スウォッチグループジャパンの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

スイスを本拠地とする世界最大級の時計メーカー、スウォッチグループの日本法人であるスウォッチグループジャパン。様々なブランドを取り扱っていますが、近年は、時計だけでなく、アパレルやジュエリーなどの販売も手掛けています。

 

スウォッチグループジャパンの中途採用事情

 

世界的な高級市場の落ち込みの影響もあり、業績に苦戦している面もありますが、スマートウォッチの投入など、新しい取り組みをどんどん取り入れ、業績の回復を模索するなど、積極的に事業を進めています。

 

こういったこともあり、組織の改編(人材の淘汰)にも積極的であり、人材採用ニーズは旺盛です。(常時、優秀な人材を求めています。)

 

中途採用に関しても、販売職を中心に、様々な職種で募集をかけているので、転職のチャンスは豊富です。このページでは、スウォッチグループジャパンの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境などについて、まとめていますので、転職活動に役立ててください。

 

スウォッチグループジャパンの中途採用求人の傾向

スウォッチグループの採用情報ですが、公式サイト内にある採用情報ページにおいて、販売職やカスタマーサービスの求人が掲載されており、ブランドごとに確認することができます。
http://www.swatchgroup.jp/about/recruit/

 

ただし、具体的な求人情報は一切掲載されておらず、エントリーフォームもないので、かなりわかりにくいです。これは、スウォッチが求人を出す時には、転職会社や転職サイトを利用するという背景があります。

 

そのため、スウォッチグループジャパンの求人情報を探すときには、はじめから、転職会社に問い合わせたほうが早いです。このページの最後に、取り扱い実績が豊富な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、中途採用の傾向としては、販売職に関しては、契約社員やアルバイトとしての採用となる求人がメインですが、正社員登用制度が設けられており、入社後に、実績を出すことができれば、正規雇用される可能性があります。

 

高卒以上ならば、誰でも応募可能となっており、経験が浅くても採用されるチャンスが、十分にあるので、実務経験がない人にとっては、はじめのきっかけとして、オススメです。

 

もちろん、接客販売などの実務経験があると、優先的に採用されるので、有利ですし、かなり早い段階で、正社員に昇格出来る可能性があります。

 

なお、実務経験以外では、語学スキルを有する人材、コミュニケーション能力が高い人材を優遇する傾向が強くなっているので、該当する人はチャンスです。

 

一方、総合職に関しては、営業・販売促進、マーケティング、広報、経理財務、人事、法務などの職種において、求人が発生することがありますが、全体的に数が少なく、常時出ているわけではありません。

 

そのため、スウォッチグループへの転職の機会を模索しつつ、他社への転職も視野に入れて、多角的に転職活動を展開するというのがベストです。このあたりは、転職会社に相談すれば、状況に合わせて、的確なアドバイスをしてくれるので、一度、話をしてみてください。

 

なお、総合職に関しては、即戦力とみなされるような人材でなければ、まず採用されないので、どの職種においても、該当業務に関する実務経験が必須と考えてください。

 

ただし、求人によっては、他業種での経験でもOKとされるケースがあるので、異業種からの転職を考えている人にも、チャンスがあります。

 

スウォッチグループジャパンの社員年収・昇給制度について

スウォッチグループジャパンにおける社員の年収例を挙げると、下記の通りとなります。

 

【販売職】

  • 販売スタッフ(アルバイト) 年収200万円
  • 20代 販売員(契約社員) 年収250万円
  • 30代 ストアスタッフ(正社員) 年収330万円
  • 30代 店長 年収350万円

【総合職】

  • 36歳 営業事務 年収500万円
  • 30歳 営業課長 年収550万円
  • 30代 人事主任 年収600万円
  • 事務部長 年収900万円

 

給与形態は、職種や雇用形態によって違いがありますが、正社員・契約社員の場合、年俸制となるのが基本です。(年俸を12分割した金額が、毎月支払われることになります。)

 

また、年俸とは別に、実績や売上に応じたインセンティブが支払われる仕組みとなっています。会社の業績、及び、個人の実績によって、インセンティブの支給額が異なるので、社員間の給与格差は、それなりに大きなものと言えます。

 

そのため、スウォッチグループジャパンの給与水準がどうかというのは、全社員を一まとめで捉えることは出来ないのですが、平均額で言えば、ファッション業界内においては、ほぼ標準的と言える数字です。

 

ブランド力がある企業のわりには、それほど高いわけではありませんが、成果主義が採用されており、自分の努力次第で、給与を上げることが出来るので、それほど不満に感じている社員はいないようです。

 

その代わり、一律の昇給というのは期待出来ません。あくまでも実績ベースとなりますし、同じポジションにいる限り、人事評価が高くても、昇給額は少額にとどまるので、昇進することが、給与アップの唯一の選択肢となります。

 

マネージャークラスになれば、年収1000万円以上も見込めるので、悪くはないのですが、もちろん、昇格出来るのは一部の人間に限られるので、競争は厳しいものとなります。

 

なお、中途採用の場合、前職までの実績を加味して、給与が設定されることになりますが、交渉次第では、会社からの提示額に対する上積みも期待出来ます。ある意味、転職時というのは、最も給与を上げやすいタイミングとも言えるので、納得がいくまで交渉することをオススメします。

 

中途半端に妥協すると、そう簡単に昇給出来ない会社だけに、後々まで後悔することになるので、注意してください。

 

こういった交渉が苦手ということであれば、転職会社に代行してもらってください。彼らは交渉術に長けているので、うまく好条件を引き出してもらえるかもしれません。

 

もちろん、必ずしもうまくいくわけではありませんが、一個人が自分で行うよりも、可能性は高いので、依頼したほうが賢明です。

 

スウォッチグループジャパンの評価制度について

スウォッチグループジャパンでは、年に一度の人事評価があり、目標達成率を主な指標として、上司が査定を行う仕組みとなっています。成果主義の会社なので、評価に対して、不公平感を感じる社員は少ないです。

 

ただし、先ほども触れたのですが、高評価を受けることができても、他の外資系企業のように、昇進や昇給にすぐに繋がる可能性は低く、キャリアアップには、コンスタントに高い評価をもらう必要があるということを、頭に入れておいてください。

 

教育制度・成長環境について

スウォッチグループジャパンは、資格取得補助、自己啓発支援というような制度が整っており、本人に意欲があれば、幾らでも学ぶ機会はあります。

 

ただし、会社側から社員に対して、受講を積極的に奨めるといったことはないので、自分で業務をマネジメントして、学びにかける時間を捻出するといった工夫は必要です。

 

なお、スウォッチグループは、社外から優秀な人材を次々に採用している会社なので、社員全体のレベルが高く、普通に仕事をしているだけでも、多くのことを学べる会社なので、成長環境という点では、十分に満足出来る職場でしょう。

 

ワークライフバランスについて

スウォッチグループジャパンは、一人あたりの業務量がそれほど多くないため、ほぼ毎日、定時通りに退社することが可能です。

 

休日出勤もないですし、有給休暇も、自分の希望通りに取れるので、プライベートの時間を確保しやすいです。(有給消化率が、非常に高い会社です。)

 

繁忙期など、例外的に忙しいこともありますが、その程度なので、ワークライフバランスについては、何も心配する必要はありません。極めて良好な環境にある会社と考えてください。

 

女性の働きやすさについて

スウォッチグループジャパンは、女性の社員比率が高いということもあり、女性が活躍出来る環境作りに力を入れている会社です。男女で仕事内容に差がつくことはないですし、部長職に就いている女性社員が存在するなど、キャリアアップの機会も開かれています。

 

女性特有のライフイベントに対する支援制度も充実しており、産休・育休については、本人の希望通りに取得することが出来ます。(入社後1年以内に、休みを取得したという事例もあります。)

 

復帰後も、働きやすいように、何かと配慮してくれますし、周囲からのサポートも受けられるので、子供を育てながら、バリバリ働いている社員が多い会社です。

 

スウォッチグループジャパンの転職先としての価値

ここまで、スウォッチグループジャパンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、成果主義の会社なので、自分次第で、幾らでも、昇進・昇給を手にすることが出来ます。

 

自分を磨くことが出来る環境が整っているので、成長意欲が高い人にとっては、高い価値を感じる会社と言えるでしょう。

 

それでいて、ワークライフバランスが良好な会社なので、仕事とプライベートを、しっかりと両立出来るというのも、大きな魅力です。

 

ただし、成果主義だけに、結果を出せなければ、厳しい状況に追い込まれることなります。常に、結果に対するプレッシャーを受けることにもなるので、ノンビリとマイペースで働きたいという人にとっては、向いている職場ではありません。

 

そういった意味では、人を選ぶ会社なので、自分の方向性と合っている会社なのかどうか、見極めたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、スウォッチグループジャパンの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情を把握しているので、こういった転職の判断について、アドバイスを求めるのもアリです。(冷静に分析してくれます。)

 

また、彼らは、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。比較検討することで、より適切な判断が下せますし、もしかしたら、スウォッチ以上に、魅力的な会社が出てくるかもしれません。

 

聞いてみて損はないので、ぜひ、色々と話を聞いてみてください。(希望条件を伝えれば、それらの条件に合う会社を探してくれます。)

 

<スウォッチグループジャパンの中途採用求人の取り扱い実績がある転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ