ドリームインキュベータの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

ドリームインキュベータの中途採用事情

 

東京都千代田区に本社を置き、コンサルティング、および、投資事業を行っているコンサルティングファーム、ドリームインキュベータ。課題解決のための戦略コンサルティングとベンチャー企業への投資を行うインキュベーションを、事業の柱としています。

 

コンサルティング事業のみならず、自社で投資や事業の運営を行っているユニークなコンサルティングファームで、新規事業立ち上げに向けたコンサルティング(プロデュース)を手掛けることが多いことも、特徴の一つです。

 

また、アジア展開やM&A支援、人材育成支援を行うほか、グループ会社においては、アセットリクイデーション事業、ペット向け医療保険事業、知的財産権への投資、コンテンツマネジメント等、様々な事業を幅広く手がけています。

 

非常に勢いとスピードがある会社なので、バリバリ働いて結果を出して、それに見合う見返り=収入や自己成長を手に入れたい人にとっては、最適な職場ですし、自由度が高いので、働いていて面白い会社だと思います。

 

このページでは、ドリームインキュベータの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ドリームインキュベータの中途採用求人の傾向

ドリームインキュベータは、経験豊富なビジネスマンを、社外から採用するほか、国内・海外の大学院に在籍している、MBA取得予定者などに対しての求人活動を積極的に行っています。

 

採用に関する情報については、公式サイトにある採用ページにおいて、詳細を確認することが出来ます。
http://www.dreamincubator.co.jp/recruit/midcareers

 

求人が行われている職種としては、ビジネスプロデューサー(新規事業担当、投資担当)、経営戦略コンサルタント、財務コンサルタントなどが、主なものとなります。

 

また、ドリームインキュベータの事業運営に関与する管理部門系の職種(経営企画、経理財務、人事、法務など)においても、募集がかかることがありますが、こちらは、数としては少ないです。

 

募集要件としては、企業や官公庁での実務経験が必須となりますが、求人ごと(採用ポジションごと)に、具体的な経験、保有スキル・知識の内容が、細かく指定されているので、詳細については、個別に確認するようにしてください。

 

なお、大学院に現在、在籍中の人に関しても、実務経験は必要となるので、社会人経験が全くない人の場合、ドリームインキュベータに転職するのは難しいです。(勉学のため、現在、仕事から離れているというのは、問題なしです。)

 

補足)求人情報の入手方法について

ドリームインキュベータでは、転職エージェント経由でも募集をかけており、状況によっては、自社サイトでは告知をせずに、エージェントに採用を任せるというケースもあります。

 

現場の中核を担えるような即戦力の人材を募集する求人に、こういったケースが多いのですが、給与を含めた条件面が厚遇されている案件ばかりなので、経験豊富な人は、エージェントにも、コンタクトしておいたほうがいいです。

 

また、こういった背景があるため、公式サイトを見ても、求人が見つからないのに、エージェントに問い合わせたら、紹介してもらえたという事例もあります。

 

そのため、公式サイトをチェックして、希望条件に見合う求人が見つからない時でも、そこで諦めず、エージェントに相談してみることをオススメします。

 

このページの最後に、ドリームインキュベータの中途採用求人の取扱実績がある転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ドリームインキュベータの社員の年収・給与制度について

ドリームインキュベータに勤務する社員の年収ですが、職種別に幾つか事例を挙げると、下記の通りとなります。(トップファームと比較すると、若干低めと言えます。)

 

  • ビジネスコンサルタント 20代前半 年収 700万円
  • ビジネスコンサルタント 年収 800~1000万円
  • ビジネスコンサルタント 30歳 年収 1020万円
  • ビジネスコンサルタント 30代前半 年収 1000万円
  • ビジネスコンサルタント 30代前半 年収 1200万円
  • 経理 35歳 年収 540万円

 

給与は職位ごとのレンジで決まりますが、相場としては以下のようなイメージとなります。

 

  • ミドルコンサルタント:年収 800万円
  • シニアコンサルタント:年収 950万円
  • ビジネスプロデューサー:年収 1000万円
  • マネージャー:年収 1200万円以上

 

マネージャーからは、シニアマネージャー、執行役員へと昇格していきますが、その場合でも、給与は、外資系のように大きくは上がらない仕組みとなっています。

 

給与体系は年俸制で、年俸の12分の1が毎月支払われる形になっています。賞与は会社の業績に応じて支給されますが、職位が高くなるに連れて、振れ幅が大きくなる傾向があります。

 

なお、福利厚生に関しては、借り上げ社宅制度があるため、若干手取りが多くなるイメージです。また、以前はストックオプション制度があったのですが、現在は廃止されました。(復活する可能性もあるようなので、気になる人は、事前に確認するようにしてください。)

 

ドリームインキュベータの評価制度について

ドリームインキュベータにおける人事評価は、大きく2つに分かれており、一つはプロジェクトごとの評価、もう一つは通期での評価です。

 

プロジェクトごとの評価は、各プロジェクトの担当マネージャーによって行われますが、面談時に良かった点と改善点を、直接フィードバックしてもらえます。

 

また、通期の評価は半年に1回、業務におけるパフォーマンスが評価されますが、最終的な評価は、全マネージャー以上の役職者による議論を経て決定されます。特定の人の評価だけに偏ることがなく、フェアな査定が受けられる制度となっています。

 

ドリームインキュベータにおける成長環境について

ドリームインキュベータでは、入社時のトレーニングをはじめ、スキルアップのトレーニングや、自主学習のための環境が用意されていますが、基本的にはOJTが中心となります。特に先輩社員が専任で細かくフォローしてくれる、メンター制度といわれるフォロー体制が特徴的です。

 

キャリアパスも豊富に用意されており、ビジネスプロデューサーからはじめ、プロジェクトリーダーであるマネージャーとシニアマネージャー、プロジェクトの総責任者である執行役員へと進むステップが明確になっています。

 

また、実務を通しての成長という点では、1人当たりにアサインされるプロジェクト数が2ケースと、他社よりも多いため、成長のスピードが速いのも、大きなメリットと言えます。

 

ワークライフバランスについて

ドリームインキュベータは、コンサルティング業界の例にもれず、基本的には仕事量が多く、深夜残業や休日出勤が、多々発生しています。また、複数のプロジェクトに同時アサインされる関係上、各プロジェクトの合間に、休みを取得するのが、難しいことがあります。

 

ただ、会社全体としては、有休を取得しやすい雰囲気があり、裁量労働制でもあるため、出社・退社時間については、自由にコントロール出来るといったメリットがあります。(不必要に長時間労働を強制されるようなことは、ありません。)

 

また、最終的に休みをとれるかどうかは、担当するプロジェクトによるところが大きいのですが、長期的なプロジェクトにアサインされている時には、合間に少しまとまった休暇を取るなど、リフレッシュ出来る機会が取れるように、配慮されています。

 

また、担当するクライアントがしっかり休む会社だと、クライアントの状況に合わせて、まとめて休みを取ることが可能なケースもあります。

 

女性の働きやすさについて

ドリームインキュベータは、業界的に仕事量が多く、残業も多いことから、コンサルタント業務を行っている女性は非常に少なく、家庭との両立も難しいと言えます。また、キャリアに関しても、マネージャーに若干名の女性が在籍してはいますが、まだ職場の雰囲気は男性主体です。

 

ただ、コンサルタント業務であっても、時短勤務が適用されることや、より仕事の負担が少ない、アナリストへ異動するといったことが出来るので、仕事の内容を工夫することで、家庭や子育てとの両立を図ることが可能です。

 

会社としても、働き続けたいという意志がある女性については、バックアップするという姿勢を持っています。コンサルタントに関しては、業務の特性上、どうしても難しいということがありますが、そのなかでも、出来る限りの配慮はしてくれます。

 

女性だからといって、不利な立場に置かれたり、不公平な扱いを受けたりということはないので、安心してください。

 

ドリームインキュベータの転職先としての価値

ドリームインキュベータは、給与額こそ、同業他社に劣りますが、就労環境という点では、業界内のなかでも、かなり良いので、転職先として十分にオススメ出来る会社です。(給与が低いといっても、業種がら、高収入と言える額にはなります。)

 

社員がスムーズにステップアップ出来るように、学習環境やフォローアップ体制、キャリアパスを整備している会社でもあるので、コンサルタントとして、実力をつけていきたいという人にとっても、オススメのコンサルティングファームです。

 

給与については、もし、上級職にキャリアアップして、そこで満足出来ないようでしたら、別のコンサルティング会社に転職すれば、解決します。この業界は、転職が当たり前の世界なので、実力さえあれば、幾らでも渡り歩いていけます。

 

その実力をつける環境として、ドリームインキュベータは最適な職場なので、こういったことを踏まえたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、ドリームインキュベータの中途採用求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェントをリストアップしておきますが、いずれも、コンサルティング業界に強いエージェントなので、転職の判断に迷うようでしたら、ぜひ相談してみてください。

 

プロの視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。また、エージェントは様々な企業の求人情報をカバーしているので、他社の求人案件を紹介してもらうのもアリです。(ドリームインキュベータ以上に、自分に合った会社が出てくるかもしれません。)

 

転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件に合致する企業が存在するかどうか、探してくれるので、興味がある人は、ドリームインキュベータのこととあわせて、確認してみてください。

 

<ドリームインキュベータの中途求人の取り扱い実績が豊富な転職エージェント>

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

  • JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

コメントを残す

このページの先頭へ