ハインツ日本株式会社の中途採用事情~求人の傾向、年収、就労環境、etc~

ハインツ日本株式会社の中途採用事情

 

世界で初めてケチャップの商業販売に取り組み、成功したアメリカの食品メーカー、ハインツ。1876年創業と、歴史が古い会社ですが、ケチャップの大々的な普及を皮切りに、ピクルス、ソース類、冷凍食品等を次々に手掛け、世界を代表するグローバルメーカーに成長しました。

 

その日本法人に当たるのが、ハインツ日本株式会社。1961年の設立以来、業務用食品から、家庭用のデミグラスソース・ホワイトソース、冷凍食品、ドレッシングまで、様々な商品を幅広く取り扱っています。

 

また、自社製品を取り扱ったレシピを紹介したり、素材別の切り方を解説する動画を公開したりするなど、より多くの人が家庭において、洋食料理に親しむことが出来るような取り組みを、長年に渡り、続けています。

 

2015年には、同業メーカー、クラフトと合併することで、食品分野で世界第5位の規模になるなど、土台を着々と固め、安定した業績を上げている優良企業です。

 

このページでは、ハインツ日本株式会社の中途採用求人の傾向、及び社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ハインツにおける中途採用の求人傾向

ハインツでは、会社の方針で新卒採用は行っておらず、中途の人材登用に力を入れており、人員が必要になった時に、その都度、募集をかけています。

 

募集対象となる職種は、タイミングによって異なりますが、営業・マーケティング、PRといった販促系の求人が、最も多くなっています。加えて、物流管理、貿易事務、経理財務、人事、法務、経営企画、社内SEといった職種において、募集がかかることがあります。

 

応募条件に関しては、いずれの職種においても、該当業務に関する実務経験が必須となり、プラス、求人によっては、ビジネスレベルの英語力が要求されることになります。

 

(経理財務に関しては、原価関連の決算業務経験がある人や、輸入商品の請求処理業務経験がある人が募集されるケースが多くなっています。)

 

求人情報の入手方法

ハインツから発生している求人情報の入手方法ですが、公式サイト内に、キャリア採用情報ページが開設されており、新規求人が発生した時には、そちらのページに募集要項が記載されるので、こまめにチェックしてください。
http://www.heinz.jp/company/recruit/recruit2

 

また、ハインツは、民間の転職エージェント経由でも募集をかけているので、エージェントに問い合わせることでも、求人情報を確認することが出来ます。

 

ちなみに、タイミングによっては、有効求人がゼロということもありますが、その場合には、エージェントに求職者登録(会員登録)をしておくと、新規案件が発生した時に、メールで通知してもらえるようになります。

 

自分で探す手間がなくなり、けっこう便利なので、登録しておくことを、オススメします。このページの最後に、ハインツの求人案件を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ハインツの年収・給与制度について

ハインツに勤務する社員の年収ですが、幾つか具体的な事例を職種別に挙げると、以下のようになります。(マーサーの給与サーベイ比較によると、ハインツの給与水準は、ほぼ業界標準となっています。)

 

  • 法人営業 20代後半 年収600万円
  • 法人営業 30代前半 年収450万円
  • 営業 (課長) 35歳 年収750万円
  • 経理財務 30歳 年収500万円
  • 経理財務 (課長) 36歳 年収700万円
  • マーケティング 年収500万円

 

ハインツでは、ジョブグレード制が導入されており、等級に応じて、基本給が算出されるようになっていますが、借り上げ社宅や家族手当が基本給に加算されることになるため、同じ等級でも社員間では、若干の差が生じることになります。(それほど大きな差ではありません。)

 

なお、ハインツでは、一般社員から主任までは、それほどの年収差はなく、役職がつくようになって初めて、大幅に給与が上がる仕組みとなっています。

 

賞与は年1回、成果に基づくインセンティブボーナスが支給されています。昇給は不定期で、ある日突然上がるなど、その基準は不明のようですが、先ほども触れたように、役職につかないと、大幅には上がらないので、あまり気にする必要はないでしょう。

 

福利厚生については、各種保険、財形貯蓄、社員割引等一般的なものから、ベネフィット・ワンが用意されています。

 


福利厚生サービス ベネフィットワン

 

人事評価・昇給制度について

ハインツでは、世界共通の目標設定制度があり、ハインツ日本も、その制度を利用する形で、人事評価が行われています。

 

部門ごとの達成基準についてプロセスを加味しつつ査定する仕組みとなりますが、日本においては、活用しきれておらず、結局のところ、上司のさじ加減による評価に落ち着いてしまうのが、現状のようです。

 

私情による昇進、昇格がある一方で左遷・リストラもあったという事例があり、極端なものとなっています。

 

具体的な評価内容は、本人には一切公表されないということもあり、実力主義を好む人にとっては、モチベーションの維持が難しい環境となっています。

 

なお、このような状況にあるため、ハインツで高い評価を受けるには、上司との関係性を、良好に保つことが、必要不可欠になると考えてください。

 

成長環境について

ハインツは社員教育として、英語の研修に力を入れています。外国人講師が常駐していて、常時、レッスンを受けることが出来るようになっていますし、加えて、イーラーニングや海外研修制度も用意されています。(海外研修については、営業マンのほうが受講しやすいようです。)

 

語学以外については、管理職向けの研修が中心となっており、一般社員にとっては、学びの機会というのは、殆どありません。能力開発に関しては、自分自身で行うことになります。

 

ただし、ハインツは元々、少数精鋭の組織であり、各社員が、様々な業務を幅広く担当することになり、仕事を通じて、経験を積むことで、ビジネスマンとしての自分を磨くことが出来るので、成長環境という点では、それほど悪くはない会社です。

 

ワ―クライフバランスについて

ハインツは、基本的にワークライフバランスが良い会社です。フレックス勤務が導入されているので、自由度が高いですし、残業についても、それほど多くありません。全社的に、有給の取得率が高い会社でもあり、ほぼ希望通りに取得することが出来ます。

 

ただし、営業等、一部の部署においては、残業が多い、長期休暇の取得が難しい、といったこともあります。(特にリストラを実施した直後で、人員体制が固まっていない部署において、その傾向が顕著です。)

 

勤怠管理に関する裁量が大きいので、プライベートの時間を確保しながら働ける会社ですが、部署によって細かい事情は異なるので、ワークライフバランスを重視する人は、自分が配属されることが想定される部署の状況について、事前に確認するようにしてください。

 

女性の働きやすさについて

ハインツは女性が、働きやすいように環境が整えられている会社です。仕事内容に男女で差が付くことはないですし、仕事の割り振りに関しては、能力と語学力をもとに判断されるため、女性でも、男性と同じように、平等にキャリアアップが狙える会社です。

 

実際、マネージャーについて、活躍している女性が多数存在します。

 

※補足
先ほど触れたように、人事評価は上司次第となるので、結局は上司との関係性が重要となります。ここでいう『平等』というのは、実力で昇進出来るという意味ではなく、女性だからといって、昇進のチャンスが閉ざされることはないという意味です。

 

男性であっても、女性であっても、上司の意向を気にせざるを得ないので、その点は、誤解がないようにしてください。

 

育児支援体制については、産休・育休制度が用意されており、誰でも問題なく取得することが出来ます。時短勤務や出勤時間の変更に対しても寛容で、仕事と育児が両立しやすい環境なので、出産後も働き続ける女性社員が、非常に多いです。

 

ただし、営業については、仕事量が多く、残業が多い部署もあり、そういった部署だと、仕事と育児を両立するのは、難しい状況となっています。

 

ハインツ日本の転職先としての価値

ハインツは世界を代表する食品メーカーですが、給与などの条件面は、他社とほぼ変わらない水準なので、条件面で大きな魅力があるわけではありませんが、残業が少なく、有給が取りやすい会社なので、プライベートを重視する人にとっては、悪くない会社だと思います。

 

その反面、評価制度が曖昧で、仕事で結果を出したとしても、それが正当に報われるとは限らないので、ビジネスマンとして、キャリアを追求していきたいという人にとっては、不満が残る会社かもしれません。

 

ただし、仕事に対する大きな裁量を与えてもらえるので、自分を成長させる環境としては、悪くなかったりします・・・

 

このように、ハインツ日本は魅力もあれば、欠点もある会社なので、転職先としての価値というのは、自分が会社に何を求めるか、何を最も重視するかによって、大きく変わってきます。

 

そのため、自分自身の価値観と照らしあわせながら、ハインツ日本への転職を目指すのかどうか、考えるようにしてください。

 

下記に、ハインツの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしてありますが、彼らは社内事情に精通しているので、判断に迷うようでしたら、相談してみてください。プロの視点で、冷静にアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、エージェントは、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人について教えてもらうのもオススメです。ハインツ以上に、自分に合う企業を紹介してもらえるかもしれないので、興味がある人は、ぜひ他社のことについても、相談してみてください。

 

<ハインツ日本の中途採用求人の取り扱い実績がある転職エージェント>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります

テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。

 

現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。

 

(年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。)

 

業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。

 

職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。

ビズリーチ

なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。年収1000万越えの案件が揃っています。

外資系企業・グローバル企業の求人に強い転職会社ベスト3

数多く存在する転職エージェントのなかでも、特に外資系企業、グローバル企業の求人案件の保有数が多いエージェントを3社リストアップしてみました。他社では扱っていないようなレアな求人も扱っているので、一度は連絡を取っておくことをオススメします。

 

  • JACリクルートメント

    Doda

    外資系企業、日系グローバル企業専門の転職エージェント。ここでリストアップしている3社のなかでも、特にオススメのエージェントです。駐在員候補を募集する求人の取扱数も多いので、海外勤務に興味がある人も要チェックです。

  • リクルートエージェント

    リクルートエージェント 日本で最大規模の求人数を誇る転職支援会社。他の会社が扱っていないユニークな案件が多い。グローバルな仕事に関連する求人の取扱に力を入れています。

  • ビズリーチ

    ビズリーチ

    年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェント。外資系企業、日系グローバル企業の求人が多数。マネジメントレベルの案件も多い。

コメントを残す

このページの先頭へ