端に妥協すると、後悔することになるので、納得がいくまで、交渉するようにしてください。

 

こういった交渉が苦手という人は、転職エージェントに交渉を代行してもらうことをオススメします。彼らはプロであり、こういった交渉に慣れているので、うまく話を進めてくれます。

 

オスラムの中途採用求人を探す時には、エージェントから紹介してもらうことになるので、その流れで、こういったフォローも受けてみてください。

 

下記に、オスラムの中途採用求人の取扱実績があるエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、当たり前の話ですが、エージェントは様々な企業の求人情報を扱っているので、他社の求人を紹介してもらうのもアリです。複数の求人を見比べれば、より冷静な判断が出来ます。

 

オスラム以上に、魅力的な企業が存在するかもしれないので、興味がある人は、ぜひ、オスラムの求人情報と併せて、確認してみてください。

 

<オスラム株式会社の中途採用求人を扱う転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ