ソニー生命保険の中途採用事情~求人の傾向、社員の年収、労働環境など~

ソニー生命保険の中途採用事情

 

ソニー系列の生命保険会社であるソニー生命保険。今では当たり前となりましたが、顧客に対して、その人に最適な保障を提供するための、『オーダーメイドの生命保険』を、はじめて業界に取り入れて、それまでの慣習を変えた、新進気鋭の保険会社です。

 

今現在においては、ソニー生命保険では、医療保険や生命保険、学資保険などの多様な商品の開発に取り組むとともに、各保険商品において、将来にわたり確実に保険金・給付金を支払うための資産運用にも、力を入れています。

 

保険財務力や保険金支払能力の格付けも、格付投資情報センターで『AA』スタンダード&プアーズで『A+』となっているなど、他の生命保険会社よりも、優れた評価を得ています。

ソニーファイナンシャルホールディングスのなかでも、稼ぎ頭となったソニー生命保険ですが、業績を順調に伸ばしているため、組織拡大の動きも強く、常に新しい人材の採用を積極的に行っています。

 

このページでは、ソニー生命保険の中途採用求人の傾向、及び、勤務する社員の年収・給与水準、社内の就労環境についてまとめていますので、転職活動の際に参考にしてください。

 

ソニー生命保険の中途採用求人の傾向

中途に関しては、サポーター(代理店営業)、及び、本社内勤(商品開発、代理店企画、法務、情報管理、財務、保険リスク管理、社内システム管理、経理、医務職員、保健師)の2系統に分かれる形で、募集をかけています。

 

サポーター(代理店営業)に関しては、2年以上の営業経験を有すること、全国転勤が可能なことが応募条件となっており、前職までの業界経験は不問となっています。(実際に入社者の8割以上が異業種からの転職組となります。)

 

本社内勤職については、職種により必要な実務経験、専門知識、資格が異なるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

なお、ソニー生命は、『論理的に対外折衝が出来ること』、『自ら考え、自ら行動する意欲、実行力のあること』を求める人物像としているので、自分がこの会社に向いているかどうかの指標としてください。

 

求人情報の入手方法

求人情報の入手方法ですが、ソニー生命保険の公式サイト内にある採用情報ページにおいて、現在、募集がかかっている求人の一覧について、確認することが出来ます。
http://www.sonylife.co.jp/company/employment/

 

また、ソニー生命は、転職会社経由でも募集をかけているので、こちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが可能です。

 

公式サイト、転職会社、いずれにおいても、入手出来る情報に違いはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人案件を扱っているので、ソニー生命を含めて、複数の企業の求人を見比べてみたいという時には、まとめて情報を教えてもらえるので、便利です。(自分で探すが手間が省けます。)

 

このページの最後に、ソニー生命保険の中途採用求人を取り扱う、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ソニー生命保険の社員の年収・給与制度について

ソニー生命保険に勤務する社員の給与水準ですが、幾つか具体的な年収例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 営業 30歳 年収400万円
  • 営業 35歳 年収700万円
  • 営業 35歳 年収900万円
  • 営業 課長 45歳 年収1600万円
  • 営業 課長 50歳 年収1200万円
  • 営業 部長代理 42歳 年収1500万円
  • ライフプランナー 28歳 年収400万円
  • ライフプランナー 32歳 年収600万円
  • 経営企画 25歳 年収420万円
  • 経営企画 34歳 年収750万円
  • 事業企画 35歳 年収800万円
  • 営業事務 29歳 年収470万円
  • 経理財務 31歳 年収700万円
  • 人事 30歳 年収650万円
  • 法務 30歳 年収650万円
  • 内部監査 主任 35歳 年収650万円
  • 内部監査 課長 38歳 年収750万円
  • システム開発 30歳 年収600万円
  • システム開発 主任 30歳 年収700万円

 

ソニー生命保険の給与制度は、職種によって異なります。内勤職の場合は基本給に加えて、年2回ボーナスが支給されるというオーソドックスな給与体系となっています、残業代も実績に基づいてきちんと支払われますし、給与水準は一般企業と比べて、高めです。

 

一方、営業職やライフプランナーの場合は、固定給という考え方ではなく、完全歩合制の給与体系となっており、成績次第で年収にばらつきが生じます。最低月収の保障はなく、実績が悪い月だと給与がほとんどなくなる、といった可能性もあり得ます。

 

ですが、もちろん実績を上げれば上げるほど月給も増えますし、一定の水準をクリアすればボーナスが年4回支給されます。すべては営業成績によるので、若いうちから自分の努力次第では、かなり高い年収を得ることが可能です。(1000万オーバーの年収も、普通に見込めます。)

 

また、福利厚生については、財形貯蓄やソニーフィナンシャルホールディングス社員持株会、ソニーファミリーカード、ソニー健保保養所、ソニー健保フィットネスクラブなど、大手だけあって充実した内容となっています。独身者に対しては、寮も用意されており、格安で利用出来ます。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途の場合、これまでの実績をベースに、基本給が算出されることになりますが、ここは交渉次第で数字が変わるので、ソニー生命保険からの提示額に納得がいかない時には、満足出来るまで、交渉することをオススメします。

 

ここで、中途半端に妥協してしまうと、後々まで後悔することになるので、NGです。特に、ソニー生命は実力主義の会社で、個人の力で収入がガラっと変わるので、尚更です。

 

もし、こういった交渉事が苦手ということであれば、前述した転職会社に交渉の代行を依頼してください。彼らは転職のプロなので、この手の交渉術に長けており、しこりを残さない形で、うまく話を進めてくれます。

 

交渉ベタな人が自分で下手に進めるよりも、間違いなく、良い結果に落ち着くので、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

ソニー生命保険のモチベーション・評価制度について

ソニー生命保険の評価制度は、職種によって異なります。営業やライフプランナーだと、実績とプロセスの二面評価となりますが、売上実績での評価が大きなウエイトを占めるため、売れば売るだけ、評価は高くなります。

 

ソニー生命保険では、年功序列の評価というものは全くなく、若くても実績を上げれば、その分きちんと評価されますし、家族同伴で、ハワイで表彰式をしてもらえるなど、多くの見返りを得られるので、やり甲斐がある環境となっています。

 

一方、内勤部門においては、MBO制度が導入されており、期初に設定した個人目標の達成度合いをベースに、査定が下される仕組みとなっています。こちらは比較的横並びで評価される傾向にあり、普通に仕事をしていれば、それだけで一定の評価はもらえます。

 

ソニー生命保険の成長・キャリア開発について

ソニー生命保険の教育制度はしっかりとしており、リーダー研修やマネジメント研修なども含め、個人の成長につながる様々な研修が用意されています。自分から積極的に学び、成長したいと考える人には、そのための機会がたくさん与えられる環境です。

 

ただし、会社の構成として、中途入社の社員が多いこともあり、経験が浅い若手社員の育成については、教育体制が確立していないようなところもあります。実務については、配属先で上司や先輩に教わりながら、覚えていく形となります。

 

なお、ソニー生命保険で昇進するためには、社内昇格試験に合格しなければなりません。試験は論文とプレゼンテーションですが、合否は普段の実績よりも、この論文とプレゼンの結果が重視されるので、準備にどれだけ時間をかけるかがカギとなります。

 

普段の実績はそれほどでなくても、しっかり準備ができて、論文・プレゼンの結果が良ければ、昇格出来てしまう反面、優秀で仕事が忙しい人ほど、準備の時間が取れずに不利になる、といった難点もあるようです。

 

ワークライフバランスについて

ソニー生命保険の就労環境は、部署にもよりますが、基本的には良好です。フレックス勤務が導入されているので、スケジュール調整の自由度が高く、自分の裁量で、仕事を進めることが出来ますし、休みも計画的に取りやすいです。

 

また、会社として、残業時間の削減に取り組んでいることもあり、総労働時間が年々、減少傾向にありますし、5日連続で休みが取れる特別休暇制度なども用意されているので、プライベートを重視しながら働きたいという人にとっても、十分に満足出来る環境でしょう。

 

なお、営業職に関しては、さらに自由度が高く、基本的に会社に出社するのは週2回となり、それ以外は自己裁量で、直行直帰も許されています。

 

しかしながら、定時後に会議が盛り込まれることが多いですし、元々、業務量自体が多いので、他部署と比較しても、長時間労働になりがちです。少なくても、平日においては、プライベートの時間を楽しむといったことは、まず無理と考えておいたほうがいいです。

 

ただし、休暇については、他部署と同じように、まとまった休みを取れたりするので、他社の営業マンと比べれば、ワークライフバランスは格段に良いと言えます。保険の営業マンとして働くのであれば、ソニー生命以上に、就労環境が良い職場を見つけるのは、至難の業です。

 

女性の働きやすさについて

ソニー生命保険は、女性にとっては、かなり働きやすい環境といえます。女性社員の割合が多いうえ、評価の仕組みも働き方も、男女での区別はなく、昇進のチャンスも平等なので、管理職に就いて、活躍している女性も多いです。

 

また、ソニー生命は、コンプライアンス意識が高い会社でもあり、各種ハラスメント対策についても、しっかりと、なされています。

 

もちろん、育児支援体制についても、産休・育休・時短勤務といった制度を整備しており、これらの制度を活用している女性が少なくありません。

 

ちなみに、育休は最長3年まで取得することが出来ますし、何度でも取得可能です。実際、数回取得して復帰している人もいます。

 

復帰後には、時短勤務を選択して、働いている女性も多く、それに対して否定的な雰囲気も一切ないので、安心して、子育てにも注力しながら、働くことができます。

 

ただし、復職後に確実に元の部署に戻れるかというと、そうではないケースもあるので、そこは注意が必要です。(特に、管理職に就いていた場合、降格になる可能性があります。)

 

ソニー生命保険の転職先としての価値

業界内でも、売上高が常にトップ10に入る安定した業績を残しているだけあって、新興の保険会社でありながら、待遇面・就労環境は、大手に十分匹敵するだけのレベルです。

 

保険会社への転職を考えているのであれば、ソニー生命保険は、必ず候補に入れるべきと断言出来るぐらいの、優良企業と言えます。

 

もちろん、このあたりの判断は、個人の考え方次第とはなるので、最終的には、自分自身の価値観と照らしあわせながら、転職の有無について判断して頂きたいのですが、少なくても、検討するだけの価値がある会社であることには間違いはないので、ぜひ真剣に考えてみてください。

 

最後に、ソニー生命保険の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、もし、判断に迷うところがあれば、一度相談してみてください。プロの視点で、冷静にアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、冒頭のほうでも触れましたが、他社の求人を紹介してもらって、比較してみるのもオススメです。比較することで、ソニー生命保険の価値が、より明確になりますし、もしかしたら、ソニー生命以上に、魅力を感じる会社と出会えるかもしれません。

 

転職先を決める時に、候補が多いに越したことはないので、他社のことについても、色々と聞いてみてください。

 

<ソニー生命保険の中途採用求人を扱っている転職会社>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ