セールスフォース・ドットコムの中途採用事情~年収、就労環境~

米国カリフォルニア州に本社を置く、世界有数の業務用ソフトウェア会社、セールスフォース・ドットコム。クラウドベースのCRMソフトウェア市場では、圧倒的な導入実績を誇り、市場のトップランナーとなっています。

 

セールスフォース・ドットコムの中途採用事情~年収、就労環境~

 

日本法人は2000年に設立された株式会社セールスフォース・ドットコムで、現在は東京・大阪・名古屋の3都市に事業所を構えています。

 

毎年30%ほどの高成長を続けており、それに伴い、人材採用を精力的に進めています。このページでは、セールスフォース・ドットコムにおける中途採用の求人事情や転職者の年収、就業環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

セールスフォース・ドットコムの中途採用事情

セールスフォース・ドットコムでは、通年で中途採用を行っています。募集職種は、エンジニア系、コンサルタント系、営業系の3系統に分かれます。具体的な職種名を記載すると、かなり長くなってしまうので、具体例を一部挙げると、下記の通りとなります。

 

<エンジニア系>

  • ソリューションエンジニア
  • UX/UIデザイナー

 

<営業系>

  • アカウントエグゼクティブ

 

<コンサルタント系>

  • ビジネスアーキテクト(コンサルタント)
  • プログラムアーキテクト(ITコンサルタント)

 

これらの職種は、【流通業界担当のソリューションエンジニア】といったような形で、クライアント企業の業種や会社規模によって、細分化され、ポジションごとに、求める人物像が、明確に定められています。

 

たとえば、この【流通業界担当のソリューションエンジニア】だと、必須要件は以下のようになっています。

  • 流通業界の業務知識
  • CRM,ERP,SCM,BI,BPM等いずれかのソリューションのプリセールスを経験している
  • 上記ソリューションエリアでシステムインテグレーションの提案活動、プロジェクトマネージャー、コンサルティングのいずれかを経験している
  • セミナーやイベントなどでプレゼンテーション/デモを経験している

(Salesforceソリューションの知識があれば尚可)

 

見て頂くと分かりますが、要求内容はかなり細かくなっています。これは、全職種共通ですが、ポジションごとに要求される実務経験、スキルセットは大きく異なるので、個々に確認するようにしてください。

 

いずれにしても、中途採用に関しては、要求度がかなり高いので、その分野におけるプロフェッショナルと認められるだけの実績・スキルを持ち合わせていないと、セールスフォース・ドットコムに転職するのは、難しいと考えてください。

 

セールスフォース・ドットコムの社員年収について

セールスフォース・ドットコムの社員年収について、幾つか具体例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 27歳 ITコンサルタント 年収900万円
  • 34歳 ITコンサルタント 主任クラス 年収1450万円
  • 人事 34歳 年収800万円
  • 経理財務 32歳 年収1000万円
  • 営業 28歳 年収700万円
  • 営業 28歳 年収1150万円
  • 営業 30歳 年収750万円
  • 営業 30歳 年収1200万円
  • 営業 33歳 年収1100万円
  • 営業 45歳 年収1000万円
  • 営業マネージャー 35歳 年収1000万円
  • 営業マネージャー 38歳 年収1500万円
  • 営業 26歳 年収900万円
  • 営業 28歳 年収700万円
  • 営業 29歳 年収1200万円
  • 営業 32歳 年収1000万円
  • 営業 35歳 年収1000万円
  • 営業 35歳 年収2000万円
  • 営業 37歳 年収1500万円
  • 営業 45歳 年収1000万円
  • 営業マネージャー 38歳 年収1800万円
  • インサイドセールス 24歳 年収550万円
  • インサイドセールス 32歳 年収700万円
  • インサイドセールス 35歳 年収600万円
  • インサイドセールス マネージャー 30歳 年収1200万円
  • プリセールスSE 30歳 年収1000万円
  • 経理財務 32歳 年収800万円
  • 人事 34歳 年収950万円

 

IT業界、外資ということで、実力主義が徹底している会社であり、年齢にかかわらず、実績を残せば、その内容が正当に評価され、給与にも反映される給与体系となっています。30歳前後で年収1000万円以上の給与を手にしている社員が多く、業界内でも有数の高給与企業です。

 

特に、営業職は、その傾向が強くなっています。営業コミッションは青天井であり、結果を出せば出すだけ、給与がアップしますし、評価に関しても、年間目標を、数年連続して達成することが出来れば、20代でもマネージャーへの昇進が可能です。

 

やればやるだけ、目に見える結果がついてくる会社であるため、社員のモチベーションは非常に高く、精力的に仕事に取り組んでいます。

 

就業環境、ワークライフバランスについて

セールスフォース・ドットコムは実力主義の会社で、みんなバリバリ働いていますが、一部の日系の会社(IT企業など)であるようなブラックという雰囲気は全くなく、ワークライフバランスという観点で見ても、良好な会社です。

 

フレックスタイム制度、テレワーク制度が導入されており、出退勤時間が自由なため、仕事とプライベートのバランスは、自分次第でいくらでも調整可能です。

 

また、社内には、仕事よりも家族のほうが大切という価値観があるため、事前に意志表示をしておけば、家族の用事のために、有給を取ることが受け入れられるなど、休暇の取得にも、融通が利きます。

 

個人の裁量が大きく、自由度が高い会社ですが、これは裏返せば、完全に個人の責任でタイムマネジメントを行う責任があることを意味しており、業務効率が悪いと、勤務時間内に仕事が終わらず、時間外労働に追われるはめになります。

 

その場合でも、会社や周りが助けてくれることはなく、自己責任で業務を遂行する必要があります。

 

※補足
こんなふうに書くと、助け合いの感覚がない冷たい職場と感じる人もいるかもしれませんが、そうではなく、各個人が自分の役割を果たすことが求められるということです。

 

同僚と協力して、仕事を進めることもあれば、先ほども触れたように、お互いにフォローする形で、長期休暇を取得することも、行われており、セールスフォース・ドットコムは、むしろ、社員間の協調性がある会社です。

 

自分の責任をまっとうしない人が、甘やかされることはないという意味で、捉えてください。

 

セールスフォース・ドットコムの福利厚生について

外資企業としては珍しく、セールスフォースは、福利厚生が非常に充実している会社です。各種保険が完備されていることはもちろん、育児・介護休暇や時短勤務制度も整っているため、子育てや親の介護をしながら、働くことが可能です。

 

先ほども触れたように、家庭を大切する社風がある会社なので、何か事情がある時には、周囲のサポートを受けながら働ことが出来ます。

 

フリードリンク&スナック、マッサージルームの利用料無料など、オフィス環境も非常に整っており、気持ち良く仕事に取り組むことが出来ると、社員の満足度は非常に高いです。

 

成長環境について

セールスフォース・ドットコムは、社員教育に対する力の入れ具合が強い会社です。自社サービスに関する研修が、頻繁に行われていますし、営業の成功事例を、社員間で共有するための勉強会なども、盛んに実施されています。

 

ビジネススキルの習得補助も、積極的に行なわれており、社外のビジネス研修に参加する時には、費用を負担してもらえます。また、職種によっては、米国本社において、研修を受けることも可能です。

 

語学スキルの向上に対する支援体制も充実しており、社内で開催されている、英会話研修を受けることも出来れば、会社負担で、外部の英会話スクールに通うことも出来ます。

 

セールスフォース・ドットコムの転職先としての価値

ここまで、様々な観点から、セールスフォース・ドットコムの社内環境について、見てきますが、給与水準が高いうえ、就労環境が整っている優良企業です。クラウドベースのCRMソフトウェア市場でトップシェアを誇り、現在も毎年、高成長を続けているので、将来性も十分です。

 

職場の雰囲気が明るいので、転職を目指すには申し分ない企業ですが、個人に課せられる責任は、かなり重いものとなるので、職責を果たすだけの覚悟が必要となります。

 

また、中途に関しては、即戦力の人材のみを採っている会社なので、採用されるためのハードルは高いです。自信を持って応募した人でも、落とされる例が少なくないので、本気で転職を目指すのであれば、気合いを入れてチャレンジしてください。

 

いずれにしても、まずは中途採用の求人情報を入手するのが、出発点となります。セールスフォース・ドットコムには、採用情報ページが用意されているので、こちらから確認することが出来ます。
https://www.salesforce.com/jp/company/careers/

 

ただし、全世界共通のページとなるので、少し見づらいです。また、有効求人の全てが掲載されているとは限らず、転職会社経由で募集がかかることもあります。そのため、セールスフォースの公式サイトを確認しつつ、転職会社にも問い合わせることをオススメします。

 

下記の転職会社であれば、外資系企業の求人に強く、セールスフォース・ドットコムの求人情報を押さえているケースが多いので、問い合わせ先として最適です。

 

なお、当たり前の話になりますが、これらの転職会社は、日系・外資を問わず、様々な企業の求人を扱っているので、他社の情報についても教えてもらって、比較検討するのもアリです。転職先を決める際には、頼りになる存在なので、うまく活用してください。

 

<外資系企業に強い転職会社>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

 

※補足
このところ、JACは現職者の転職支援に力を入れており、離職中の人の場合、よほどの経験・スキルがないと、有望な求人を紹介してもらうのは難しくなっています。

 

(経験・スキルの定義が難しいのですが、前職の給与が年収600万を超えるぐらいであれば、まず大丈夫です。)

 

この条件に当てはまらない人は、上記でも触れているリクルートエージェント、もしくはマイナビエージェントといった転職会社のほうがオススメです。

 

 

特に、マイナビは若手層の転職支援に力を入れているので、35歳ぐらいまでの人であれば、職歴などを問わず、好条件の求人を紹介してもらえる可能性が大です。

 

(この年代のビジネスマンであれば、経歴不問で募集をかけている企業の求人を多数扱っており、そのなかには大手も含まれているので、なかなか悪くないです。)

 

 

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ